名言DB

9413 人 / 110706 名言

沼田智秀の名言

twitter Facebook はてブ

沼田智秀のプロフィール

沼田智秀、ぬまた・としひで。日本の経営者。精密測定機器メーカー「ミツトヨ」社長。東京都出身。早稲田大学文学部卒業後、三豊製作所(のちのミツトヨ)に入社。同社社長・会長を務めた。そのほか、公益財団法人仏教伝道協会会長を務めた。

沼田智秀の名言 一覧

仏教に深く接するにつれ、仏教の持つ「寛容の精神」の素晴らしさを感じるようになりました。世界では宗教に限らず我々の身の周りにも様々な争いが絶えませんが、お互いを認め合う、この寛容の精神があれば、争いも起きなくなると思っております。


沼田智秀の経歴・略歴

沼田智秀、ぬまた・としひで。日本の経営者。精密測定機器メーカー「ミツトヨ」社長。東京都出身。早稲田大学文学部卒業後、三豊製作所(のちのミツトヨ)に入社。同社社長・会長を務めた。そのほか、公益財団法人仏教伝道協会会長を務めた。

他の記事も読んでみる

青木豊彦

ある人に「本業をほったらかしで社員に申し訳ない」という話をしたら、「青木さん、立派に社長業してまっせ。おたくの社員かて社長がどこにおるんかみんなわかってる。それで十分やろ」と言われました。僕が外に行くことで「ああ、あのアオキですか」と言ってもらえるようになればいいのかなと思っています。


瀬戸欣哉

衛生陶器の生産では、旧INAXは非常に高い技術を持っていて、歩留まりは95%以上あります。一方、買収した米アメリカンスタンダードの工場は、歩留まりが非常に低かった。こうした工場に旧INAXの人を送って助けてあげると、例えば7割程度だった歩留まりが9割くらいまで上がるようになりました。何も投資をせずに2割も多く製品が作れるわけですから、大きな効果です。


長谷川穂積

申し訳ないけど、ファンの方の意見は一切無視して(進路を)決めます。どの道を選んだとしても、他の人らは「なんでそっち選んだんや」と批判する人はおるでしょうけど。でもね、最後は自分が納得してやらないと。責任をとるのは俺ですから。人生を賭けて戦いますよ。


前刀禎明

エジソンは、失敗したことがないといっていますよね。「うまくいかない方法を1万通り見つけただけだ」と。成功の尺度とか定義とかは、ないのです。自分が判断したらいい。


戸倉敏夫

北米はマルチブランド戦略を先行させている。一つの会社が3つのブランドを販売することで、価格帯ごとに攻めるブランドを使い分ける。統合によって、倉庫など間接部分の効率化もできる。


豊田章男(モリゾウ)

EV(電気自動車)の社内ベンチャーはカンパニー制よりも、もっと進んでいます。EVを開発するメンバーには、社内で「今までどうしてこんなことをやっているのかなと思うことを全部解決していいから」と言っています。


津曲孝

ただ、ひたすら美味しいお菓子を作って、お客様に喜んでいただきたいという思いだけです。


森政弘

効率や能率ばかりを追求していると発想が行き詰まる。ムダや遊びにも価値を見出すべきだ。


吉村拓

むやみやたらな規模の拡大は追いません。どんなに業容を拡大しても、お客様に満足していただくという仕事の美学を大切にし続けます。そうすれば、景気に左右されない強固な事業基盤を築けるでしょう。


大橋光夫

私一人でできることは、ほんの一部でしかありません。会社の現状をどう伝え、覚悟をもってみんなに行動してもらえるか、それが一番大事なことでした。


下川浩二

毎日開く手帳には目標を書くべきです。目標が達成できない最大の理由は、目標を忘れてしまうことです。忘れないようにするには、手帳に書いておいて毎日見返すことです。これに勝る方法はありません。


石川康晴

緊張感のある会議では創造性は発揮できない。それよりも立ち飲み屋やカフェのような気楽な雰囲気でミーティングを行うと、いろんな発想が出てくる。


丹生光

フレームワークの基本はたった2つです。ひとつは「原因と結果の因果関係を探る」ということ。「A→B」というのが、最も原始的なフレームワークです。もうひとつは、異なる軸を用いるなどして「全体を俯瞰する」こと。どちらも、言葉よりもビジュアルでこそ明確になるのです。また、ビジュアル化することで、他の人に伝えやすくなるというメリットもあります。


平本清

当社には稟議書もありません。重要事項を含むあらゆる提案は社内ウェブに書き込みます。反対意見があればだれでもそこに書き込めますが、特に反対の理由がなければ何も書きません。反対がないイコール賛成とみなして、その提案は提案者によって実行に移されるのです。いちいち会議を開く必要もないので、手間も時間も費用も省かれ、話が早い。


宇都宮恒久

経営理念に「お客様が先利益は後」を掲げ、社員が一丸となって理想に近づくために行動してきました。その結果として現在の中央タクシーがあるのです。