名言DB

9413 人 / 110706 名言

治山正史の名言

twitter Facebook はてブ

治山正史のプロフィール

治山正史、はるやま・まさし。日本の経営者。「紳士服はるやま」「パーフェクトスーツファクトリー」などを展開する「はるやまホールディングス」社長。岡山県出身。立教大学経済学部卒業後、伊藤忠商事を経て、家業の「はるやま商事」に入社。常務取締役などを経て社長に就任。

治山正史の名言 一覧

当社はチャレンジャーです。常にチャレンジし続けていかないとダメなのです。


従来と同じようなスーツを売っていたら市場は縮小していく。圧倒的な付加価値を持った商品を作って世に送り出せば、市場は何倍にも拡大する。


今はインターネットやSNSなどが普及し、個人が瞬時にいろいろなことを発信できる時代。正直に誠実にやっていかないと企業の存続はない。


新しいことをやろうとすると社内から「無理ですよ」という声が上がりますが、「とにかくまずは、やってみよう」という話を社内にはするんです。


大事なのは「かっこよさ」。どんなに機能がよくとも、かっこよくなければお客様に受け入れていただけない。


意識しているのは、消費を揺さぶるようなチャレンジによる他社との差別化。


きちんと時間内で働き、身体を休めた方がパフォーマンスは上がる。


少子化、人手不足が進む中、1人あたりの生産性が、さらに重視される時代が来る。それを全社で意識していかなければ会社の発展はない。


目指すのはインフラ企業。世の中になくてはならないという価値を提供していきたい。


この業界は競争が激しいので、キャッチアップがすごい。何かを開発しても、早ければ半年で追い付かれてしまいます。だからこそ、新しいものを作り続けていくことが大事なのです。


社長になったときに上杉鷹山の本を読み、感銘を受けました。「受け継ぎて 国の司の 身となれば 忘るまじきは 民の父母」。国でも企業でも、トップになったら、自分は社員やスタッフの父であり母であるということを忘れてはいけないと、肝に銘じています。


常に「クセになる」、つまり一度着たら、また買いたくなる商品を考えています。リラックス効果を追求した「ストレス対策スーツ」を発売しましたが、「これしか着られない」というお客様が増えています。


残業をせずにきちんと成果を上げる人より、残業をして成果の上がらない人の方が残業代分、月額の給与が高いというのはフェアではない。当社では月間残業時間ゼロの社員に「NO残業手当」を支給しています。


消費環境は二極化している。客単価が上がり、いいものが売れている一方、お買い得品の需要も強い。また、今まで持っていないもの、より付加価値の高いものを求める傾向が強いと感じる。我々はそこに独自性のある新しい価値を提供していきたい。


私は「持っていない需要」と呼んでいますが、消費者の方々は、まだ持っていないもの、持つことで生活が豊かになるものに対しては消費意欲が強い。我々もそうした需要に合う商品を提供していこうと考えています。


私はスーツを再発明したい。米アップルのスティーブ・ジョブズが「iPhone」の発表の際、「電話を再発明する」と言ってアピールしましたが、私は「これだ」と感じました。我々が持つスーツへの観念を再定義できたら、さらに面白いものができると。健康系のスーツや、スポーツメーカー・アディダスとのコラボレーションも、その一環です。


この業界は参入障壁が高い。ひとつは、上位4社がガッチリ市場を押さえているのと、当社を含め4社とも自己資本比率は60%以上と潤沢にあることもあります。このためどこかが新規参入しようとして、例えば年間に100店舗出店したとしても、それと同じことは上位4社ならどこでもできます。このため、すぐに潰されてしまうでしょう。


最近力を入れているのが「健康」をキーワードにした取り組みです。ビジネスマンが1日で一番長く着ているウェアは、パジャマなどを別にすると、ワイシャツやスーツでしょう。これを着ることでストレスが溜まったり、体にマイナス要素があるようだと仕事のパフォーマンスが落ちるし、寿命を縮める可能性も考えられます。ここで注目したのは、衣服圧。ウェアは着ている限り、何らかの重さを持っています。重すぎたり窮屈だとストレスになるし、その結果、交感神経や副交感神経、α波やβ波などに影響を与えてマイナスになることが米国などで研究されています。こうした商品は、いずれも今まで世の中になかったもので、面白いと思って取り組んできました。


15年12月に「健康宣言」をし、商品もスタッフも健康を意識することを打ち出しました。そのため残業削減に取り組み、さらなる削減に向けて、ノー残業手当を導入しました。残業を全くしなかった場合、1万5千円を支給します。残業した場合は、月間1万5千円未満の実働残業手当の社員に対して1万5千円から実残業手当分を差し引いた分を「NO残業手当」としてもらえる仕組みです、残業代がそれ以上になると実額を支給します。長い時間残業して、心身共に不健康になるのではなく、仕事を効率よくこなして早く帰宅し、英気を養って、次の日も頑張ってくださいね、と。これまで残業削減に取り組んできましたが、さらなる残業削減のための逆転の発想です。


治山正史の経歴・略歴

治山正史、はるやま・まさし。日本の経営者。「紳士服はるやま」「パーフェクトスーツファクトリー」などを展開する「はるやまホールディングス」社長。岡山県出身。立教大学経済学部卒業後、伊藤忠商事を経て、家業の「はるやま商事」に入社。常務取締役などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

国部毅(國部毅)

従来の銀行の店舗は窓口の後ろに多くのスタッフがいて、書類の処理などをしていました。そうした業務を全国で約10か所の事務センターに集約し、AI(人工知能)などを使って効率化します。そして、店舗で空いたスペースを資産運用の相談に振り向ける。これが店舗改革の考え方ですね。


川端克宜

当社には各カテゴリーでナンバーワン商品が多数あります。いずれも常に改良を繰り返してロングセラーになっているものばかりです。


西村克己

仮説で大事なのは、「正しさを犠牲にしてでも先読みする」こと。後で実際に確かめればOKです。もし間違っていたら仮説を修正して再検証。そうすれば正しいゴールが見えてきます。


清水祐孝

会社の理念は「人と人との縁にありがとうを感じる場面のお手伝い」というところなので、今後は、インターネットを活用し、葬儀やお墓にとどまらず、終活に深く関わっていきたい。


加治敬通

売上向上をめざす競争という意味では同じです。でもその動機が、会社のためなのか、それとも彼女たちに「本当は面白くないかもしれない日々の仕事」を楽しんでもらいたいと思ってやるのか、そこで大きく違ってくるのです。


瀬島龍三

何でもポイントは3つにまとめろ。レポートは紙一枚にまとめろ。言いたいことは表題に書け。


鈴木敏文

何かにしがみつこうとすると、問題が起きても、「なあなあ」で妥協してしまう。それでは、悩みは乗り越えられない。


中村聡

Jリーグヒューマンキャピタルの参加者の内訳は多様です。2期生調人も3分の2が外部のビジネスパーソン、3分の1がスポーツ界からの参加です。コンサルティングファームや金融、弁護士から音楽プロデューサー。スポーツ界もクラブスタッフや元日本代表選手まで、そうしたバックグラウンドが違う人たちが、年齢や性別も超えてグループワークで経営課題に取り組んでいくことは、究極のダイバーシティであり刺激的な学びの場になっています。


岩崎博之(経営者)

社会通念や一般常識を捨てて想像する。「これがいい」と思うことを、ただひたすら貫くことが、モノ作りの本質。


星野佳路

施設はオープンして終わりではなく、絶えず進化させていかなければなりません。その際、遠く離れた本社が主導して、「この施設ではこんな魅力を発信しよう」とコントロールしようとしても無理ですから、現地スタッフが進化させやすいテーマを設定することが大切です。この「現地発の進化」こそが、本部主導でコントロールする西洋ホテルチェーンとは違って、私たちのような日本旅館ネットワークでは重要です。現地発でそれぞれに進化するからこそ、お客様がわざわざその地まで足を運んでくださるのです。


山口貞一郎

ぼろぼろになった会社を父親から受け継いで、これを立て直すのは大変でした。1年365日、文字通り休みなく社員と一緒に働き、何年もかかって企業を再建させました。急な拡大はリスクの方が大きいというのが、このとき私が得た教訓です。


根岸秋男

企業スポーツは人格形成やマネジメント力向上など本業のビジネスに役立っていると思います。競技の第一線から退いた後も、はつらつと働く職員が多いんです。


ロバート・キヨサキ

貧乏父さんは「お金がないからできない」と言うことが多かった。金持ち父さんは、「リソース(resource)がないなら、やりくり上手(resourceful)にならなければならない」と言った。


土井香苗

「正しいことをやる」だけではなく、「正しくやる」ことも重要。結果が出るやり方は何なのかをプロフェッショナルに考えていかないといけない。


鴨下信一

病気によるキャリアの中断というのは、ビジネスパーソンが最も恐れることかもしれませんが、私は自分の体験から、「病気も、キャリアの中断も、なかなかよいものだ」と言いたいのです。不遇な時にこそ、人は気づきを得たり、新たな視点を獲得して従来とは異なるテーマに取り組むようになったりするもの。収穫はむしろ多いのです。