名言DB

9,502 人 / 112,123 名言

河辺よしろうの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

河辺よしろうのプロフィール

河辺よしろう、かわべ・よしろう。日本の経営戦略コンサルタント。大学卒業後、アメリカに留学しマーケティングを学ぶ。メーカー、商社を経てコンサルティング会社を設立。著書に『ランチェスター戦略式1枚シートであなたの会社が儲かる!』『小さな会社が利益3倍!10倍!逆転の法則』『社長さん!税理士の言うとおりにしていたら、会社つぶれますよ!』ほか。

河辺よしろうの名言 一覧

再起できたのは、人との出会いがあったから。自分の人生を振り返ると、チャンスはすべて人が運んできてくれています。出会いを生かせるかが大きなポイントだと思います。


小規模ビジネスの経営者においては、「仕事」と「経営」を混同しているケースが非常に多いです。目の前の仕事に追われているだけでは、自分の手足として動いてくれる従業員と変わりはない。利益を生むためには経営者の視点で戦略を考えることが重要なのです。


独立するときは、まず実現したいことをリスト化することが大切です。「自分の住む地域で開業したい」「年に1度は海外旅行がしたい」など、何でも構いません。さらに、自分が何をしている時に幸せを感じるかをリスト化しましょう。例えば、「クロワッサンを食べる時」「植物を育てる時」などの瞬間を並べ、やりたいことリストの項目とつながるものを線で結べば、何らかの商品やビジネスに置き換えることができるはずです。


独立を目指す場合、誰しも「こうなりたい」という願望や熱意があるはずです。そこをはっきりさせてから、「何のためにその商売をするのか」という目的を考え、「いつまでに何を達成すれば、その目的に近づけるのか」という目標を据えていくのです。


商品を買う時には、必ず目的ときっかけがあります。目的はお客さまが決めますが、きっかけはこちらでつくれます。「問題解決」「負担の軽減」「楽しませる」の3つの要素につながる提案をしましょう。


組織や財務に力を入れても、顧客となるファンはつかめません。入り口となるのはあくまで商品ですから、いかにしてそこにファンをつくるかという戦略を考えましょう。


新規客をつかまえるより、リピーターを維持できる提案をするほうが格段に儲かるもの。ライバルが登場した時の対抗手段になりますし、少子化で人口減少するこれからの時代には必須のルールといえます。


小規模ビジネスの経営に必要な8大要素を把握しましょう。成功の8割を決めるのは「何を(商品)」「どこの(地域)」「誰に(業界・客層)」「どうやって(営業、または顧客維持)」売るのかという対お客さまの部分。そこから「どんな役割分担で(組織)」「どのくらいの予算で(財務)」「いつまでに(時間)」やるのかという対社内の部分を考えるべきです。この順序を間違えている人は非常に多いですね。


アナログで営業する店舗ビジネスの場合、まず「地域」を選定し、そこにどんな見込み客がいるかという「客層」を考え、商品提案につなげましょう。ある過疎地域のスーパーでは、ホームセンターのように工具や園芸用品もそろえ、24時間営業を行って地元密着集客に成功しました。


戦略とは、この目標を達成するための方法として、大まかな仕組みをつくること。


河辺よしろうの経歴・略歴

河辺よしろう、かわべ・よしろう。日本の経営戦略コンサルタント。大学卒業後、アメリカに留学しマーケティングを学ぶ。メーカー、商社を経てコンサルティング会社を設立。著書に『ランチェスター戦略式1枚シートであなたの会社が儲かる!』『小さな会社が利益3倍!10倍!逆転の法則』『社長さん!税理士の言うとおりにしていたら、会社つぶれますよ!』ほか。

他の記事も読んでみる

加藤一二三

将棋においては、最もいい手は、リスクが高い手。自分が有利だからといって、リスクを恐れて「守り」に入ると、いつの間にか盛り返されて逆転されてしまうこともある。だから、勇気を持って、常にリスクが高いけれども最善の手を指し続ける必要があるのです。


澤田秀雄

お客様に何度も来ていただくためには、つねに新しいイベントをやっていく必要があります。しかも新しいだけでなく、ディズニーランドやUSJがやっていなくて、何度も見たくなるものでないといけない。


土田晃之

仕事をもらうためにヘラヘラ、ニコニコするのはムリ。そんなことするより、自分の商品価値を高めるための努力をします。


江川達也

誰もが天才になることはできませんが、ある程度、努力でも差を縮めることは可能です。公式というルールがありますから、それを発見して使いこなすことができれば、仕事を効率的に進めることができます。だから、スピードは確実に上がるのです。


飯島彰己

いままでの商社は、商品だけで仕事をして、たくさんの商品群とビジネスモデルが集まっているという状態でした。現在は組織に横串を入れて、いろんな部門が協力して仕事を取るという形になっています。


藤田晋

競争社会の中で戦う時の敵は「硬直化」。自分たちの足が止まってしまうと、長期的に見て悲惨な事態しか待っていません。だからこそ、常に「新しい風」を吹き込む施策が必要。


石浦章一

大切なのは、人間の意欲や行動を規定しているといわれるドーパミンを常に分泌されやすい状態にしておくため、日ごろから自分なりのストレス軽減方法を見つけておくことや、睡眠時間をしっかり確保するなど、意欲が湧きやすい環境に自らを置くことです。


鳥原隆志

段取りよく進めたつもりでも、途中でトラブルが発生することがあります。そこでの対応の仕方にも、注意すべきポイントがあります。インバスケット思考では、トラブルが発生したときの対処法として、問題発見→仮説→情報収集→対策というプロセスを踏みます。ここまでは大抵の人が実践しますが、段取りの下手な人は、トラブルについて関係者へ連絡すべきところを忘れてしまうなど、調整が抜ける傾向がみられます。たとえば会食場所を変更しなくてはならないときに、別のレストランに予約し直したものの、参加者に連絡するのを忘れてしまうなどです。こうした調整で大切なことは、利害関係者をきちんと見極めることです。誰に利害が発生するかを考えて、その人を中心に調整する必要があります。


堀田力

私は一応、理事長という立場ですが、私の決裁がなければ事が進まないということはいっさいありません。上下関係もなく、肩書きもない。大事なのは「想い」です。自分のできる範囲を広げていこうという情熱を持ち、多くの人に働きかけて、仲間をつくり、一緒に同じ目標に向かってがんばるという想いが大事です。


木村皓一

1000円のものを1000円で買ったら、五分五分ですよね。でも、1000円のものを1000円で買って、いい接客をしてもらったなと思ってもらえれば6対4になる。それが8対2になればもう一回行こうかなと思うでしょう。相手に自分より多くわたるようにすれば次につながる関係が生まれてくる。五分五分では一回限りの関係しか成り立たず、あとには何も残りません。これは商売に限らず、人間関係でも同じです。


津田久資

自分がどんな「意識の結論仮説」で動いているのか文字にしてみる。無意識を言葉にすることで頭の中が整理されれば、その結論仮説に価値があるのか、またはどうすれば改善できるかが検証できます。この仮説と検証を繰り返すことで、結論を価値のあるものに近づけることができる。


鈴木幸一(経営者)

昔から断るのが下手でした。相手を一生懸命手助けした結果、無理がたたって災いと化すことが少なくありませんでした。東京・上野で毎年開かれる音楽祭の実行委員長を務めていますが、ここへの個人出資を断っていれば、今頃は豪邸に住んでいたはずです。いまは歳を重ね、断るのも少しは上手くなりました。