名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

河森正治の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

河森正治のプロフィール

河森正治、かわもり・しょうじ。アニメ監督、演出家、日本を代表するメカニックデザイナー。慶應義塾大学工学部在学中からSFアート集団スタジオぬえに参加。卒業後、同社に入社。その後、マクロスのメカニックデザインで一躍脚光を浴び、演出、構成、監督としてキャリアを積む。主な参加作品に『マクロスシリーズ』『天空のエスカフローネ』『星方武侠アウトロースター』『地球少女アルジュナ』『創聖のアクエリオン』『交響詩篇エウレカセブン』『キスダム』『バスカッシュ!』

河森正治の名言 一覧

このシリーズ(マクロス)は、現代の地球上で起きている様々な出来事を小さな宇宙移民船の中に圧縮して見せている作品なんです。いまも地球のどこかで紛争が起きているのに、我々の生活実感では戦争中だと感じられていません。それをひとつの狭い場所で描いてみたらどう見えるだろう、と。新しいテクノロジーとともに描いているんです。


宇宙戦艦ヤマトで「スタジオぬえ」の名前を見つけて、そこに見学に行ったのが運の尽き。それまではNASAに就職するつもりだった。(宇宙飛行士ではなく)作る方になりたかった。日本にNASAがなかったからね。
【覚書き:アニメ業界に入ったきっかけについて語った言葉】


さかのぼると発明が好きみたいなところがあって、オリジナリティがあるものが好きだった。本当はオリジナリティがあるかないかにしか興味がなかった。ただ、集団作業の中だとそれを貫くわけにもいかないという問題があって。で、実際作ってみると、やっぱりどこかで見た手法を使っちゃってるとかさ、それが耐えられなくて。


富野由悠季さんが若手のアニメーター志望者を集めた講演で、「江戸時代の呉服屋さんで修業する奴は、三年間本物の生地しか触らせてもらえなかったんだ。お前らアニメなんか観てちゃいかん。三年間は観るな!」と言っていたんです。じゃあやってみようかと思って、三年間観なかったんだ。三年間観なくてさ、「よーし三年目だ。ガンダム観よう」と思って観たら「つまんねー!こんなのにハマってたんだ!」と思った。あれはびっくりした。まあ「つまんない」ってのは言い過ぎで、「わかんない」だった。どうやってこの作品に入っていけばいいんだろうみたいな。


自分が演出を担当した回は、無謀なやり方してるんだよ。例えばガンダムでうまくいった手法は絶対にやらないとか、絶対にメカ戦で決着はつけないとか言って。他で上手くいった手を使わないと、こんなに大変なんだってことがよくわかったから、劇場版では半分はセオリーに従ったんだよ。そうしないと、集団作業では物をつくり続けるのは難しい。


もちろん、頭の中ではメディアで流れている番組や情報が現実じゃないってことくらい当然わかっているんだけれど、頭の中でわかっているのと全身で感じてるのとはまるで別問題だった。
【覚書き:中国大陸を一人で旅し取材したことを振り返っての言葉】


社会構成の最小ユニットって家族だよね。それがいま、崩壊しかけてる。それは見た目はささやかかもしれないけど、やがて社会全体や文明全体を巻き込む、もっと決定的な崩壊につながるんじゃないか、という気分があって、それをネタにしたエンタテインメントをやろうということ。
【覚書き:アニメ『地球防衛家族』の企画を立てた当時を振り返っての発言】


劇場『マクロス』が終わった後に中国大陸に取材に行って、一人であちこち回ったんだけど、そのころ、もう中国でジャパニメーションブームが起きていたんだよ。ジャングル大帝の歌を、日本語で歌っている中国人の歌が流れたり、ラジオでDJが日本語交じりで話していたりして。ところが日本に帰ってくると、みんなが英語交じりの歌を歌っていてさ。いや本当にシャレになんないなぁと思った。カルチャーショックネタでマクロス作ったはずなのに、自分の方が集団催眠にはまってたのか、みたいなさ。そのショックは言葉ではうまく伝えられないけど。


例えば、アニメのことを良く知らない人が、アニメのことについて書いたのに対して「嘘ばっかりじゃないか」とか思うけど、自分が関心のないジャンルのことで同じように書かれても気がつかないよね。それから、本人が本当だと信じ込んで自然にしゃべっていることって、他の人が聞いたら真実に聞こえてしまう。そういう構造が面白いと思うようになった。


マクロスの企画段階からの軌道修正は大変だった。もともとがダミーだと思って作った企画だから、通りそうになってから、慌ててテイスト変えたりしてるからさ。結果的に奇妙なバランスの作品になっているよね。このまま行っちゃって、パロディみたいになっちゃったら嫌だから、ちゃんとオリジナリティのあるものに戻そうということで直したんだけど。パロディって、ファンがやるのはいいんだけど、作り手がやるのは嫌いな方だからさ。


「マクロスΔ(デルタ)」のTVシリーズが最終回を向かえた後、劇場版が検討されていたんですが、なかなか決まらずにいたんですね。そのときにワルキューレの横浜アリーナのライブが行われて、それを見に行ったんです。そうしたら、5人の歌があまりにも素晴らしくて。ライブ終演後に「絶対に劇場版をやりますから!」と口走ってしまったんです。まだ、何も決まっていないのに(笑)。でも、まわりのスタッフも同じ気持ちなっていて。結果的に劇場版を作ることになったんです。このときのライブから受けた印象から「情熱やテンションの高さ」を今回の劇場版のモチーフにしようと考えました。


(マクロスが)まさかこんなに長く続けることになるとは思っていませんでしたね。企画を考え始めたのが大学2年、20歳のころですから、もう30年以上……。もはやライフワークと言っても良いかもしれません。35年前に「超時空要塞マクロス」を作っていたころは新しいことやオリジナリティにこだわりまくっていて、同じメディアでは作らないと決めて劇場版やオリジナルビデオとして作品を展開していました。10年経ち意識も変わってきてOVA「マクロスプラス」とTVシリーズ「マクロス7」を同時に作ったころから、いまのように次々と新作をつくる流れになりました。いまは、ひとつの世界観をベースに、制作する時代に合わせて映像表現のスタイルを変えていくシリーズになっています。


河森正治の経歴・略歴

河森正治、かわもり・しょうじ。アニメ監督、演出家、日本を代表するメカニックデザイナー。慶應義塾大学工学部在学中からSFアート集団スタジオぬえに参加。卒業後、同社に入社。その後、マクロスのメカニックデザインで一躍脚光を浴び、演出、構成、監督としてキャリアを積む。主な参加作品に『マクロスシリーズ』『天空のエスカフローネ』『星方武侠アウトロースター』『地球少女アルジュナ』『創聖のアクエリオン』『交響詩篇エウレカセブン』『キスダム』『バスカッシュ!』

他の記事も読んでみる

泉谷しげる

お決まりの時間で、お決まりのアンコールでやり過ごすというのはあんまり楽しくないよ。やっとけばいいだろう的な仕事なら、最初からやらなければいいじゃない。お客だって見抜いてくるわけだしね。もうこれ以上のライブは作れねえだろうとか、あれは伝説のうイブだったとか、言われたくないんだよ。常に更新したい。だから、「いいポジションにいるんだから、ムリしないで」と言うアドバイスの意味がわからねえ。


臼井興胤

お客様に対して画一化されたサービスを提供することに重点を置かず、現場で柔軟に接することが大切。顧客の目が肥えているといわれるこの地区(東海3県)で成功したビジネスモデルであれば、必ず全国でも通用すると考えています。


越膳泉

社員が自律的に自身の将来を描き、能動的に成長に向けて努力し続けることが、会社の成長につながると考えます。


鍵山秀三郎

社会のルールに反しなければ事業が成立しないのであれば、そんな会社はないほうがいい。私は自分の子供にしても、有名大学を出てエリートになって欲しいとは思っていません。その社会のルールに反したような生き方はしてもらいたくない、ただそれだけですね。有能であって人に迷惑をかけるくらいなら、無能で人に迷惑をかけない人になって欲しい。これが私の基本的な考え方です。


鈴木修

いいか。セールスは断られたときからが勝負だ。諦めずに掛け合ってこい。
【覚書き|インド政府が国民車構想のパートナーを募集しているという情報を得て、申し込みをしたが期限切れで断られてしまった。上記は担当社員にもう一度交渉するように促した言葉。結局3回目の交渉で補欠承認された。その後スズキは、27年でインドでの軽自動車販売シェア50%以上を獲得した】


山村雄一

人生にはどうしても必要なことが3つある。それは夢と、ロマンと、反省だ。人間はこの3つを持っていないと上手くいかない。


坂本孝

私が最終的に目指すのは、単なる事業の拡大ではありません。一緒に働く人が、自分の仕事に誇りを持ち、待遇面でも精神面でも幸せを感じながら働くことができる。そんな場所を創ることです。


井上和幸(ヘッドハンター)

私のスケジュールに関しては、ほかのスタッフが勝手に「○○社同行」「○○プロジェクト打ち合わせ」などと、特段の許可なくカレンダーに入力していいことにしている。そうなると、自分自身の作業時間や企画を練る時間をしっかり確保しておくことが重要となる。ただでさえ、経営者や管理者は、部下から業務の確認を求められたり、決済業務があったりして、一つの作業に集中したいと思っても、余儀なく中断せざるをえないことが多い。そこで私は自分にアポイントメントを入れて時間を確保し、ほかの社員からのコンタクトをブロックする時間をつくっている。具体的には、「集中作業」という予定を入れておく。すると社員たちは、その時間は私に「予定を入れてはいけない」と理解する。


瀬戸薫

お客様のニーズを捉えていくと、工夫次第で事業が広がっていく。


藤井孝一

本で勉強するなら、テーマを決めて、それに関する本を20冊ほど買って読むことをお勧めします。それくらい読めば、どの本にも共通して書いてある、その分野の勉強の勘所がある程度わかるようになります。


実藤裕史

周りの反対や不安もあるでしょうが、まずはやってみることが大事。最初からうまくいくとは限りません。すべて準備が整って始めている起業家なんてひと握り。私自身、失敗を繰り返してきましたから。


小路明善

大切なのは、どの市場でどのようなビールが求められ、我々はそれに対してどのような商品を提供できるかということ。日本が海外事業の司令塔でなければならない理由はない。