名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

沼田昭二の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

沼田昭二のプロフィール

沼田昭二、ぬまた・しょうじ。日本の経営者。業務用スーパーを展開する神戸物産の創業者。兵庫県出身。19歳で三越に入社。その後、入船を経て、神戸物産を創業。食品スーパー事業で同社を大きく育てた。そのほか多数の関連会社の代表をしている。主な役職に大連福来休食品有限公司董事長、神戸物産(香港)有限公司董事長、神戸物産(安丘)食品有限公司董事長、オースターエッグ代表取締役会長、プライムリード代表取締役会長、ターメルトフーズ代表取締役会長、ベストリンケージ代表取締役会長、マスゼン代表取締役会長、肉の太公代表取締役会長、秦食品株式会社代表取締役会長、カルネステーション(のちの宮城製粉株式会社)代表取締役会長、麦パン工房代表取締役会長、神戸クック代表取締役会長、KobeBussanGreenEgyptCo.,Ltd.代表取締役会長など。

沼田昭二の名言 一覧

日本の小売店の多くは、欠品が出ることを非常に嫌い、スピード発注・納入が慣例化していますが、当社ではコストと安全性を優先し、ときには商品の欠品も致し方ないと考えています。


自社工場で加工食品を製造しているのは、自社製造品を店舗に直接流すことで品質管理が徹底され、製品の安全性が高まり、流通マージンもカットできるからです。その結果、当然利益率もアップします。店頭に並ぶ商品の粗利は、メーカー品で10%台前半ですが、当社のPB(プライベート・ブランド)は17%前後です。


製造業や小売業は、たとえ不況期になっても「安かろう、悪かろう」では相手にされません。安くても確かな品質を求めるのが、いまの日本の消費者の特性だからです。そのため安全性を絶対としたうえで、プロの利用に耐えうる品質を追求し、一方で製造コストと流通コストを下げることで利益を確保してきました。


物流と通関の知識をフルに生かせば、品質の良い商品を低コストで取りそろえることも可能です。現在のように消費者が品質・価格に敏感で、国内市場も飽和に向かう中、国際貿易に目を向けずして利益を上げるのは困難です。海外に拠点を据えて製造から販売まで一気通貫で手掛けるユニクロのような国際型SPA(製造型小売業)ビジネスモデルを、小売業界も模索する時代に来ています。


沼田昭二の経歴・略歴

沼田昭二、ぬまた・しょうじ。日本の経営者。業務用スーパーを展開する神戸物産の創業者。兵庫県出身。19歳で三越に入社。その後、入船を経て、神戸物産を創業。食品スーパー事業で同社を大きく育てた。そのほか多数の関連会社の代表をしている。主な役職に大連福来休食品有限公司董事長、神戸物産(香港)有限公司董事長、神戸物産(安丘)食品有限公司董事長、オースターエッグ代表取締役会長、プライムリード代表取締役会長、ターメルトフーズ代表取締役会長、ベストリンケージ代表取締役会長、マスゼン代表取締役会長、肉の太公代表取締役会長、秦食品株式会社代表取締役会長、カルネステーション(のちの宮城製粉株式会社)代表取締役会長、麦パン工房代表取締役会長、神戸クック代表取締役会長、KobeBussanGreenEgyptCo.,Ltd.代表取締役会長など。

他の記事も読んでみる

酒巻久

若い頃は、せっかくこちらが相手に親切にしても、裏切られたり恩をあだで返されたりして、受けるショックの方が大きかった。ところが、人生経験を重ねるにつれ、人に親切にすれば、それが9割以上はいい形で返ってくるということが分かってきました。


福井威夫

新型インサイトの開発で徹底したのは、実装燃費でライバル車に引けを取らないことと、ガソリン車との価格差を20万円までに抑えること。これが必須の条件でした。トヨタのプリウスが赤字を覚悟で値下げで対抗しても、インサイトの方がまだ十数万円安い。プリウスに十数万円分の付加価値があるかどうかはお客様に判断してもらえばいいのです。当然インサイトはあの価格で利益を出しています。


木下敦

祖父の考え方は、「人がやっていないことを率先してやろう」というもので、その精神は今の当社にも引き継がれています。


鹿毛康司

目上のお客様と雑談するときは、話のテーマはお客様に選んでもらいます。「話の上座」みたいなものです。テーマといっても「今日は暑いね」でも何でもいいから、目上が切りだすのを待つのです。そして、話を膨らませるのはいいですが、トピック自体を変えてはいけません。


石田建昭

東海東京証券の社長に就任してから、私は激動の証券業界を生き抜くには当社グループの経営体質を根本的に改革しなければならないと感じました。経営環境が大きく変化する中、より大きく飛躍するためには、経営計画は5年間とし、じっくり取り組むことにしました。


青木擴憲

リーダーに向いているのは意欲がある人、自ら燃える人。また今の時代は、明るくて親しみやすくて熱心で愚直な努力を続けられる人。特に、親しみやすいというのは重要な条件です。どこへでも入っていけて、知らないことは「教えてください」と言い「教えてくださって、ありがとうございます」と素直に言える人です。


ピーター・ドラッカー

業績を上げる最大のカギは責任感である。権威や権限ではない。


福地茂雄

一番大切な経営資源は時間。経営資源である人、モノ、カネはいくらでも増やせますが、時間は1日24時間に限られています。ですから、時間を大切に使っていただきたい。


田中角栄

大成したければ大将の懐に入ることだ。ボケッとしていては出世は難しい。


鈴木三郎助(三代目)

人よりほんの少し多くの苦労、人よりほんの少し多くの努力で、その結果は大きく違ってくる。


世阿弥

たとえ我が子であっても、力のない者には継がせてはいけない。たまたまその家に生まれたから家の継承者になるのではなく、継ぐのはその道の真髄を知る人でなければならない。


森敬太

業界で信用されている方と組めたことが大きかった。元NIH(米国国立衛生研究所)所長のジョージ・R・マーティンさんは大恩人の一人です。彼は「俺の名前を言えばわかるように話をつけておくよ」と、様々な人を紹介してくれました。