名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

河合良成の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

河合良成のプロフィール

河合良成、かわい・りょうせい。小松製作所(現:コマツ)社長・会長。学校卒業後、農商務省入省。東京市助役、厚生大臣などを経て小松製作所の社長に就任。

河合良成の名言 一覧

伊達政宗の「残躯 天の許すところ楽しまずんば云々」という句があるが、私も七十の坂を越してよぼよぼの老人になり、いまは人生の午後5時ぐらいである。しかし、最近考えることは「人生再びせず」なのだから、愉快に気持ちよく送ることが必要であると同時に、人間に生まれてきたからには、やはり何か、大衆のためになることをするのが大事ではないかという気持ちもする。


石川県の小松の工場に行ってみると、共産党の子分みたいのが待っている。「君たちの俸給はどうなっているか」と尋ねると「遅配で困っている」と答えるので「ストライキを続けた方が俸給をもらえると思うか、やめた方がもらえると思うか、どうだ」すると「やめた方がもらえると思う」「よし、ストライキをやめれば、俺も金融の手伝いをする」この間、3時間で話が決まった。
【覚書き|厚生大臣時代、当時のコマツの社長から請われ経営悪化でストライキをしている工場の問題解決にあたったときを振り返っての発言。このとき資金調達の手伝いをしたことでコマツの社長に就任することになった】


政治家は、本当に国家のためになるという考えで政治をやり、それがそのまま通るなら政治家もいいが、現在の政治はそうではないと痛感した。
【覚書き|政治家を辞めたきっかけについて語った言葉】


西田(幾多郎)先生からはいろいろ教えを受けた。一番切実に教わったのは自覚ということだった。また、プラトンの意志の力、つまり吹雪の中を突っ込んでいくという発想、意志の弱さは罪悪だという思想を植え付けられた。


何事も最初に道を開くのは難しいが、私が保険の合併を実行した結果、その後の保険界の合併は円滑に発展し、大いに貢献したと思っている。 【覚書き|太平洋戦争前、日華生命(第百生命の前身)勤務時代に、保険会社の合併を手掛けたことを振り返っての発言。発言時期はコマツ社長時代。】


河合良成の経歴・略歴

河合良成、かわい・りょうせい。小松製作所(現:コマツ)社長・会長。学校卒業後、農商務省入省。東京市助役、厚生大臣などを経て小松製作所の社長に就任。

他の記事も読んでみる

樺沢紫苑

脳科学で注目されている概念の一つに、デフォルトモード・ネットワークというものがあります。簡単に言えば、ぼーっとしている時間にこそ、ひらめきは生まれるというもの。実は、人間は何も活動していないときのほうがエネルギー消費が高いということが研究の結果で出ています。あえてそういった時間を持つことで、直感でのひらめき力が養われるのです。


浜口隆則

何事も準備なしに成功する人がいないように、準備を怠った経営者の100%が起業後に苦しみ、87%はうまくいきません。会社員の場合、「仕事=経営」と思い込んでいる人も多いですが、会社の仕事は部分で、経営は全体なのです。まずは経営を学び、全体像を理解すること。「起業は難しい」という神話が生まれたのは、結局のところ、事前に準備していない人が多いからなのです。


三木谷浩史

ビジネスは試験違って、問題に対する正解は用意されていない。問題が生じる。その解決法を考える。その解決法が正しいか、間違っているかは、実際にそれを適用して初めて判断できる。ただし、ビジネス全体にかかわる問題の場合には、思いついた解決法をそのまま適用するわけにはいかない。そこでまず仮説に基づいて、小さな実験をする。その結果を検証して、ビジネス全体に適用できるかどうかを判断する。


朝長哲

利益を高めるために品質管理の費用を削るのは、本末転倒です。


竹田和平

十分に力を持った人が変化して、新しい仕事に取り組んでいき、元の職場を他の人に残してやらないといけません。そして、金のある人は文化に投資し、消費していかなければなりません。格差がいけないのではないんです。能力のある人が文化に金を使わず、新しい仕事に移っていかないことが問題なんです。


小山昇

私は面倒くさがりです。面倒だと思う感覚があったからこそ楽をしたいと思い、楽をしたいと思うことができたからこそ改善策が出せるのです。


孫正義

よく社長就任のあいさつのときに感想はと聞かれると、日本の社長は「いや、思いがけずしてなりまして」ということが多いですよね。「思いがけずして」などという人は社長になってはいけない。社員は迷惑する。お客さんも迷惑する。もちろん、謙遜で言われているということはわかりますが、謙遜にも限度があるだろうと思うのです。


土光敏夫

じゃあ経団連をやめて暇になるから、僕が行くよ。僕のほかにも会社を辞めて植木屋のアルバイトをやっている人がいるから、2、3人連れて行く。
【覚書き|ある人が自宅の庭木の手入れは植木屋に頼んでいると言ったことに対する土光氏の発言。土光氏は自分の家の庭を自分で手入れしていた。また、俸給から生活費10万円を抜いて他は全額近所の女学校に寄付していた。】


桜井博志

「いい酒」は希少だから価値があるのではなく、おいしいから価値があるのだと思います。


宮内義彦

何がムダなのかは結局、やってみないとわからない。僕も若いときは、きりきりするくらいに何でもやりました。


サム・ウォルトン

成功を喜び、失敗の中にユーモアを見出しなさい。あまり真剣に考えてはいけない。リラックスしなさい。そうすればまわりの人すべてがリラックスするだろう。楽しみなさい。いつも熱意を示しなさい。うまくいかないときには衣装を着てバカげた歌を歌いなさい。そして他のすべての人にあなたと一緒に歌わせなさい。


森下裕道

よく、「部下を飲みにつれていっておごってやったのに、まったく本音を言わない」と憤慨する上司がいますが、それは、その人が相手の話を聞いていないからです。相手が本音を打ち明けようとしても、「それはお前がいけないんじゃないの?」と批判したり、「それはこうだよ」と結論付けてしまったりしては、本音など話す気になるわけはありません。