名言DB

9412 人 / 110637 名言

河合滉二の名言

twitter Facebook はてブ

河合滉二のプロフィール

河合滉二、かわい・こうじ。日本の経営者。「サッポロビール」社長。東京帝国大学経済学部卒業後、サッポロビールの前身「大日本麦酒」に入社。途中軍役を経験したのち、九州支店長、大阪支店長、常務、専務などを経て社長就任。

河合滉二の名言 一覧

サラリーマン人生を面白くしたいなら、与えられた持ち場ごとに、ひとつでもいいから、「あれは私がやったんだ」と言える仕事をやるように努力することだ。先例に従って、そつなく仕事をこなすだけでは後に何も残らない。振り返ったとき、さびしいと思うよ。


見せかけだけの和はいらない。


私の好きな豊臣秀吉も努力の人である。彼は自分に与えられた仕事の中で、常に最善を尽くして一歩一歩のし上がり、ついには天下人にまでなった。現代のサラリーマンは、自分は何も努力せずに上司が認めてくれないと嘆く。あるいは、給料や待遇といった目先のことばかり考えている若い人も多い。自分本位の甘ったれなのだ。総じて現代人は賢くなったようだ。そつのない平均点人間が多すぎる。だから人生も平板で、ひとたび乱があると動揺して対処できなくなる。


頭角を現す人は必ず人目につかないところで励んでいる。人生は努力の積み重ねてあり、その努力の源泉となるのは、常に進歩を求める心である。努力は必ず充実感へとつながってくる。日々平穏ではなく、日々充実感のある人生こそ本物ではないだろうか。そつのない平均点人間を今日の企業はもはや求めてはいないのである。


真の「人の和」は、努力する人間集団の中から生まれる。そして、言い古された言葉ではあるが、フェア・プレイ、ファイティング・スピリット、フレンド・シップのスリーFこそ、現代の若者たちに身に着けてほしいと思うのである。


私は「和」の正しい意味を旧制高校時代の柔道生活から学んだ。柔道は一対一で力と力をぶつけ合い、技を競い合うスポーツである。そこにはむき出しの闘志があるだけだ。馴れ合いでやっていたなら、それは柔道ではなく、他人にはダンスのように見えてしまうだろう。そして試合が終わった後に充実感。互いに相手の技量を認め、さらに切磋琢磨を誓う。あれだけ虚心坦懐に人間関係が発生し、「和」の生まれるスポーツはない。


和をもって貴しとなすという言葉をはき違えて、和とは人とぶつからないこと、事なかれ主義のことだと思っている人が多いのには困った。万事そつなくいったり、いさかいをしないことが人の和だと単純に考えている人もいるようだ。また、他人のミスを互いにカバーしあうことが、和であると思い込んでいる人もいる。和とはそうした表面的なものではない。


企業における人間集団の「和」とは、互いに過ちをかばいあうといった、うわべだけの優しさや甘えではないと思う。馴れ合いだけで仕事をしていると、各人の欠点が是正されないで過ぎてしまう。こうした人間が多くなると、企業の存亡にもかかわってくるのだ。


時には意見をぶつけ合い、徹底的に討論をする。あるいは、あるがままの自分をさらけ出して他人に見てもらう。個性と個性がぶつかり合って、やがて互いに胸襟を開いたところに、はじめて本当の「和」が生まれるのだ。見せかけだけの和はいらない。最初から馴れ合っている人間には発展はないのだ。


信念を持って仕事に向かい、失敗を恐れず実行するところに、人間としての前進や企業の発展が生まれる。皆の考えではない。これは自分の考えだと自信を持って言える仕事は必ず成功する。そしてそのような仕事こそ後世まで残るのである。


河合滉二の経歴・略歴

河合滉二、かわい・こうじ。日本の経営者。「サッポロビール」社長。東京帝国大学経済学部卒業後、サッポロビールの前身「大日本麦酒」に入社。途中軍役を経験したのち、九州支店長、大阪支店長、常務、専務などを経て社長就任。

他の記事も読んでみる

いぬかいはづき

英語は今や「身につけていて当然」の語学。他の人とキャリアの差をつけるにはプラスアルファの語学スキルが必要。アジア圏で通用する中国語の習得を目指すと心強い武器になるでしょう。


尾本一明

朝の始業時間前は集中して勉強できます。シーンと静まり返っているため、集中できて勉強がはかどります。また、朝礼までと時間の制限もあり、集中力は高まります。


樋口武男

経営者が社員の倍以上働くのは当たり前。


坂本孝

ビジネスのヒントは業種、業界に関係なく潜んでいる。


水野泰三(経営者)

元プロ選手を積極的に雇っているのは「専門的な販売員」を持とうという一環です。ウチほどやっているところはないんじゃないかな。元プロともなると説得力が違うし、子供なんかはその人を目当てに来店しますしね。そういう差別化はどんどんしていきたいと思います。


石川康晴

お互い意見を交わしながら、最終的な意思決定をしていくのがリーダーのあるべき姿なのではないかと思っています。


ミゲル・マッケルビー

いま人々の間で新しい何かが生まれようとしています。仕事や職場環境、人とのつながりに対する考え方も大きく変わっていくでしょう。我々はその変化の手助けをしたいのです。


小池龍之介(小池龍照)

人は、不安でビクビクしたり、堅張していたりすると、冷静な判断ができなかったり、能力を充分に発揮できなくなるものです。つまり不安を抱くことで、自分のパフォーマンスを落としてしまうことになってしまうのです。


久保正行

説得も最初の対応がきわめて重要です。「上司は一度却下したものを再び見直すことはない」と考え、慎重に準備をしてから挑む必要があります。


工藤啓

企業と組む時は、相手のポジションやニーズに合わせることを強く意識します。例えば、企業側が広報部主導であれば、活動が社会に広く認知される方法を提案する。目標達成を重視する風土の企業であれば、数値目標を達成することを第一にして動きます。


徳重徹

人生を一回チャラにするつもりで29歳のときに会社をやめました。
【覚書き|サラリーマンを辞めて起業家になることを決意した当時を語った言葉】


松下幸之助

なんとしても二階へ上がりたい。どうしても二階へ上がろう。この熱意がハシゴを思いつかせ、階段をつくり上げる。上がっても上がらなくてもと考えている人の頭からは、決してハシゴは生まれない。


豊島逸夫

一般の人に言いたいのは、「有事の金」なんていうセールストークにうっかり乗っちゃいけないよ、ということです。私の経験から言うと、有事の反対、平時のときにコツコツためて、有事のときに備えるのが金の本筋です。


大澤成行

いまは社員が育ち、その結果、会社が大きくなっていくことが、本当に楽しみに思えます。ゆくゆくは成長した部下たちに関連会社の社長になってもらい、グループ全体を成長させてもらいたい。それが私の夢です。


寺尾玄

私が様々なことに果敢にチャレンジできるのは、自分に自信があるからではありません。うまくいかなくても「それでも生きていける」と思っているからです。そんなことを学んだ海外放浪の旅は、高校を辞めるという「17歳の決断」から生まれました。今にして思えば、あの時の決断は間違っていなかったように思えます。