名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

河毛二郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

河毛二郎のプロフィール

河毛二郎、かわけ・じろう。大正生まれの日本の経営者。王子製紙会長。神奈川県出身。東京帝国大学卒業後、王子製紙に入社。樺太に勤務。太平洋戦争後、3年間抑留生活を送ったのち帰国。労務、企画、人事などの部署を経験したのち社長に就任。神崎製紙と王子製紙の合併を行った。そのほか、日経連副会長、日本製紙連合会会長などを務めた。

河毛二郎の名言 一覧

決断というのは、100%情報があったら誰でも出来ます。しかし、それじゃビジネスチャンスとしてはもう遅いんです。本当の決断は60%くらいでしなきゃならない。結局は自分が泥をかぶるんだという気持ちがないと決断はできません。


河毛二郎の経歴・略歴

河毛二郎、かわけ・じろう。大正生まれの日本の経営者。王子製紙会長。神奈川県出身。東京帝国大学卒業後、王子製紙に入社。樺太に勤務。太平洋戦争後、3年間抑留生活を送ったのち帰国。労務、企画、人事などの部署を経験したのち社長に就任。神崎製紙と王子製紙の合併を行った。そのほか、日経連副会長、日本製紙連合会会長などを務めた。

他の記事も読んでみる

挽野元

スピーカーはとても多くの素材で構成されます。それらひとつひとつにこだわり抜き、納得がいかなければ自分たちで開発する。すべてはお客様に、感動を届けるためです。


鵜浦博夫

北米でクラウド事業を本格展開するために、統一ブランドをつくろうと考えています。数年前、ボストンの空港で入国手続きのときに「会社はNTTだ」と答えたら、「何の会社だ」と言われました。北米では我々はアタッカーなのです。


佐藤優

中途半端にお金に頼るより、家族や友達、地域のつながりなど、強いコミュニティーを持っているほうがセーフティーネットとしてはずっと強い。人がホームレスになるのはお金がない、働く場がないというよりもむしろ、身近に助けてくれたり、その人たちのためにひと肌脱いでくれたりする、密な人間関係が欠落しているのが原因だと言います。「痛み」を分かち合い、助け合える関係を築くにはむしろお金は邪魔になることの方が多い。お金の大切さを知ると同時に、その限界も知らなければいけない。


茂木健一郎

人に面白いと思われることを言ったりしたりするためにはまず、自分の行動や言動が、他者から見るとどう突飛に、意外性をともなって映るかを知る必要があります。


津田大介

初めての経験って最初はつらいんですけど、場数を踏むと慣れていくものなんですよね。そして、慣れてしまうと自分の財産になって、他の仕事にも良い影響を与えてくれる。これまでの自分の活動を振り返ってみると、本当にその繰り返しだったなと思います。


相川充

場の空気を読んで行動するためのノウハウのひとつは「相手の末端部をよく見よ」です。あなたの目の前の人や周りにいる人たちは、言葉や表情、身ぶりなどを使って、異なるメッセージをわざと発して「場の空気」を作ります。場の空気を読むには、まずは相手をよく見ること。末端部とは、会話なら声の強さ、言葉の速さ、沈黙や間など。表情なら目よりも口元。身ぶりなら手の先や足の先の動きです。


数土文夫(數土文夫)

人間は360度全方位に能力を発揮できるわけではありません。自分の得意な分野など、せいぜい90度です。加えて、最近は金融と工学が一緒になったり、医療とバイオテクノロジーが結びついたりして、新しい知識分野がどんどん生まれています。それを全部一人で網羅できると私は思っていません。


経沢香保子

仮説の精度が高いほど、失敗は少なくなります。仮説の精度を高めるには、過去の事例を参考にするのもひとつの手でしょう。企画書を書くにしても、同業他社の事例を調べてみる。人前でプレゼンするなら、プレゼンの上手な人にプレゼン手法を聞いてみる。過去の事例からスタンダードな要素を抽出し、そこへ自分なりの工夫を付け加えていくようにすればいいと思います。


坂根正弘

私の座右の銘のひとつに、「知行合一」という言葉があります。これは「知識は、行動や経験を通じて初めて身につく」という意味の中国・明代の王陽明の言葉です。自分の頭で考えたことを実行に移し、試行錯誤するなかで本質がみえてくるし、そうやって得られるものこそが本物の知識だと私は思っています。


笹氣健治

ショックの裏には怒りや悲しみといった感情があります。この感情自体は変えることができませんが、解消することはできます。そのためには「行動」と「思考」の両面からのアプローチすることが有効です。


サム・ウォルトン

どこにでもいる普通の人々に、機会と激励を与え、やる気をひき起こすことができれば、可能なことに限界はない。これは、経営と仕事において、絶対的なことだ。


羽田圭介

3年半ぐらい前は、新作小説を出版しても最寄りの書店に全然置かれないという状態でした。だからどこからもリアクションがない。文学賞みたい強ものに引っかかるのを漫然と期待しながら書くのはもう止めよう、でも紋切型のエンターテインメントを書くのも嫌だ、と。それで、ポップな感じで読める純文学作品にしよう、という考えが浮かびました。