名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

河合利樹の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

河合利樹のプロフィール

河合利樹、かわい・としき。日本の経営者。「東京エレクトロン」社長。大阪府出身。明治大学経営学部卒業後、東京エレクトロンに入社。事業企画部長、欧州ビジネスユニットマネジャー、執行役員、副社長などを経て社長に就任。

河合利樹の名言 一覧

「社員がワクワクして躍動し、夢と活力に満ちた会社」を将来にわたって追求し続けること、これは当社が考える成長の土壌。


会社が成長するときに最前線で戦うチャンスを与えてもらった。次世代にも、自分の20~30代の頃のように挑戦できる場を与えたい。


従業員への投資はとても大事。企業としては株主をはじめとするステークホルダーへの還元や社会貢献も重要ですが、私としては従業員にも幸せになってもらいたい。


一喜一憂はしないと決めています。中長期的には、半導体業界が成長するのは間違いありませんから。


四半期単位で受注を評価するのは短期的すぎる。付加価値を追求していくには、より長期的な視点が必要。投資家の皆様には、中計の進捗率などで判断していただきたい。


これからの時代は、自社だけではなく、業界全体の発展が不可欠。


社員が会社や自身の成長に向けて新たなものへチャレンジすることを会社がサポートすると同時に、成果に対して公正な報酬を与えることが大事。


お客さまからの絶対的な信頼と技術力が、当社の最大の強み。


入社以来、毎日上司と一緒になって、がむしゃらに働いてきた。


半導体業界は技術革新がものすごく速いという特徴がある。ここの変化にしっかり対応していくことが大事であり、そういう社風を大事にしている。一時的なスポット価格の変動に左右されず、コア技術が生かされ、技術革新が期待でき、市場の成長が見込まれるところにしっかり入っていきたい。


製造装置というのは参入障壁の高い領域で、単なる機械ではなく、ハードウェア、ソフトウェア、プロセス技術など、長年のノウハウの蓄積が必要。当社には多岐にわたる技術があるので、我々の技術が生かされ、技術革新が期待でき、市場の成長が期待できるところに注力していく。


従業員の頑張りに報いるためには利益を生み出し続けないとダメです。独創的な提案で付加価値を生み出していくしかない。そして成果が出たら、頑張っている社員に対しては手厚く報いていきます。そうでない社員にはきちんと反省してもらいつつ、再度チャンスを与えるというような新人事制度を導入しました。


経営統合は白紙になりましたが、準備の中で多くの気づきがありました。AMAT(アプライド・マテリアルズ)からはグローバル企業としての姿を学びました。中でも欧米企業ならではの、利益への徹底的なこだわりからは大いに刺激を受けましたね。


企業経営のあるべき姿は、お客さまとともにビジネスの価値を高め、より高いリターンを得て、株主さま・社員をはじめとしたステークホルダーに公平に分配すること。


私が社長になってから組織を大きく変えています。機動性を高めるために開発生産グループを再編したほか、長期的な視点を持つために技術戦略本部を強化しました。財務戦略の強化に向けてCFO(最高財務責任者)の役職も設置しました。これからも常に選択と集中を続け、優秀な人材を付加価値が生みだせる領域に回していくことで成長していきたい。


最終的に統合契約は解消になったが、米アプライドマテリアルズとの統合作業を通じて、実に多くのことを学んだ。当社がお客様から絶対的な信頼を得ているということや技術力に対する自信を持った。一方で欧米流のグローバルな人材の活用や利益に対する徹底的なこだわりを学び合うことができた。統合計画がキャンセルになったことで、社員も自分たちがしっかりやらないといけないというモチベーションを高めてくれた。


河合利樹の経歴・略歴

河合利樹、かわい・としき。日本の経営者。「東京エレクトロン」社長。大阪府出身。明治大学経営学部卒業後、東京エレクトロンに入社。事業企画部長、欧州ビジネスユニットマネジャー、執行役員、副社長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

栗木契

理論とは失敗をしないためのツールだということであって、成功を保証するツールだということではないことに注意しなければならない。


葛西敬之

地図のない道を行く方が得意な人は多くありません。一方で地図があって交通信号がある道を進む方が得意な人はたくさんいます。両方のタイプの人がいてはじめて、会社は回っていくわけです。


高谷慎太郎

ダーツライブでは成長意欲の強い社員が多く、実際に周囲はどんどん進化していきますので、それに取り残されないようにとさらに頑張るのでしょうね。そうした個人の成長が、ダーツライブの成長や業績に繋がっていると考えています。会社としても、社内研修の他、希望者は外部の講習会やセミナーにも参加できるよう、最大限に配慮して、個人の成長を支援しています。


木南陽介

環境問題は多岐にわたるので、すべてを一企業でやることはできません。これが廃棄物を出す企業と処理業者とのマッチングというビジネスモデルを作る契機でした。従来は様々な大企業が自社の環境部門を持って対応をしていました。しかし競合他社との情報交換をしないので自社だけのノウハウで止まっていることが多かったのです。そこで我々はまずデータベースを作り、そこに廃棄物処理事業者、リサイクル事業者などの様々な技術を持っている会社の登録を先に進めて、どんな問い合わせにも対応できる体制を作りました。その積み上げた情報を企業に提供できるのです。


岡崎富夢

大切なのはやっぱりビジョンを語ることでしょうか。この事業で会社を変える、さらに住宅業界を変えるというビジョンを語り、リーダーがそれを本気で目指していることが伝わると、仲間も集まります。


深野康彦

資産運用で大損失を出したとき、一番やってはいけないことは「運用で取り戻す」こと。想像を超える損失を挽回するためには、どうしてもハイリスク・ハイリターンを狙うことになります。リスキーな運用に手を出すしか取り戻す術がないとなると、勝ちの目は限りなく小さくなる。勝率はせいぜい数%程度といったところでしょう。


岩本哲夫

会社の盛衰は人で決まる。


佐藤オオキ

過剰な装飾は必要ない。個性をかき消すことこそが、特徴を際立たせることにもつながる。


相原孝夫

評判が良い人とは、部下を叱らなかったり、ジョークや自己アピールが上手だったりする人ではありません。それはただの「いい人」や「面白い人」にすぎません。ましてや他の人の顔色ばかりうかがっていると逆効果になります。職場での人望とは、あくまで仕事に取り組むプロセスから生じます。


間塚道義

意地でもやり抜く。
【覚書き|スーパーコンピュータ「京」の予算が事業仕分けで削られ、存亡の危機に瀕したときの発言】


尾崎世界観

本当に書きたいのは「なんでもない日」なんです。日記を書いているうちにだんだんと、なんでもない日にこそ、未来に繋がる何かが起きているんだと思えるようになってきたんですよね。


滝一夫

常に新しいことをやり続けることに尽きます。20年前のタキヒヨーは、卸問屋でした。でもそのまま卸問屋を続けていたら、生き残ってはいなかった。20年前には問屋無用論が言われ始めていました。そこで当社も専門量販店への商品供給へと、意図的にシフトした結果が今日につながっています。