名言DB

9,502 人 / 112,123 名言

沼田智秀の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

沼田智秀のプロフィール

沼田智秀、ぬまた・としひで。日本の経営者。精密測定機器メーカー「ミツトヨ」社長。東京都出身。早稲田大学文学部卒業後、三豊製作所(のちのミツトヨ)に入社。同社社長・会長を務めた。そのほか、公益財団法人仏教伝道協会会長を務めた。

沼田智秀の名言 一覧

仏教に深く接するにつれ、仏教の持つ「寛容の精神」の素晴らしさを感じるようになりました。世界では宗教に限らず我々の身の周りにも様々な争いが絶えませんが、お互いを認め合う、この寛容の精神があれば、争いも起きなくなると思っております。


沼田智秀の経歴・略歴

沼田智秀、ぬまた・としひで。日本の経営者。精密測定機器メーカー「ミツトヨ」社長。東京都出身。早稲田大学文学部卒業後、三豊製作所(のちのミツトヨ)に入社。同社社長・会長を務めた。そのほか、公益財団法人仏教伝道協会会長を務めた。

他の記事も読んでみる

野中郁次郎

当たり前のことをやり続けるのは実はとても難しいことです。ですが、当たり前のことをきちんとやってさえいれば、必ず道は開ける。


堀紘一(コンサルタント)

商品の欠点は避けたい話題かもしれませんが、心配事がクリアにならなければ、お客様は商品を買いたいとは思ってくれません。だから、あえてこちらから踏み込むのです。この時、大切なのは、不安が解消できないことがあっても、正直に話すこと。そのほうが、お客様は「欠点はあるけど、長所も多いし」と冷静に判断したうえで、購入に踏み切ってくれる。完璧な商品なんてこの世にない。欠点を隠さず話すことが、説得力を高める秘訣です。


宮内寿和

職人の職という字には、耳と音という字が入ってるでしょ。木を切る音、釘を打つ音、師匠の仕事の音とリズムを聞いて、僕らは学ぶ。まさに音を耳で聞くことが職人やと思います。


稲盛和夫

イノベーティブなことをやる人は、それはもう好奇心の塊で、探求心の赴くままに研究に没頭し、これまで成し得なかった研究や開発を完成させる。


平本清

当社には稟議書もありません。重要事項を含むあらゆる提案は社内ウェブに書き込みます。反対意見があればだれでもそこに書き込めますが、特に反対の理由がなければ何も書きません。反対がないイコール賛成とみなして、その提案は提案者によって実行に移されるのです。いちいち会議を開く必要もないので、手間も時間も費用も省かれ、話が早い。


佐々木常夫

何度か異動を経験したということは、会社はあなたを評価しているのだと思いますよ。会社が社員を異動させるのは、さまざまな経験を積んで成長し、会社に貢献してもらいたいからです。つまり、社員を異動させるのは会社のニーズであり、戦略なのです。だから、辞令が出たら、「これは会社が自分に求めていることなのだ」と素直に受け入れて、その波に乗っていけば良い。すると、結果的に、会社に必要とされる人材になれるはずです。


東平豊三

幼いころからの読書で培った速読を生かし、できるだけ多くの経済情報に目をとおしてトレンドを知り、ビジネスの種を探すようにしています。


藤巻健史

変人扱いされた私が予測したことが現実になり続けている。今後も、常識では考えられないようなことが、いくつも起きるでしょう。


石原慎太郎

大事なのは、発想力があること。人間の価値というのは感性だし、感性があるから発想力が出てくる。


上野金太郎

「日本のお客様は熱しやすく冷めやすい」というのは実はその通りなんです。ですからつなぎ止めるためには、何度も熱し直す必要がある。それには、お客様に継続的にメッセージを送り続けることがとても大切です。


大串哲史

自分の店舗にPOSシステムを導入しました。すると、とんでもないことがわかりました。POSシステムでは、スタッフの情報も管理しています。そのデータから、私が大きな勘違いをしていたことに気づいたのです。当時、私の店には色白で太ったAさんというスタッフと、色黒で精悍な風貌のBさんというスタッフがいました。私はそれまで、Aさんをよく叱っていました。きびきびした動きのBさんに比べると、仕事が遅く、何事にもモタモタしていると感じていたからです。ところが、POSデータを見ると、ほぼ毎日、AさんのほうがBさんよりも多くのお客様を担当していたのです。私はAさんに謝り、大いに反省しました。自分の主観にとらわれて、間違った評価をしていた。働いているときに自分が納得できなかった評価を、自分でもやってしまっていた、と。そのことに、POSデータが気づかせてくれたのです。


宮崎陽世(宮﨑陽世)

今後は「うまく生きる」から「よく生きる」へ、「規模の拡大」から「質の充実」へ、「機械化・無機化」から「実存化・有機化」へ、という3つのパラダイム変換が必要。