名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

河合雅司の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

河合雅司のプロフィール

河合雅司、かわい・まさし。日本のジャーナリスト。愛知県出身。中央大学卒業後、産経新聞社に入社。政治部記者、論説委員などを務めた。少子高齢化についての連載記事で「ファイザー医学記事賞」を受賞。著書に『日本の少子化 百年の迷走』『未来の年表』。

河合雅司の名言 一覧

まずは、現状と未来を「認める」こと。次いで必要なのが「先回り」です。この先の1年、20年に起こる問題を知り、解決できる商品を作ることです。とくに、世界最高レベルを誇る技術職の方々にはその視点が欠かせません。


先輩からの踏襲やマイナーチェンジでは先がありません。価値観を変えるムーブメントを起こし、新しいモデルを作り上げていく、新しいものを生み出し、社会の「気運」を変えていくことが、「人口が減少していく日本の未来」を変えていくことにもつながるでしょう。


拙著(『未来年表』)の読者の中には、「こんな日本にしてしまって、若い世代に申し訳ない」とおっしゃる年配の方もいらっしゃる。同感です。でも一方で、私は悲観的にはなっていません。苦難を乗り越えられる日本人のメンタルや能力を信じていて、この日本を救うことができる「10の処方箋」を本書で提案しています。


今から戦略的に動けば、社会が縮小しても日本は豊かな国でいられる。これが私の結論です。ポジティブに考えれば、やれることはいくらでもあるんです。国も企業も我々も、変化を恐れずとにかく最初の一歩を踏み出しましょうよ。ビジネスパーソンにとっては、それこそビジネスチャンスにもなり得るんですから。


日本の総人口が減れば、国民の総労働時間は必ず減ります。そのため、一人一人の仕事を濃くし、それぞれが豊かさをはぐくむ必要があります。そのカギとなるのが、技術や教養、社会を切り取って分析する能力です。これらは時を経るごとに陳腐化していくため、絶えず学び直すことが大切です。日本の豊かさを維持するには、それぞれのポジションで自分自身が熱源とならなければなりません。


これほど急激に人口が減っていく国は、世界史上類を見ないと言われています。ですが、厳しければ厳しいほどファイティングスピリットが湧き上がってくるのが日本人です。日本人の底力を見せれば、ダイナミックな社会の作り替えも実現できるはず。人口減少時代に即した成功事例が生まれ、未来に希望を持てる社会が形成されれば、それは一番の少子化対策にもなります。日本人のポテンシャルの高さを思えば、今思いつかないような方策もきっと出てくるでしょう。


勤労世代の減少に対して政策を打つこと。社会に必要な総仕事数を効率化すれば、労働力不足は起こりません。24時間働くのをやめる、他国に仕事をゆだねる、高齢者にも働いてもらう。今の規模に合わせて物事を考えるのではなく、サイズを縮めて考え、そこから生まれる余剰人員や資本を得意分野に向けるべきでしょう。それにより、小さくとも豊かな国、なくてはならない国になれるのです。


日本政府は戦後70年の成功体験を引きずり、これまでのやり方を維持するために労力を割いています。しかし、残念ながら人口減少、少子化は止めようがないのです。この現実を受け入れ、人口減少を前提とした社会を作ることにエネルギーを使うべきでしょう。そのためには、社会の作り替え、価値観の打破が必要です。豊かさを維持したまま、戦略的に縮む。それこそが小さくとも輝く国への道筋だと考えています。


我々は、自分の年齢に重ねて物事を考えがちです。でも、誰もがいずれは高齢者になります。「20年後の高齢者は誰だろうか?」「この時代の社会の担い手は?」と想像力を働かせることが重要なのです。それにより、今何をすべきか、次世代に向けて今からどのような種をまくべきか、今の子供たちがどう生きていくかが見えてくるはず。現在の中高生へのメッセージとして、この本(『未来年表 人口減少日本でこれから起きること』)を送りたいという気持ちもありました。


おそらく、時代がこの本(『未来年表 人口減少日本でこれから起きること』)を求めていたのでしょう。大手メディアにはセクショナリズムがあり、人口減少問題を包括的に取り上げることはありません。日本政府も、年金や医療など社会保障の問題として矮小化して考えています。ですが、人口減少がもたらす問題は、それだけではありません。例えば医療ひとつとっても、医療費増大、医師不足だけの問題ではないのです。人口が減れば、薬品の開発者、救急車の運転手、病院を建設する人などがすべて足りなくなり、輸血用血液も不足します。そうなれば、適切な医療を受けられなくなってしまいます。人口減少によって何が起きるのか。様々な問題をみなさんと共有するために、私はこの本を執筆したのです。


河合雅司の経歴・略歴

河合雅司、かわい・まさし。日本のジャーナリスト。愛知県出身。中央大学卒業後、産経新聞社に入社。政治部記者、論説委員などを務めた。少子高齢化についての連載記事で「ファイザー医学記事賞」を受賞。著書に『日本の少子化 百年の迷走』『未来の年表』。

他の記事も読んでみる

小宮一慶

ネットの情報に騙されないためには、「誰が書いたのか」を確認することだ。昨年、DeNAのキュレーションメディアの記事濫造が問題になった。サイトの「見かけ」はあてにならない。私の判断基準は、テレビ番組のコメントに使えるかどうかだ。見知らぬサイトの情報は、真偽不明だから話せない。一方、新聞や雑誌であれば「××によると」という言い方ができる。


吉越浩一郎

人に何かを説明するとき、言葉でダラダラ説明するより、シンプルな絵や図にまとめたものを「こういうことです」と見せた方が、より早くかつ正確に伝わります。


元榮太一郎

訴訟で情報漏洩の損害賠償請求が認められるか否かは、その情報が秘密として適切に管理されていたかどうかが重要なポイント。実際、営業秘密に関する民事訴訟の64%が棄却判決を受けており、棄却理由として最も多いのが、「秘密管理の不徹底」です。


小川孔輔

たとえ売れている商品でも、何もせずに放置すると消費者に飽きられて少しずつ売上が落ちてくる。そうなる前に、定期的にリニューアルをするケースがある。


豊臣秀吉

主人は無理を言うものと知れ。


ジェイ・エイブラハム

私はコンサルタントとして470もの違う業界に携わりました。共通して言えることは、ターゲットを絞ることの大切さです。例えば、2000年に日本マクドナルドがハンバーガーを半額で提供し始めました。それによって、若者の文化であったハンバーガーが、ビジネス世代にも浸透しました。しかし、同社の経営がその後、必ずしもうまくいっているわけではありません。市場全体に愛されるのはとても難しいのです。


品川祐(品川ヒロシ)

基本的にどの仕事でも同じですけど、僕はゼロの状態からみんなで集まってアイデアを出していくという仕事の進め方が嫌なんです。すごい時間かかるでしょ。それに時間をかけたにもかかわらず、必ずといっていいほど、みんな黙っちゃって、ろくなアイデアが出てこない。それよりも、とりあえずたたき台をつくってから、現場で修正を加えていく方が効率的だし、いいものができると思うんです。


ジャック・マー(馬雲)

人間というのは50歳を超えると新しいことを受け入れる心の余裕がなくなります。これはネットでも同じこと。50歳以上の人にネットでものを買うのをすすめることは難しい。ですから我々はあえて50歳以上の人を説得することはしません。それよりまず子どもを説得すれば、子どもが親を説得してくれ、スムーズに受け入れてもらえます。それが功を奏してきました。


田中仁(経営者)

メガネには、視力補正、目を守る、よりよく見えるという3つの機能を持たせています。しかし、これは全部外の世界に対してのもの。外の世界を見るものという発想を変えて、内側、つまり「自分を見る」という機能も実現できるのではないかという視点から開発に着手しました。目は心の窓、目は口ほどに物を言う、という言葉からもわかるように、目は非常に多くの情報を有しています。自身の状態を知ることで新しいライフスタイルを提供することを約束します。


宮崎富夫(宮﨑富夫)

料理では商品一つ一つに想定の売り値を決め、食材はニンジン1本の値段から管理するよう原価管理を徹底しました。それらの数字を調理場スタッフが自ら入力しチェックすることで売り上げや仕入れの想定値と実績値のズレを常に意識するようになった結果、料理の原価率はなんと40%から30%に減少。


豊田昌洋

我々はM&Aをする時、業績の数字で判断しません。その会社を買収することによって、我々にどんなプラスがあるのか、我々の手でどのように会社を変えられるか。そこがポイントです。変えることができる自信がなければ買収しません。


カーリー・フィオリーナ

リーダーシップは地位や肩書とは関係がない。価値を生み出せる人、尊敬され信頼される人、協力を引き出せる人は、いつどこにいてもリーダーシップを発揮できる。地位が低くても先頭に立てる人はいくらでもいる。