名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

泉谷閑示の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

泉谷閑示のプロフィール

泉谷閑示、いずみや・かんじ。日本の医学者、精神科医、音楽家、評論家。秋田県出身。東北大学医学部卒業、パリ・エコールノルマル音楽院留学。東京医科歯科大学医学部附属病院、神経研究所附属晴和病院、新宿サザンスクエアクリニック院長などを経て泉谷クリニックを開院。著書に『私を生きるための言葉』『仕事なんか生きがいにするな 生きる意味を再び考える』。

泉谷閑示の名言 一覧

芸術や文化に触れ、美しさや奥深さを感じることは自己表現を磨く機会になります。生きる意味に悩む若者に文学や芸術の話をすると、「そんな面白いものがあるのですか」と興味を示すことがよくあります。本物の芸術や文化に接することは、生きる意味を見いだすことにつながるのです。


「主観的な疲れ」は、やりたくないことをやらされているときに、いっそう大きくなります。人間は、仕事などを不本意ながらやらされていると、実際の疲れ以上に疲れを感じるものです。疲れを感じている人は、まず「納得していないことをやらされているのではないか」と自分に問いかけてみてください。


生きる意味への悩みから解放されるには、自己本位に生きることです。日本では、自己本位は利己主義と誤解されがちですが、両者は全く違います。自分の都合で他人を支配しようとするのが利己主義ですが、自己本位は他人の意見や価値観を無批判に受け入れるのではなく、咀嚼して自分のものにする自己表現をすることです。


注意すべきは低次の欲求を満たすことを「生きる意味」と錯覚してしまうことです。人は物質的・経済的な面でハングリーな状況に直面すると、「それを解決すれば幸せになれる」と考えがちです。しかし、こうした不足感は満たしても満たしきれない側面があります。年収が500万円から800万円になったら1000万円を求め、課長になったら部長とその上の肩書が欲しくなるのです。


自分を持つには、従順さが邪魔になるところがあります。従順さを美徳としてきた日本では、「反抗」は、ともすれば悪と見なされ、その意義があまり認められてきませんでした。しかし、信念を持つには、たとえば会社や上司から押し付けられる常識を、疑ってみることも必要です。反抗としては、赤ん坊のイヤイヤ期や、10代の思春期はよく知られていますが、大人だからこそ考えたい「反抗期」があるのです。


精神科医として接してきた人たちの悩みを振り返ると、かつては「愛情への飢え」や「劣等感」「人間不信」が中心でした。これらは熱い情念が絡む「温度の高い」悩みです。ところが最近は「自分は何をしたいのか分からない」と、自らの存在意義や生きる意味を問うものになっている。独り密かに苦悩する「温度の低い」悩みなのです。こうした病態は「新型うつ」と呼ばれ、従来の精神医学では歯が立ちません。その苛立ちからか、専門家の中からは「精神医学が真正面から扱うに値せず、患者の意志の薄弱さがそもそもの原因である」という乱暴な意見も出ています。この最も人間的な苦悩から目を背けるのならば、精神医学や心理学は一体、何のためにあるのでしょうか。


本人の血肉になった言葉かどうかは、聞く人が聞けばわかるもの。見栄えのいい「信念」を必要としているようではダメで、自分が確立されれば、むしろ些末な「信念」は邪魔なもの。借り物の「信念」で外骨格を固めるのではなく、鍛えられた「自分」という内骨格を持ち、柔軟でいる。それが芯のある人であり、他人からも評価されるのです。


信念とは、自分を持つことなのですが、しかし、硬直した「信念」にとらわれていては、頑固なわからず屋にしかなれず、これも自分を持っているとはいえません。「芯がある人」がどんな人かについて考えてみると、意外にも、外が柔らかい人だといえるでしょう。つまり、内骨格を持っていると外側は柔らかい。対して、外骨格では内側がふにゃふにゃしている。つまり、自分がしっかりと内側にある人は、むしろ外面的には柔軟なのです。


泉谷閑示の経歴・略歴

泉谷閑示、いずみや・かんじ。日本の医学者、精神科医、音楽家、評論家。秋田県出身。東北大学医学部卒業、パリ・エコールノルマル音楽院留学。東京医科歯科大学医学部附属病院、神経研究所附属晴和病院、新宿サザンスクエアクリニック院長などを経て泉谷クリニックを開院。著書に『私を生きるための言葉』『仕事なんか生きがいにするな 生きる意味を再び考える』。

他の記事も読んでみる

辻慎吾

人の信頼は、自分が本気でないと絶対に得られません。自ら思い描いたイメージだからこそ、人に向かって熱く語ることができます。だからこそ、人が納得してついてきてくれるのです。


佐藤勝人

原点回帰とは「昔に戻る」ということではないと思う。モノのない昔に戻るということは、たとえば服に穴が開いたら「新しいモノをくれ」というニーズに応えるわけだ。ところが時代はもう次の段階に進んでいて、満ち足りているお客さんと話をしながら「今度はこんな商品を使ってこういうことをしてみませんか」という、生活における価値創造を提案していく必要がある。そうでなければ、我々中小企業が今後生き残っていくことはとてもむずかしい。


阿部観

高校時代は、ただひたすら野球に打ち込む日々でした。その中でレギュラーになるためには何かを犠牲にするしかなかった。毎日朝5時から夜11時まで練習。しかし、それをしているだけでは他の人と同じで、前に出ることはできない。だから自分の時間、休む時間を削って自主練習する。そういう努力をするから抜きん出ることができる。


原志保(ビューティーアドバイザー)

私はもともと美容に関する意識というか、いつまでもきれいでいたいという願望が他の人よりも強くて、普段からきれいになるためにはどうしたらいいんだろうということばかりを考えているんです。だから、食事と睡眠、運動は本当に大事で、ダイエットも単に食事の量を減らせばいいというものでもありません。食事だけで体重を減らそうとしても、同時に筋肉量も落ちてしまう。筋肉が落ちると基礎代謝が悪くなるので、筋トレも必要になりますし、ウォーキングなどの運動をとりいれることで脂肪が燃焼しやすくなる。そういうメカニズムを勉強しないままダイエットをしても、あまり効果はないと思います。


松岡修造

生き方の基本を自分主体においたうえで、組織の中では自分のポジションを理解して行動する。良い仕事をしていくには、これが一番大事だと僕は思っています。


津賀一宏

研究というのは、かなり頭が柔らかくないとできない。理論的なものに関しては特にそう。私の感覚では30歳くらいまでがピーク。私は30歳くらいからマネジメントへシフトした。優秀な若い技術者の方々をマネージするのが、自分としては一番楽しかった。


孫正義

提携や買収で大事なのは情報革命という分野で我々の専門性が生かされるということと、人々の幸せに本当に役に立つことかということ。さらに細かく言うと、その会社が持っているテクノロジーやビジネスモデルが末広がりで伸びていくのかということ。くたびれた会社を安く買い叩いて、その差額で儲けるという買収は、僕は今までやったことがない。


永野毅

利益が究極の目的ではない。利益が最終ゴールではない。利益はあくまで手段であって、我々の事業の目的は、お客様のいざという時に役に立つこと。利益のその先にあるもの、それを見ながら仕事をしていこう。


浜矩子

経済っていうと、みなさん「難しい、わからない、つまんない」っていうでしょう(笑)。でも、経済活動というのは人間の営みなんですよ。いくら面倒くさいグラフや数字が並んでいて、一見、無味乾燥に見えてもね。そこには一人一人の人生が息づいているというか、人間のどうしようもない欲とか弱みとかが経済の力学と絡み合って展開していくドラマでもあるんですから。


三谷幸喜

映画監督は仕事を依頼されてやらせていただいているものですから、プロデューサーやいろんな人の意見を聞きながら、それを総合しつつ、「いいですね、そうしましょう」と。そう思っていなくても言ったりもします(笑)。だけど、その中で本当に自分のやりたいことは曲げないように。曲げられるところは曲げて。社会人としての人間関係も大事ですから。そういうところを探り探りやりながら作っていくのは、どんな現場、どんな仕事でも同じだと思います。


高田明(ジャパネットたかた)

いま、ジャパネットの業績が伸びていますが、好調なときは危険なんです。時代は常に変化していますから、課題も次々に出てきます。


照屋華子

ビジネス文書作成のための勉強というと、多くのビジネスパーソンが、「普段は使わない、特有の言い回しが難しい」「語彙を増やすのがたいへん」といった、表現の仕方ばかりに意識が偏りがちです。しかし、そもそも、ビジネス文書は、書き手の文章表現力を誇示するために書くのではありません。読み手に「期待する反応」をしてもらうことが、第一義の目的です。これがビジネス文書の本質です。