名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

河島喜好の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

河島喜好のプロフィール

河島喜好、かわしま・きよし。日本の経営者。本田技研工業の二代目社長。自動車エンジニア。実家が本田宗一郎の家の近所で、創業まもない零細企業だったホンダに縁故入社。創業初期メンバーとしてホンダの発展を支えた。ホンダ・ライフなどのヒット車種を発売した。

河島喜好の名言 一覧

無我夢中でやるのがチャレンジ精神だと思ったら大間違い。大事なのはその先だ。


商売としてみればレースは決して安くない。勝ってもそんなに車が売れるわけではないし、負ければ確実に売れ行きは落ちる。しかし、技術革新や技術者の育成のためにはなる。


河島喜好の経歴・略歴

河島喜好、かわしま・きよし。日本の経営者。本田技研工業の二代目社長。自動車エンジニア。実家が本田宗一郎の家の近所で、創業まもない零細企業だったホンダに縁故入社。創業初期メンバーとしてホンダの発展を支えた。ホンダ・ライフなどのヒット車種を発売した。

他の記事も読んでみる

サイモン・クーパー(経営者)

従業員が楽しみながら働いてこそ、サービスの質を高めることができます。お客様を喜ばせた感動のエピソードは、ラインナップ(朝礼)時に紹介され、みんなでユーモアのセンスを共有し合い、仕事が楽しいという気持ちを分かち合います。


渡邉美樹

相手がどう思うか。相手にどう配慮すべきか。これを想像することは、人間の基本であり、ビジネスの基本。


水野浩志

人間は、落ちるところまで落ちたら、誰にも責任転嫁できなくなるもの。


末木紳也

40代に差しかかると、必ずしも資格を取ることが絶対有利とは限りません。誰しも資格はなくても、長年培ったキャリアや専門分野、ノウハウ、スキルなどがあるはずですから、それらを前面に打ち出して勝負すべき時期なのです。


石原壮一郎

雑談や挨拶の最大の目的は、「敵意はないと伝えること」。もし、この世に雑談や挨拶というものがなかったら、いちいち緊張しなければならないし、相手に対する恐怖心や疑心暗鬼が無駄に膨らんでしまうでしょう。天気の話題は「誰だって見れば分かる」からこそ、当たり障りのない共通の話題になり得るし、敵意のなさを雄弁に伝えてくれます。


坂根正弘

かつてコマツの行動指針には「ミス、不正をなくせ」といった趣旨の記述がありました。しかし、私自身、社長時代にいくつかの不祥事を経験して考えを変えました。人間だからミスは当然あるし、不正も、かつて社会が許していたことが許されなくなることが多い。それならば、不正は起こるものだと覚悟しました。隠すことが悪いという価値観をどうやって植えつけるか。それは具体的な行動基準にまで落とし込まないと定着しません。こういった努力をトップダウンで懸命に続けていると、今、問題になっているような品質の不祥事もあれほど長くは続かなかったはずです。


大坪勇二

コピーはオリジナルにはかないませんが、オリジナルの7掛けのパフォーマンスはできる。


喜久川政樹

わからないことは本を読んだり、人に聞いたりして、普段から勉強することは不可欠です。私たちのような事務系の人間は、技術に関して、エンジニアほど深い知識はもてません。しかし、ある程度の深さをもった知識は必要で、なおかつそれを幅広くもつことが大切です。


新浪剛史

多くの種類のお酒があるということは、お客様への提案力があるということ。中国人はコニャックが好きで、バーボンも少し甘いものが好きといった具合に、国や地域によって好みが違います。そのすべてに対して、我々は提案をすることができる。もともとサントリーの営業は、提案力でやってきました。


山崎将志

私もサラリーマン時代の私は、実はお金に関してはかなり「残念な人」だったんです。稼ぎ方も知らなければ、殖し方も全然わかっていなかった。当然大負けです。妻にはとても言えない金額ですが、その失敗をとことん分析して、そこから学んだことには値段が付けられない価値がありました。失敗したときこそ、目の前の数字という現実に向き合って、改善点を見つけてください。そこにこそ残念な人から卒業する答えが隠されています。


箭内道彦

僕はどんな人間と何回会っていたとしても、毎回緊張してしまうんです。でも、その空気を交換し合うのがコミュニケーションの面白さでもあると気づいたんです。緊張というのは、目の前の相手とその場をとても大切に考えるからこそしてしまうものなわけですし、なにより、その誠実さが目に見える、「誠実指数」が伝わりやすいんです。


谷家衛

ありのままの自分を見つめ、自分を思い切り表現するということは、本人にとって幸せだし、方向性が合っていれば社会にとっても一番いい。