名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

河森正治の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

河森正治のプロフィール

河森正治、かわもり・しょうじ。アニメ監督、演出家、日本を代表するメカニックデザイナー。慶應義塾大学工学部在学中からSFアート集団スタジオぬえに参加。卒業後、同社に入社。その後、マクロスのメカニックデザインで一躍脚光を浴び、演出、構成、監督としてキャリアを積む。主な参加作品に『マクロスシリーズ』『天空のエスカフローネ』『星方武侠アウトロースター』『地球少女アルジュナ』『創聖のアクエリオン』『交響詩篇エウレカセブン』『キスダム』『バスカッシュ!』

河森正治の名言 一覧

このシリーズ(マクロス)は、現代の地球上で起きている様々な出来事を小さな宇宙移民船の中に圧縮して見せている作品なんです。いまも地球のどこかで紛争が起きているのに、我々の生活実感では戦争中だと感じられていません。それをひとつの狭い場所で描いてみたらどう見えるだろう、と。新しいテクノロジーとともに描いているんです。


宇宙戦艦ヤマトで「スタジオぬえ」の名前を見つけて、そこに見学に行ったのが運の尽き。それまではNASAに就職するつもりだった。(宇宙飛行士ではなく)作る方になりたかった。日本にNASAがなかったからね。
【覚書き:アニメ業界に入ったきっかけについて語った言葉】


さかのぼると発明が好きみたいなところがあって、オリジナリティがあるものが好きだった。本当はオリジナリティがあるかないかにしか興味がなかった。ただ、集団作業の中だとそれを貫くわけにもいかないという問題があって。で、実際作ってみると、やっぱりどこかで見た手法を使っちゃってるとかさ、それが耐えられなくて。


富野由悠季さんが若手のアニメーター志望者を集めた講演で、「江戸時代の呉服屋さんで修業する奴は、三年間本物の生地しか触らせてもらえなかったんだ。お前らアニメなんか観てちゃいかん。三年間は観るな!」と言っていたんです。じゃあやってみようかと思って、三年間観なかったんだ。三年間観なくてさ、「よーし三年目だ。ガンダム観よう」と思って観たら「つまんねー!こんなのにハマってたんだ!」と思った。あれはびっくりした。まあ「つまんない」ってのは言い過ぎで、「わかんない」だった。どうやってこの作品に入っていけばいいんだろうみたいな。


自分が演出を担当した回は、無謀なやり方してるんだよ。例えばガンダムでうまくいった手法は絶対にやらないとか、絶対にメカ戦で決着はつけないとか言って。他で上手くいった手を使わないと、こんなに大変なんだってことがよくわかったから、劇場版では半分はセオリーに従ったんだよ。そうしないと、集団作業では物をつくり続けるのは難しい。


もちろん、頭の中ではメディアで流れている番組や情報が現実じゃないってことくらい当然わかっているんだけれど、頭の中でわかっているのと全身で感じてるのとはまるで別問題だった。
【覚書き:中国大陸を一人で旅し取材したことを振り返っての言葉】


社会構成の最小ユニットって家族だよね。それがいま、崩壊しかけてる。それは見た目はささやかかもしれないけど、やがて社会全体や文明全体を巻き込む、もっと決定的な崩壊につながるんじゃないか、という気分があって、それをネタにしたエンタテインメントをやろうということ。
【覚書き:アニメ『地球防衛家族』の企画を立てた当時を振り返っての発言】


劇場『マクロス』が終わった後に中国大陸に取材に行って、一人であちこち回ったんだけど、そのころ、もう中国でジャパニメーションブームが起きていたんだよ。ジャングル大帝の歌を、日本語で歌っている中国人の歌が流れたり、ラジオでDJが日本語交じりで話していたりして。ところが日本に帰ってくると、みんなが英語交じりの歌を歌っていてさ。いや本当にシャレになんないなぁと思った。カルチャーショックネタでマクロス作ったはずなのに、自分の方が集団催眠にはまってたのか、みたいなさ。そのショックは言葉ではうまく伝えられないけど。


例えば、アニメのことを良く知らない人が、アニメのことについて書いたのに対して「嘘ばっかりじゃないか」とか思うけど、自分が関心のないジャンルのことで同じように書かれても気がつかないよね。それから、本人が本当だと信じ込んで自然にしゃべっていることって、他の人が聞いたら真実に聞こえてしまう。そういう構造が面白いと思うようになった。


マクロスの企画段階からの軌道修正は大変だった。もともとがダミーだと思って作った企画だから、通りそうになってから、慌ててテイスト変えたりしてるからさ。結果的に奇妙なバランスの作品になっているよね。このまま行っちゃって、パロディみたいになっちゃったら嫌だから、ちゃんとオリジナリティのあるものに戻そうということで直したんだけど。パロディって、ファンがやるのはいいんだけど、作り手がやるのは嫌いな方だからさ。


「マクロスΔ(デルタ)」のTVシリーズが最終回を向かえた後、劇場版が検討されていたんですが、なかなか決まらずにいたんですね。そのときにワルキューレの横浜アリーナのライブが行われて、それを見に行ったんです。そうしたら、5人の歌があまりにも素晴らしくて。ライブ終演後に「絶対に劇場版をやりますから!」と口走ってしまったんです。まだ、何も決まっていないのに(笑)。でも、まわりのスタッフも同じ気持ちなっていて。結果的に劇場版を作ることになったんです。このときのライブから受けた印象から「情熱やテンションの高さ」を今回の劇場版のモチーフにしようと考えました。


(マクロスが)まさかこんなに長く続けることになるとは思っていませんでしたね。企画を考え始めたのが大学2年、20歳のころですから、もう30年以上……。もはやライフワークと言っても良いかもしれません。35年前に「超時空要塞マクロス」を作っていたころは新しいことやオリジナリティにこだわりまくっていて、同じメディアでは作らないと決めて劇場版やオリジナルビデオとして作品を展開していました。10年経ち意識も変わってきてOVA「マクロスプラス」とTVシリーズ「マクロス7」を同時に作ったころから、いまのように次々と新作をつくる流れになりました。いまは、ひとつの世界観をベースに、制作する時代に合わせて映像表現のスタイルを変えていくシリーズになっています。


河森正治の経歴・略歴

河森正治、かわもり・しょうじ。アニメ監督、演出家、日本を代表するメカニックデザイナー。慶應義塾大学工学部在学中からSFアート集団スタジオぬえに参加。卒業後、同社に入社。その後、マクロスのメカニックデザインで一躍脚光を浴び、演出、構成、監督としてキャリアを積む。主な参加作品に『マクロスシリーズ』『天空のエスカフローネ』『星方武侠アウトロースター』『地球少女アルジュナ』『創聖のアクエリオン』『交響詩篇エウレカセブン』『キスダム』『バスカッシュ!』

他の記事も読んでみる

長洲一二

人の真価は、事の成否以上に、事そのものに全力投球したという充実感にあるのだろう。


松波晴人

行動観察で一番大事なのは、仮説や偏見を持たないということです。子供が初めて海外に行った時のように「何だろう。何でこれ、こうなっているの?」という気持ちでいることです。「どうせこうだろう」と思ってしまうと、いろいろなものを見落としてしまいます。だから、ある種意図的に、対象となる業態を勉強せずに現地に行きます。そしてそこで気付いたことを、とにかくメモや、時にはビデオに撮っていく。それらの記録を分析して、その行動が何を意味するのか解釈していくんです。構造的に解釈出来たら、どうしたら良いか自然と分かるものです。


小山薫堂

僕は縁あって、日光金谷ホテルでは顧問として、京都の下鴨茶寮では経営者として、プロデュースに携わっています。ホテルと料亭という違いはありますが、事業の根本は同じです。まずはそこで働いている人たちが、自分の職場と仕事に誇りを持ち、それぞれの立場でお客様をいかに幸せにするかを考えて、それに最善を尽くせるようにするだけです。


山本貴史

100の発明があったら、特許を出願できるのは25から30件です。企業にライセンス契約できるのが10から15件。ロイヤリティ収入が得られるのはさらに少なくて1から3件ぐらいです。これはアメリカでも似たような割合です。


俣野成敏

リストラ候補になったとき、社内ベンチャーに応募したんです。すぐに起業する自信はない。でも、いずれは会社に頼らなくてもいいくらいの力をつけたい。その妥協策として、まず会社の中で、起業家のつもりで働いてみようと考えたのです。僕が提案したのは「メーカー直営のアウトレット流通チェーン店」というビジネスモデルです。おかげでこの事業は成功し、僕は最年少で会社役員に昇格。でも、出世だけでは計り知れないほど、得たものは大きかったですね。


コシノジュンコ

「JUNKO KOSHINO」というブランドは、常に面白がってつくりあげてきました。でも、このブランドは、私一代限りのものだと考えています。ファッションブランドの中には、デザイナーを変えて継続しているものもありますが、私がつくりあげた。「JUNKO KOSHINO」というブランドで、私を超えることはできません。それよりも、私のブランドとは違うことで超えてもらいたい。若い人たちには、そちらに期待しています。


梅原勝彦

自動旋盤にめぐりあったとき、私は社長に「自動旋盤の仕事をやらせてほしい」と頼みました。ろくろではとても旋盤にかなわないと思ったからです。ただ、ろくろ技術にしても、先輩の職人が帰ったあとに刃物を見るなどして必死に覚えたもので、それを捨てるのは簡単ではなかった。もし私が30歳や40歳だったら、ろくろにしがみついていたかもしれません。


秋元康

AKBを着想したときは、「そもそも僕が面白そうだと思うアイドルって何だろう?」が始まりでした。ご存じのように、僕はずっとテレビの世界にいました。テレビは一瞬で流行を作りだす装置。瞬間の爆発力が圧倒的なメディアです。だからこそ、小劇場から少しずつ動員数を増やしていく劇団の人たちの力強さや、ライブハウスから徐々に大きくなって、ドーム公演にまで辿り着くロックバンドのスタイルに憧れみたいなものがあった。同じように「アイドルグループがそれをやってみたらどうなるんだろう?」と考えた。そんなこと考えていたらワクワクしてね、僕が学生の頃につかこうへいさんの舞台へ通っていたことを思い出した。公演に並んで、何だかわからないけどドキドキして、戦略もマーケティングも無い、いかにも自分発想というものにワクワクしたんだ。


竹中平蔵

世界に何が貢献できるかを考えることが、グローバルな考え方を持つことにつながります。


ゲーテ

真の弟子は、知られたものから知られざるものを発展させることを学び、かくして師に近づく。


廣瀬禎彦

英会話学習では何をディクテーション(読み上げられた英語を書き取る勉強法)の題材にするかはすごく重要です。ビジネス目的なら、やはり発音が正確で、内容も標準的なニュースが最適でしょう。


松尾泰一郎

戦国時代の城は、外敵よりも内部の敵、つまり場内の武士が士気旺盛で、一致団結しているときは、なかなか落ちない。しかし、その団結が緩んだり、場内に不和が起こるとき、崩壊してしまう。全社員の一致団結によって丸紅の防衛を図らなければならない。全員が他人事視せず、お互いの不平不満を捨てて裸になり、一枚岩になってもらいたい。