名言DB

9412 人 / 110637 名言

沼田昭二の名言

twitter Facebook はてブ

沼田昭二のプロフィール

沼田昭二、ぬまた・しょうじ。日本の経営者。業務用スーパーを展開する神戸物産の創業者。兵庫県出身。19歳で三越に入社。その後、入船を経て、神戸物産を創業。食品スーパー事業で同社を大きく育てた。そのほか多数の関連会社の代表をしている。主な役職に大連福来休食品有限公司董事長、神戸物産(香港)有限公司董事長、神戸物産(安丘)食品有限公司董事長、オースターエッグ代表取締役会長、プライムリード代表取締役会長、ターメルトフーズ代表取締役会長、ベストリンケージ代表取締役会長、マスゼン代表取締役会長、肉の太公代表取締役会長、秦食品株式会社代表取締役会長、カルネステーション(のちの宮城製粉株式会社)代表取締役会長、麦パン工房代表取締役会長、神戸クック代表取締役会長、KobeBussanGreenEgyptCo.,Ltd.代表取締役会長など。

沼田昭二の名言 一覧

日本の小売店の多くは、欠品が出ることを非常に嫌い、スピード発注・納入が慣例化していますが、当社ではコストと安全性を優先し、ときには商品の欠品も致し方ないと考えています。


自社工場で加工食品を製造しているのは、自社製造品を店舗に直接流すことで品質管理が徹底され、製品の安全性が高まり、流通マージンもカットできるからです。その結果、当然利益率もアップします。店頭に並ぶ商品の粗利は、メーカー品で10%台前半ですが、当社のPB(プライベート・ブランド)は17%前後です。


製造業や小売業は、たとえ不況期になっても「安かろう、悪かろう」では相手にされません。安くても確かな品質を求めるのが、いまの日本の消費者の特性だからです。そのため安全性を絶対としたうえで、プロの利用に耐えうる品質を追求し、一方で製造コストと流通コストを下げることで利益を確保してきました。


物流と通関の知識をフルに生かせば、品質の良い商品を低コストで取りそろえることも可能です。現在のように消費者が品質・価格に敏感で、国内市場も飽和に向かう中、国際貿易に目を向けずして利益を上げるのは困難です。海外に拠点を据えて製造から販売まで一気通貫で手掛けるユニクロのような国際型SPA(製造型小売業)ビジネスモデルを、小売業界も模索する時代に来ています。


沼田昭二の経歴・略歴

沼田昭二、ぬまた・しょうじ。日本の経営者。業務用スーパーを展開する神戸物産の創業者。兵庫県出身。19歳で三越に入社。その後、入船を経て、神戸物産を創業。食品スーパー事業で同社を大きく育てた。そのほか多数の関連会社の代表をしている。主な役職に大連福来休食品有限公司董事長、神戸物産(香港)有限公司董事長、神戸物産(安丘)食品有限公司董事長、オースターエッグ代表取締役会長、プライムリード代表取締役会長、ターメルトフーズ代表取締役会長、ベストリンケージ代表取締役会長、マスゼン代表取締役会長、肉の太公代表取締役会長、秦食品株式会社代表取締役会長、カルネステーション(のちの宮城製粉株式会社)代表取締役会長、麦パン工房代表取締役会長、神戸クック代表取締役会長、KobeBussanGreenEgyptCo.,Ltd.代表取締役会長など。

他の記事も読んでみる

野村克也

「酒」でダメになるという人間が、圧倒的に多いんだ。理由は簡単だ。女性に関しては相手の都合がある。ギャンブルはカネがいる。しかし、酒だけは24時間飲むことができる。タダ酒の機会もあるし、自制心がないと転がるように酒に溺れてしまう、という仕組みだ。多少は遊んでも構わないだろう。しかし、酒は思っている以上に怖いんだよ。自制が利かないなら、飲まないほうがいい。俺はそう思い、酒を飲まなかったんだ。


立石義雄

全社員の意識改革に最も効果があった施策のひとつが、本社の移転と社名変更でしょう。社名の由来となった京都・御室(おむろ)の仁和(にんな)寺の近くから、京都駅前、つまり表舞台に本社を移しました。また、立石電機からオムロンに変えることによって、社員から見れば「創業家の会社から自分たちの会社になった」わけです。いずれも創業者(立石一真)が健在なうちに実行できて、本当に良かったと思います。


池井戸潤

昔と違って活字離れで本が売れなくなっている。面白い、と思ってもらえる作品を書いていかないと手に取ってもらえない。


心屋仁之助

そもそも「続けることは良いことだ」という価値観がおかしいのです。続けることは良いことだけれど、タバコなど、これは続けたら良くないとか言い出すから、もうわけがわからない。続ける・続かない、良い・悪いという価値観からまず自由になって、好きなことを思い切り楽しみましょう。それが結果として「習慣化」につながるのではないかと思います。


牧野正幸

うちでは仕事で関わる同僚たちが、成果に基づいて一人一人を評価します。報酬もそれで決まる。上司1人の判断ではなく、互いに評価するので公平性があります。自分の評価に文句を言う社員は1人もいないと思いますよ。


佐藤優

僕は「男性とはこういうもの」「女性とはこういうもの」だという性別で決めつける考え方には賛同できません。それよりも環境や社会的な背景、構造の影響がじつは大きい。このことを学んだのは、田中眞紀子(元外務大臣)さんの存在も大きかった。「必ずしも女性がすべて優しいものだとは限らない」ということを、身をもって体験しましたからね。ある意味、女性に対する偏見がなくなった(笑)。男性とか女性で分けるのではなく、環境によって「らしさ」は作られていくのです。


熊谷正寿

インターネットは最大の情報収集ツールのひとつですが、時間浪費の罠にはまりやすく、質の低い情報もたくさんあることに注意が必要です。


佐藤一郎(コンサルタント)

あらかじめ社内でネゴ(対話)を済ませておき、落としどころを決めておけばいいんです。そうすれば、ギリギリの条件を提示されたときにも「上に話しても通りません」と強く断ることができます。どこまで引いても大丈夫か理解しておく必要があります。相撲に例えれば、土俵際を知れということです。


イチロー(鈴木一朗)

オフの間までストイックにやるのはダメ。


間寛平

人間関係を円満にするコツは、とにかく「甘えること」ですね。人は、自分に甘えて頼ってくる相手とは敵対しないんです。地球一周に挑戦したアースマラソンでもね、現地のコーディネーターとか、怪しい人もいますよ(笑)。でも僕が甘えていくと、彼らも態度が変わってきます。そしたらもう安心です。


木村皓一

創業当時からいいブランドを買えるお客さんにしか、自分の製品は使ってほしくないと思っていました。とにかくブランド力が大事、ということで、ブランドづくりにこだわりました。最初からあつかましかったんです。


橋下徹

政治家は原理原則として、人から好かれる人間でなければいけません。敵が多い僕のような人間は、所詮ワンポイント・リリーフ。


喜多喜久

幸いなことにネタはまだ枯渇する気配はありません(笑)。Whyが根底にあって謎を解き明かすという意味では、化学もミステリーも同じで、思った以上に相性がよかったんですよね。想いが変わったとしたら、トリックありきで物語を考えていたあの頃と違って、今は物語を生きるキャラクターたちのために、どんなトリックが必要か考えるようになったこと。ネタのストックはまだまだあるので、より奇想天外で面白いミステリーを今後も書き続けていきたいです。


清水克衛

仕事だけでなく、人生に壁があるのは当たり前。壁や困難があるからこそ、人は本気になる。壁がないほうが危険。


竹増貞信

経営者は、部下から上がってきた資料やデータを読み込み、その説明を聞いたうえで、迅速に経営判断を下さなくてはなりません。そのとき、判断を下す基準は、二つです。一つは、すんなり理解できるか。もう一つは、担当者のまっすぐな情熱があるかどうか。この二点さえクリアできていれば、提案書や企画書は数行の箇条書きで構いません。