名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

河合滉二の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

河合滉二のプロフィール

河合滉二、かわい・こうじ。日本の経営者。「サッポロビール」社長。東京帝国大学経済学部卒業後、サッポロビールの前身「大日本麦酒」に入社。途中軍役を経験したのち、九州支店長、大阪支店長、常務、専務などを経て社長就任。

河合滉二の名言 一覧

サラリーマン人生を面白くしたいなら、与えられた持ち場ごとに、ひとつでもいいから、「あれは私がやったんだ」と言える仕事をやるように努力することだ。先例に従って、そつなく仕事をこなすだけでは後に何も残らない。振り返ったとき、さびしいと思うよ。


見せかけだけの和はいらない。


私の好きな豊臣秀吉も努力の人である。彼は自分に与えられた仕事の中で、常に最善を尽くして一歩一歩のし上がり、ついには天下人にまでなった。現代のサラリーマンは、自分は何も努力せずに上司が認めてくれないと嘆く。あるいは、給料や待遇といった目先のことばかり考えている若い人も多い。自分本位の甘ったれなのだ。総じて現代人は賢くなったようだ。そつのない平均点人間が多すぎる。だから人生も平板で、ひとたび乱があると動揺して対処できなくなる。


頭角を現す人は必ず人目につかないところで励んでいる。人生は努力の積み重ねてあり、その努力の源泉となるのは、常に進歩を求める心である。努力は必ず充実感へとつながってくる。日々平穏ではなく、日々充実感のある人生こそ本物ではないだろうか。そつのない平均点人間を今日の企業はもはや求めてはいないのである。


真の「人の和」は、努力する人間集団の中から生まれる。そして、言い古された言葉ではあるが、フェア・プレイ、ファイティング・スピリット、フレンド・シップのスリーFこそ、現代の若者たちに身に着けてほしいと思うのである。


私は「和」の正しい意味を旧制高校時代の柔道生活から学んだ。柔道は一対一で力と力をぶつけ合い、技を競い合うスポーツである。そこにはむき出しの闘志があるだけだ。馴れ合いでやっていたなら、それは柔道ではなく、他人にはダンスのように見えてしまうだろう。そして試合が終わった後に充実感。互いに相手の技量を認め、さらに切磋琢磨を誓う。あれだけ虚心坦懐に人間関係が発生し、「和」の生まれるスポーツはない。


和をもって貴しとなすという言葉をはき違えて、和とは人とぶつからないこと、事なかれ主義のことだと思っている人が多いのには困った。万事そつなくいったり、いさかいをしないことが人の和だと単純に考えている人もいるようだ。また、他人のミスを互いにカバーしあうことが、和であると思い込んでいる人もいる。和とはそうした表面的なものではない。


企業における人間集団の「和」とは、互いに過ちをかばいあうといった、うわべだけの優しさや甘えではないと思う。馴れ合いだけで仕事をしていると、各人の欠点が是正されないで過ぎてしまう。こうした人間が多くなると、企業の存亡にもかかわってくるのだ。


時には意見をぶつけ合い、徹底的に討論をする。あるいは、あるがままの自分をさらけ出して他人に見てもらう。個性と個性がぶつかり合って、やがて互いに胸襟を開いたところに、はじめて本当の「和」が生まれるのだ。見せかけだけの和はいらない。最初から馴れ合っている人間には発展はないのだ。


信念を持って仕事に向かい、失敗を恐れず実行するところに、人間としての前進や企業の発展が生まれる。皆の考えではない。これは自分の考えだと自信を持って言える仕事は必ず成功する。そしてそのような仕事こそ後世まで残るのである。


河合滉二の経歴・略歴

河合滉二、かわい・こうじ。日本の経営者。「サッポロビール」社長。東京帝国大学経済学部卒業後、サッポロビールの前身「大日本麦酒」に入社。途中軍役を経験したのち、九州支店長、大阪支店長、常務、専務などを経て社長就任。

他の記事も読んでみる

小倉広

尊敬されない上司のパターンのひとつは、「仕事にも人にも優しい」、つまり部下に甘いタイプ。部下が失敗しても「大丈夫だよ」といたわり、課題解決は先送り。部下は一時的には上司に好感を持ちますが、成果は上がらず、組織も立ち行かなくなります。部下も徐々に「この人はただ調子が良いだけなのでは?」と気づき、最終的にはナメられてしまうわけです。


松下幸之助

真実を語れば、昨日言うたこととまるっきり変わったことでも、それは説得力がある。


主藤孝司

ヒット商品は「足し算の法則」で作っていく。足し算型商品は、「冷麺+ちゃんぽん=冷やしちゃんぽん」「金融+IT=フィンテック」など。一方、「引き算の法則」は大化けするヒットの原動力である。引き算型商品は、「床屋-洗髪=QBハウス」「おにぎり-握る=おにぎらず」など。「足し算」と「引き算」のハイブリッドでヒットを作るのである。


岩崎裕美子

できるかどうかは社長の本気度次第です。時短や女性活用も社長の気持ち一つです。社員からいろんな提案が出されても、OKしてあげられなければ意味ないですから。


中村太一(経営者)

リカバリーウェアを当初、医療関係者に売り込んでいたのですが、これが大手スポーツジムの関係者の目に留まりました。「アスリートは疲労がたまり、身体はボロボロ。これで疲労回復するのであれば、うちのジムの売店で販売したい」。スポーツの世界では休養が大事で、このウェアも大反響でした。今ではスポーツ売り場の一角に陳列されるようになりました。


宮内誠

人脈を大事にしながら、他社が積極的に取り組まなかった地域やアジアに乗り込んで地道に事業を積み上げて来ました。


嶋田卓彌(嶋田卓弥)

私がミシン事業に頭を突っ込んでから30年、私より優れた才能を持つ多くの先輩や同僚の助けによってここまで来た。蛇の目が今日あるのは同志たちのチームワークの成果なのだ。


内藤誼人

筋力トレーニングを毎日すると、その成果が目に見えて現れます。身体を鏡で見たとき、スリムになって、筋肉がついていくのが実感でき、「オレはやればできるんだ」と自己肯定感が生まれる。それがその人の自信、強さになります。


ターレス今井

どんな会社の営業担当者も、買おうとするお客にもっとも多くの情報を提供するもの。ですから、会社が機器や備品を購入しようとする場合、自分が担当者となって見込み客となり、営業担当者と接するのです。そうすれば、一個人では入手不可能な詳しい新製品の情報や市場動向も、スムーズに聞き出せますよ。


阿部観

高校時代は、ただひたすら野球に打ち込む日々でした。その中でレギュラーになるためには何かを犠牲にするしかなかった。毎日朝5時から夜11時まで練習。しかし、それをしているだけでは他の人と同じで、前に出ることはできない。だから自分の時間、休む時間を削って自主練習する。そういう努力をするから抜きん出ることができる。


孫正義

人々の暮らしをより豊かにし、幸せを提供するのがソフトバンクの真の目的。


アラン(哲学者)

悲観主義は気分によるものであり、楽観主義は意志によるものである。