河盛好蔵の名言

河盛好蔵のプロフィール

河盛好蔵、かわもり・よしぞう。日本のフランス文学者、エッセイスト。明治時代、大阪出身。京都帝国大学卒業後、フランス留学を経て、立教大学、東京教育大学、共立女子大学などで教授を務めた。『フランス文壇史』で読売文学賞、『パリの憂愁』で大佛次郎賞を受賞。

河盛好蔵の名言 一覧

人間同士の付き合いは、たとえ、どんな遠慮のない仲であっても、常に一種の演技がある。


多くの人が絶望を感じ、不可能と判断することに対しても青年は希望を失わない。反対に多くの人々にとって自明の理と考えられていることがらについても、一応これを自分の目で見、自分の頭で考えてみる熱意と努力を惜しまない。天才が長い努力の結果到達した地点に、自分もまた出発点から自分の足で歩きなおしてみようとする野心を胸に一杯抱く。


世慣れた老人から見れば、若い人たちの野心と夢に満ち溢れた姿は、世間知らずのお坊ちゃんの、ひとりよがりの、見るからにあぶなっかしい姿であるに違いない。しかし、新しい人生が、新しい世界が、自分たちから始まると思い込むところに青春時代の深い意味がある。


私は青年も自らの過失によってしたたかに傷つくことを、また傷つくことを恐れないことを希望したいのである。もし彼らの追求する目的が大きく高い場合には、彼らの流す血は実に美しく、そのような過失は断じて悔恨を伴うことはないはずである。それは若気の過ちなどではもちろんなく、青春時代の誇りということができよう。


たとえ自ら意識しないにしても、他人を傷つけるばかりであって、自らは何の犠牲も払わないとしたら、その記憶は終生彼らを苦しめ、それを思い出すたびに穴があれば入りたい悔恨を起こさしめるに違いない。


僕なんか平凡な一生ですが、85歳のこの年まで生きてきて悟ったことというのは、物事は長い目で見なければならんということですな。急に悲観したり喜んだりせずに。


河盛好蔵の経歴・略歴

河盛好蔵、かわもり・よしぞう。日本のフランス文学者、エッセイスト。明治時代、大阪出身。京都帝国大学卒業後、フランス留学を経て、立教大学、東京教育大学、共立女子大学などで教授を務めた。『フランス文壇史』で読売文学賞、『パリの憂愁』で大佛次郎賞を受賞。

他の記事も読んでみる

白澤卓二

世の中の「当たり前」を疑い、その異常さを自覚して、自分の頭で考え、バランスを取っていくことが肝要。


江沢伸一

以前、関連会社に出向し、12年ほど旅行会社のパンフレット制作をしていました。他の会社のパンフを大量に作ることで、人の心をつかむ企画の勉強になりました。与えられた仕事を前向きに取り組めば、必ず役に立つと思います。


岩田彰一郎

2000年代は資本市場という鏡だけに綺麗な姿を映すことが上場企業の経営者にとって重要でした。しかし、正面の鏡だけではなく、従業員や社会といった横からの鏡を見ると、弱冠、微妙な形になっていたと感じたのです。やはり「三方良し」の考えが大切で、前からも横からも、三面鏡に綺麗な姿を映すべきだと。


及川光博

40歳を迎える年には、『相棒』から準主役級での出演のオファーがきます。俳優として「あれ、なんだか大きな椅子が回ってきちゃったな」と驚きました。プレッシャー? もうプレッシャーなんてもんじゃないですよ! 長く続いている人気シリーズでしたし、前任者の寺脇康文さんも大人気だったわけじゃないですか。人気が落ちれば僕のせいと言われるだろうし、逆に人気が出れば作品がよかったと言われるだろうし(笑)。美味しいところはないというか、さすがに「これは負け戦になるかもしれない」と覚悟しましたね。でも結果的に、このプレッシャーを乗り越えたことが、自分の人生のひとつのターニングポイントになりました。


柴田励司

以前は「求心型」のリーダーでした。「俺についてこい!」と牽引するタイプです。いわば、自分のために皆を働かせていたのです。いまは「遠心力型」マネジメントへ変えました。皆のために私が働く、というスタイルです。その結果、スタッフとの心理的な距離が縮まり、彼らの方から様々な働きかけをしてくれるようになりました。


斎藤司

ボケをずっと繰り返すことの自分なりの意味――それは「すっぽんに噛まれたら、もっと指を突っ込め」というポリシーです。もともとシャイで人見知り、高校時代は友達が全然いなかったぐらいの暗い性格でした。今でも漫才の舞台に上がると、お客さんの顔を見るのが怖くて仕方がない。でも、怖いからといって逃げてしまったら終わりです。自分たちのネタを披露して、ちっとも笑ってくれないお客さんがいたとしても、その人から目をそらしたら負け。逆にそのお客さんをロックオンして、彼が笑うまでしつこくボケを繰り返す。つまり、すっぽんが噛むのに疲れて口を離してくれるまで、指を突っ込み続けるというわけです。「すっぽん理論」は、舞台以外の仕事の現場でも生かしています。


長岡孝

企業経営においてウルトラCの手はありません。地道な取り組みを続け、成長への好循環につなげていきます。


和田一浩

プロ野球界では18歳のルーキーから50歳の山本昌さんまで、幅広い年齢の選手が同じ野球という競技をしています。体力や運動能力の差だけなら若手が有利です。でも、野球はバットやボールなどの道具を使うスポーツ。だからこそ、経験を積むことで得られる技術の差が生きてくる。僕自身、道具の使い方は確実に30代の頃よりも上がっていると感じています。


鈴木敏文

我々は売り手の発想で、どれが一番多く売れたかに関心が向きがちです。量で見るのが一番楽だからです。しかし、どんなに量が出た商品でも、それは昨日までの売れ筋であって、明日の売れ筋ではありません。POSデータを見るときは、売れた時間(期間)と残った在庫の関係から顧客心理を読まねばならない。そこまで踏み込んではじめて、生きた数字になる。


近藤太香巳

どうすれば相手に喜んでもらえるのか、あるいは感動してもらえるのかを常に考えて行動するようにしています。これはビジネスでもプライベートでも同じだと思います。


和田裕美

人は、ものごとを肯定的に捉える人に好感を抱き、協力したくなります。


ロバート・シラー

市場の動きを理解するのは、事後でさえも難しい。大勢の人々の心理作用の結果であるからだ。市場の動きを理解しようとするのは、正気を失った人の行動を解明しようとするようなものだ。


吉田敬(お笑い芸人)

前の相方には悪いですけど、そいつと僕の才能を足したところで限界があるなと。だから、より強いパートナーとして小杉を誘ったんです。売れたいという欲求には嘘をつけませんでしたから。


大平浩二

隠ぺいが長期化すると、不正を繰り返すことになり、その規模も大きくなります。大きくなればなるほど、不正が明らかになった時、内部と外部の人間が受けるダメージも大きくなります。不正が表に出ない企業は、私たちにとっても極めて危険な存在であり、その点でも不祥事が早期に明らかになることはよいことだと考えるべきです。不祥事というものは、いわば企業の病気であり、病気が早期発見、早期治療が重要であるのと同様に、企業不祥事も早期発見、早期対応が大事なのです。


やすひさてっぺい(安久鉄兵)

ポイントは「ギャップ」です。「唐揚げファンクラブ」でもよかったのですが、普通すぎて誰も気に留めない。しかし、「唐揚げ」という庶民的な身近な食べ物と、「協会」という堅苦しい文字が組み合わさった途端、違和感が生じる。さらに、頭に日本をつけると権威が増す(笑)。このギャップが人々の関心を引き寄せます。


ページの先頭へ