名言DB

9,502 人 / 112,123 名言

河盛好蔵の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

河盛好蔵のプロフィール

河盛好蔵、かわもり・よしぞう。日本のフランス文学者、エッセイスト。明治時代、大阪出身。京都帝国大学卒業後、フランス留学を経て、立教大学、東京教育大学、共立女子大学などで教授を務めた。『フランス文壇史』で読売文学賞、『パリの憂愁』で大佛次郎賞を受賞。

河盛好蔵の名言 一覧

人間同士の付き合いは、たとえ、どんな遠慮のない仲であっても、常に一種の演技がある。


多くの人が絶望を感じ、不可能と判断することに対しても青年は希望を失わない。反対に多くの人々にとって自明の理と考えられていることがらについても、一応これを自分の目で見、自分の頭で考えてみる熱意と努力を惜しまない。天才が長い努力の結果到達した地点に、自分もまた出発点から自分の足で歩きなおしてみようとする野心を胸に一杯抱く。


世慣れた老人から見れば、若い人たちの野心と夢に満ち溢れた姿は、世間知らずのお坊ちゃんの、ひとりよがりの、見るからにあぶなっかしい姿であるに違いない。しかし、新しい人生が、新しい世界が、自分たちから始まると思い込むところに青春時代の深い意味がある。


私は青年も自らの過失によってしたたかに傷つくことを、また傷つくことを恐れないことを希望したいのである。もし彼らの追求する目的が大きく高い場合には、彼らの流す血は実に美しく、そのような過失は断じて悔恨を伴うことはないはずである。それは若気の過ちなどではもちろんなく、青春時代の誇りということができよう。


たとえ自ら意識しないにしても、他人を傷つけるばかりであって、自らは何の犠牲も払わないとしたら、その記憶は終生彼らを苦しめ、それを思い出すたびに穴があれば入りたい悔恨を起こさしめるに違いない。


僕なんか平凡な一生ですが、85歳のこの年まで生きてきて悟ったことというのは、物事は長い目で見なければならんということですな。急に悲観したり喜んだりせずに。


河盛好蔵の経歴・略歴

河盛好蔵、かわもり・よしぞう。日本のフランス文学者、エッセイスト。明治時代、大阪出身。京都帝国大学卒業後、フランス留学を経て、立教大学、東京教育大学、共立女子大学などで教授を務めた。『フランス文壇史』で読売文学賞、『パリの憂愁』で大佛次郎賞を受賞。

他の記事も読んでみる

山本梁介

頻繁に出張をするビジネスマンに客層を絞り、そうした方々に最も必要なものを「安全、清潔、ぐっすり休める」の3点だと考え、この3点では絶対に他のホテルの追従を許さないよう努力しているのです。このように客層を絞り、コンセプトを絞って、低価格高品質で、料金当たりの顧客満足度日本一を目指しています。


岡藤正広

商売を成功させるために最も重要なことは何だと思いますか?儲けの秘訣と言い換えてもいいでしょう。正解は簡単です。それは、「お客さんに儲けてもらうこと」なんです。


白洲次郎

何でもかんでもひとつのことを固執しろというのではない。妥協もいいだろうし、また必要なことも往々ある。しかしプリンシプル(原理原則)のない妥協は妥協でなくて、一時しのぎのごまかしに過ぎないのだと考える。


鈴木喬(経営者)

3分考えても結論の出ないことは、3年考えても結論は出ない。


カーリー・フィオリーナ

私は自分に嘘をついたらいけないと思う。自分のなりたい自分にならなければいけない。誰が何を言おうと、自分を偽っては駄目。自分が幸せで誇りを持てるような人生を送れば、それでいい。


藤田志穂

起業したばかりのころは、やりたいことを説明しても「結局、何が言いたいの?」とよく言われていました。いま思えば、あれもこれも伝えようと思って、一方的に話しすぎていたんでしょう。相手の雰囲気や態度で話題を変えることを意識するようになって、少しずつ相手とその場に合わせた対応ができるようになりました。


齋藤孝(教育学者)

パーティーに出席する目的は、「主催者への義理を果たす」ことに加え、「普段会わない人と交流する」こと、さらに「人脈づくり」だろう。だが無理矢理、積極的にならなくてもいい。ひと言も発せずに帰るのは寂しいが、誰彼かまわず話しかける必要もない。それよりも、「誰か1人と話ができればいい」くらいに考えること。狙い目は、同じく壁際でぽつねんとしている人だ。孤独な人同士が仲良くなるというのは、学校の教室でもよくあること。さり気なく近づいて、「随分盛大なパーティーですね」「どういう関係でご出席されているんですか」「こういう場はなかなか慣れなくて……」などと声をかける。わざとらしさは否めないが、これがパーティーにおけるコミュニケーションというもの。アルコールの力を借りつつ、「パーティーの恥はかき捨て」の精神で臨んでみよう。相手も社会人ならわきまえているはずだ。


加島禎二(加島禎二)

トップや旗振り役の部長は、現況を変えようと頑張る部下を徹底的に援護することが肝心だ。


土肥公仁

ラジオのリスナーはいつも決まった時間に同じ声で情報を聞きたいという中高年層が多いと言われています。いわば「マンネリ番組」こそが、リスナーのニーズなのです。実際、首都圏のレーティング調査で近年、トップを続けているのは長寿番組が多いことで知られるTBSラジオです。


わたせせいぞう

基本的なマナーはもちろん大事。けれど、目の前の相手に臨機応変に振る舞うことができないといけない。それには相手を好きになることが大切。


田島弓子

私自身、目標やタスクをリストアップする際に、紙に書きだすことが多いのですが、これは二種類の効果があります。ひとつは過去の記録として振り返ることで、自分にとって自信になること。そして、書き出した目標を未来への道しるべにすることで、自分が負われるものではなく、自分が追いかけているのだという自覚を持てることです。それらの地震や自覚が持続する力の源になるのです。


小林大地(経営者)

現在、全社的に掲げるキーワード「変える」に則って、来年度に向けた方針発表ではスーツを着ませんでした。以前まで勝負スーツをバシッと着ていた場に、あえてジャケットにノーネクタイ、白いジーンズで臨み、変化への意志の強さを服装でも体現したのです。