名言DB

9425 人 / 110833 名言

河合滉二の名言

twitter Facebook はてブ

河合滉二のプロフィール

河合滉二、かわい・こうじ。日本の経営者。「サッポロビール」社長。東京帝国大学経済学部卒業後、サッポロビールの前身「大日本麦酒」に入社。途中軍役を経験したのち、九州支店長、大阪支店長、常務、専務などを経て社長就任。

河合滉二の名言 一覧

サラリーマン人生を面白くしたいなら、与えられた持ち場ごとに、ひとつでもいいから、「あれは私がやったんだ」と言える仕事をやるように努力することだ。先例に従って、そつなく仕事をこなすだけでは後に何も残らない。振り返ったとき、さびしいと思うよ。


見せかけだけの和はいらない。


私の好きな豊臣秀吉も努力の人である。彼は自分に与えられた仕事の中で、常に最善を尽くして一歩一歩のし上がり、ついには天下人にまでなった。現代のサラリーマンは、自分は何も努力せずに上司が認めてくれないと嘆く。あるいは、給料や待遇といった目先のことばかり考えている若い人も多い。自分本位の甘ったれなのだ。総じて現代人は賢くなったようだ。そつのない平均点人間が多すぎる。だから人生も平板で、ひとたび乱があると動揺して対処できなくなる。


頭角を現す人は必ず人目につかないところで励んでいる。人生は努力の積み重ねてあり、その努力の源泉となるのは、常に進歩を求める心である。努力は必ず充実感へとつながってくる。日々平穏ではなく、日々充実感のある人生こそ本物ではないだろうか。そつのない平均点人間を今日の企業はもはや求めてはいないのである。


真の「人の和」は、努力する人間集団の中から生まれる。そして、言い古された言葉ではあるが、フェア・プレイ、ファイティング・スピリット、フレンド・シップのスリーFこそ、現代の若者たちに身に着けてほしいと思うのである。


私は「和」の正しい意味を旧制高校時代の柔道生活から学んだ。柔道は一対一で力と力をぶつけ合い、技を競い合うスポーツである。そこにはむき出しの闘志があるだけだ。馴れ合いでやっていたなら、それは柔道ではなく、他人にはダンスのように見えてしまうだろう。そして試合が終わった後に充実感。互いに相手の技量を認め、さらに切磋琢磨を誓う。あれだけ虚心坦懐に人間関係が発生し、「和」の生まれるスポーツはない。


和をもって貴しとなすという言葉をはき違えて、和とは人とぶつからないこと、事なかれ主義のことだと思っている人が多いのには困った。万事そつなくいったり、いさかいをしないことが人の和だと単純に考えている人もいるようだ。また、他人のミスを互いにカバーしあうことが、和であると思い込んでいる人もいる。和とはそうした表面的なものではない。


企業における人間集団の「和」とは、互いに過ちをかばいあうといった、うわべだけの優しさや甘えではないと思う。馴れ合いだけで仕事をしていると、各人の欠点が是正されないで過ぎてしまう。こうした人間が多くなると、企業の存亡にもかかわってくるのだ。


時には意見をぶつけ合い、徹底的に討論をする。あるいは、あるがままの自分をさらけ出して他人に見てもらう。個性と個性がぶつかり合って、やがて互いに胸襟を開いたところに、はじめて本当の「和」が生まれるのだ。見せかけだけの和はいらない。最初から馴れ合っている人間には発展はないのだ。


信念を持って仕事に向かい、失敗を恐れず実行するところに、人間としての前進や企業の発展が生まれる。皆の考えではない。これは自分の考えだと自信を持って言える仕事は必ず成功する。そしてそのような仕事こそ後世まで残るのである。


河合滉二の経歴・略歴

河合滉二、かわい・こうじ。日本の経営者。「サッポロビール」社長。東京帝国大学経済学部卒業後、サッポロビールの前身「大日本麦酒」に入社。途中軍役を経験したのち、九州支店長、大阪支店長、常務、専務などを経て社長就任。

他の記事も読んでみる

所眞理雄

井深大さんには「君は今、何をやっているの?」とよく話しかけられました。何気ないひと言ですが、そう言われると研究者はやる気になるんです。


岡崎良介

もちろん、買いと言ったのに下がったということもあるかもしれない。しかしそれはデタラメではなく、データに基づいて7割の確率で買いと言ったが、3割の裏が出たということだと、なんとか分かってくれる。説教みたいなのはちょっとね、というのが現代の、情報が氾濫している時代の個人投資家の正直なところだと思います。


ゲーリー・ベッカー

人に何か新しいことをさせるには、やった方が得だと思える何かを示さなければいけません。


大山健太郎

アイリスは年に2回の賞与とは別に年に1度、決算賞与が支給されます。営業利益の4%を原資として、リーダー以上の社員で分配します。これはリーダー以上の社員だけで、一般社員はもらえません。一般社員のモチベーションが下がるのではないかと思う方もいるかもしれませんが、むしろ逆です。必死になってリーダーを目指します。リーダーという職階は、大卒で5~10年で昇進する職階です。絶対になれない階級ではないという点がポイントです。対象者が極端に限られると士気が下がる。その一方で全員に支給すると、目指すべき目標が薄まってしまう。ゆえに、対象を絞りつつも、みんなが目指せる地位にまで裾野を広げています。


高田明(ジャパネットたかた)

今後、日本の人口が減っていき、市場がどんどん縮小すると言われますが、提案の仕方次第で、商品を2倍3倍と売り伸ばすことはいくらでも可能だと思います。これからは海外進出だ、という企業は多いですが、私はまだ、日本でやりたいことがいっぱいあります。


熊谷正寿

ビジネスを和訳すると、商売じゃない。ましてや金儲けでもない。ビジネスは戦(いぐさ)だ。


柳川範之

経済学は、過去や想定される未来を踏まえて意思決定する手法を体系化させた学問です。「お金儲けのための学問」と思われがちですが、ここ20年の間に、「行動経済学」「経済心理学」といった分野が発達し、人の心理に踏み込んで研究が進められるようになって内容は大きく変わりました。人の生き方を探るうえで様々なヒントを得ることができる。一般の人も、経済学の考え方を使わないともったいないというのが私の持論です。


渋沢栄一

事を成し、物に接するには、必ず「満身の精神」をもってせよ。ささいな事であっても、いい加減に扱ってはならない。


寺田千代乃

人が生きていくうえで、何らかの生きがいを持つことは大切ですが、それにはまず手の届く目標を立てることが必要でしょう。ですから私はどんな小さなことでもいいから自分なりの目標を持ちなさいと言います。それをクリアできた時の気分を味わってほしい。それは次の目標へのステップともなり、ひいては生きがいにつながると思うから。


小林一雅(小林製薬)

開発・生産・マーケティング・営業、全ての面で同じことを、同じように長い期間続けることがないようにして、「小林製薬は何をするかわからない」ということを小林製薬の魅力としたいと考えています。