河合利樹の名言

河合利樹のプロフィール

河合利樹、かわい・としき。日本の経営者。「東京エレクトロン」社長。大阪府出身。明治大学経営学部卒業後、東京エレクトロンに入社。事業企画部長、欧州ビジネスユニットマネジャー、執行役員、副社長などを経て社長に就任。

河合利樹の名言 一覧

「社員がワクワクして躍動し、夢と活力に満ちた会社」を将来にわたって追求し続けること、これは当社が考える成長の土壌。


会社が成長するときに最前線で戦うチャンスを与えてもらった。次世代にも、自分の20~30代の頃のように挑戦できる場を与えたい。


従業員への投資はとても大事。企業としては株主をはじめとするステークホルダーへの還元や社会貢献も重要ですが、私としては従業員にも幸せになってもらいたい。


一喜一憂はしないと決めています。中長期的には、半導体業界が成長するのは間違いありませんから。


四半期単位で受注を評価するのは短期的すぎる。付加価値を追求していくには、より長期的な視点が必要。投資家の皆様には、中計の進捗率などで判断していただきたい。


これからの時代は、自社だけではなく、業界全体の発展が不可欠。


社員が会社や自身の成長に向けて新たなものへチャレンジすることを会社がサポートすると同時に、成果に対して公正な報酬を与えることが大事。


お客さまからの絶対的な信頼と技術力が、当社の最大の強み。


入社以来、毎日上司と一緒になって、がむしゃらに働いてきた。


半導体業界は技術革新がものすごく速いという特徴がある。ここの変化にしっかり対応していくことが大事であり、そういう社風を大事にしている。一時的なスポット価格の変動に左右されず、コア技術が生かされ、技術革新が期待でき、市場の成長が見込まれるところにしっかり入っていきたい。


製造装置というのは参入障壁の高い領域で、単なる機械ではなく、ハードウェア、ソフトウェア、プロセス技術など、長年のノウハウの蓄積が必要。当社には多岐にわたる技術があるので、我々の技術が生かされ、技術革新が期待でき、市場の成長が期待できるところに注力していく。


従業員の頑張りに報いるためには利益を生み出し続けないとダメです。独創的な提案で付加価値を生み出していくしかない。そして成果が出たら、頑張っている社員に対しては手厚く報いていきます。そうでない社員にはきちんと反省してもらいつつ、再度チャンスを与えるというような新人事制度を導入しました。


経営統合は白紙になりましたが、準備の中で多くの気づきがありました。AMAT(アプライド・マテリアルズ)からはグローバル企業としての姿を学びました。中でも欧米企業ならではの、利益への徹底的なこだわりからは大いに刺激を受けましたね。


企業経営のあるべき姿は、お客さまとともにビジネスの価値を高め、より高いリターンを得て、株主さま・社員をはじめとしたステークホルダーに公平に分配すること。


私が社長になってから組織を大きく変えています。機動性を高めるために開発生産グループを再編したほか、長期的な視点を持つために技術戦略本部を強化しました。財務戦略の強化に向けてCFO(最高財務責任者)の役職も設置しました。これからも常に選択と集中を続け、優秀な人材を付加価値が生みだせる領域に回していくことで成長していきたい。


最終的に統合契約は解消になったが、米アプライドマテリアルズとの統合作業を通じて、実に多くのことを学んだ。当社がお客様から絶対的な信頼を得ているということや技術力に対する自信を持った。一方で欧米流のグローバルな人材の活用や利益に対する徹底的なこだわりを学び合うことができた。統合計画がキャンセルになったことで、社員も自分たちがしっかりやらないといけないというモチベーションを高めてくれた。


河合利樹の経歴・略歴

河合利樹、かわい・としき。日本の経営者。「東京エレクトロン」社長。大阪府出身。明治大学経営学部卒業後、東京エレクトロンに入社。事業企画部長、欧州ビジネスユニットマネジャー、執行役員、副社長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

増田紀彦

肝心なのは「やってみなければわからない」ということ。


はあちゅう(伊藤春香)

昔の私はとても引っ込み思案で、男の子に話しかけることすら予行練習をしていたくらいでした。人生が楽しくなくて、悩んでばかりで。その頃の私に、「ちょっと自分を変えるだけで人生は楽しくなるんだよ」と教えてあげたい。ずっと、そんな思いで本を書いてきました。


ジョン・ベンダー

知的財産権を伴う製品を作るのでなければ、やがては企業の利益がゼロになります。インターネットはビジネスにおける参入障壁を低めました。知的財産を除けば競争に際限がありません。いまや誰でも最低限のコストでウェブサイトを立ち上げ、充実したインフラを有する老舗企業と同じ製品を売ることが出来ます。宅配業者を使えば、マーケット部門も流通センターも必要ありません。


山田敏夫

出荷価格も工場に決めてもらいます。それも「しっかり利益を取ってください」と伝えたうえで、です。


榎本博明

自分がやっていることに意味が見いだせないほど虚しいことはありません。多くのビジネスパーソンが抱えるモヤモヤは、この無意味感から生まれています。このことから目を背けて仕事を続ければ、何年かたったときにきっと後悔することになるでしょう。それは損以外の何物でもありません。


奥島孝康

最高の人生とは、生涯、少年の心を保ち続けることにある。


ジャック・マー(馬雲)

成功にはいろいろな要因がありますが、失敗の要因は数多くありません。ですから他企業の失敗から学ぶことが大切。それを回避できれば、生き残るチャンスや道のりが見えてくる。


國貞文隆

情報収集というのは、やたらめったら情報を集めればいいというものではありません。あれもこれもと情報を集めていても、それが自分の仕事とまったく関係がなかったり、関係が薄いものであれば、無駄になってしまいます。サラリーマンにおける情報収集というのは、自分の仕事に生かすためにするものです。つまり、自分の仕事において何が必要かということを明確にする必要があります。


ポール・シーリィ

現状を把握し、ほんの小さなステップを踏み出すことで、必ず何かが変わります。その小さな何かによって、物事が開けてくるのです。


伊藤邦雄

ガバナンスは経営の透明性を高め、資本生産性を改善し、稼ぐ力を高めるためにある。既に自ら律する経営ができているのなら、独自のやり方があってもいい。ただし、重要なのは形ではなく、経営トップ層が社外の意見にどれだけ傾聴の姿勢を持っているかだ。


宿澤広朗

そのボールを取る人間が、良いタイミングで走り、良いポジションに位置する事は、誰にでも出来る事ではなく、それは練習によってのみ、なし遂げられるのである。たったあの一度の場面のために、1年間練習したと言っても決して過言ではあるまい。


飯島彰己

人への投資は事業への投資以上に力を入れてい<。人さえ鍛えておけば、大きな変化があっても持続的な成長を続けていけるからだ。


池田清彦

不思議なもので、部下に厳しい人や話を聞かない人って、そこそこの役職には就いても、トップに立つことはない。僕の周りの大学教授を見てみても、早く偉くなった人ほど、ちゃんと周りの話を聴いているんだよ。つまり、出世と人望は比例するってこと。


樋口武男

グローバル時代と言うのであれば、その物差しもグローバルで計らなければいけません。


成毛眞

本の同時並行読みは、脳の異なる部分を同時に刺激するので脳の活性化にもいい。発想がとても豊かになるんです。予定調和をぶち壊すためにも、同時並行読みはお勧めです。


ページの先頭へ