名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

河原春郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

河原春郎のプロフィール

河原春郎、かわはら・はるお。日本の経営者。「JVCケンウッド」会長。東京大学工学部卒業後、東芝に入社。取締役総合企画部長委嘱、常務取締役、顧問などを経てケンウッドに入社。同社社長・会長を務めた。

河原春郎の名言 一覧

自分たちがやっていることは、前に向かうための作業なんだと分かると人の意欲は必ず高まる。


私が大事にしたことは、自分たちは今、何をしているのか分かるようにすること。


改革を成功させるためには、社員のモチベーションが何より重要。


事業を取捨選択する時だけは自らの判断を貫きましたが、それ以外では、社員が送ってくれた提言はできるだけ会社の戦略に採り入れるようにも心がけました。


社員とコミュニケーションをどう図るかは経営者にとって最も大切な仕事。とりわけリストラのような苦しい局面は、社員との対話なしに、絶対に乗り越えることはできない。


私は、平凡かもしれませんが、社員と徹底してコミュニケーションを取り続けました。「CEOへのメール」をイントラネットに設け、来たものはすべて自ら返信しました。技術者の中には、リストラによって今までの担当を離れ、別の事業に異動して勉強し直してもらった人もたくさんいます。そういう人たちのためにも、私が今、何を考えているか、できる限り発信しなければいけないと思っていました。


ケンウッドでは、まだ市場が成長していた携帯電話事業から撤退し、家庭用オーディオ事業も縮小。カーナビなど車載エレクトロニクスや無線といったものに力を注ぎました。いずれも成長するためでした。携帯電話事業は当たれば、売り上げと利益が大きく伸びますが、うまくいかないと損失も大きい。一方、車載や無線などは、伸びがなさそうに見えても力を集中すれば、安定的な収益を上げられる。一見すると、縮小均衡のように映るかもしれませんが、実際は成長を目指す改革なのです。赤字を垂れ流していたテレビ事業を大幅縮小したビクターとの統合後の改革も同じです。


2度のリストラの中でも、私が当初から掲げていた基本戦略は「成熟産業でも成長する」ことでした。成熟して伸びないと言われる分野でも、特定の事業に力を集中したり、他社と再編することでシェアを高めれば成長できるという考えです。


河原春郎の経歴・略歴

河原春郎、かわはら・はるお。日本の経営者。「JVCケンウッド」会長。東京大学工学部卒業後、東芝に入社。取締役総合企画部長委嘱、常務取締役、顧問などを経てケンウッドに入社。同社社長・会長を務めた。

他の記事も読んでみる

新地哲己

あらゆる経験をした人間は絶対に優位に立つ。


中山素平

私利私欲の人、自己顕示の人は全然評価しない。大きなスケールでものを考える人は、右であれ、左であれ、共感を覚える。
【覚書き|交友関係が広く、主義や立場を超えた人付き合いを行っていたため、ゲテモノ食いというあだ名がつけられていた。そのことについてどう思っているかと問われての発言】


遠藤功

すぐに花が咲き、実がなることは稀だ。でも、種を蒔かなければ、絶対に花は咲かない。必ず花が咲くと信じて、動き続けたことが実を結んだ。


中井政嗣

千房は他のお好み焼店と比べると、一割ほど値段が高い。しかし、いい素材、いいサービス、いい接客を提供しているのだから、これは適正価格だ。それなのに、もしお客様に「高い」と感じさせてしまうのなら、それは店側に何か問題がある。清掃は行き届いているか、接客は充実しているか、スタッフの立ち居振る舞いや髪型はどうか。お客様が不満に思われる何かがあったとき、「高い」という言葉が出てくるのだ。


藤巻幸夫(藤巻幸大)

人生を楽しんでいる人たちに共通しているのは、「失敗談を語れること」。できる人間は、できなかった経験もたくさんしている。


丸谷智保

北海道のコンビニ業界も人口減少による総需要の落ち込みと店舗の過剰感という問題に直面しています。コンビニ業界のフロンティアだった北海道は、今や限られたパイを奪い合う状況になり、もはや個性のないコンビニは生き残れません。


高久晃(経営者)

土木は世界でも最古の産業の1つと言われるだけあって、各国には独自の商慣習があります。良い仕事をするには、当該国の文化や商習慣への理解が必要だと思うので、そのための時間がかかります。


柚木治

ファーストリテイリングに入社した理由は、お客様に近い仕事がしたかったからです。実家が八百屋で、そこからできるだけ遠ざかろうと、でかい組織や商社マンに憧れて大学卒業後は伊藤忠商事に入社しましたが、結局、原点に戻ってきてしまいました。もう一つは本気で「日本発世界一をめざす」と掲げている会社でしたから、そのチームの一員でやりたかったのです。


マーク・マコーマック

それまでにないことができる可能性はあるかもしれないと思った。
【覚え書き|アスリートに対するエージェント事業を思いついたときを振り返っての発言】


鈴木喬(経営者)

ポイントは、物事をできるだけ大局的にとらえ、「勘」を働かせること。「勘」といっても、あてずっぽうの単なる「ヤマ勘」ではなく、現場を知り、経験を積んで磨き上げた「勘」でなければなりません。


澤田秀雄

チャレンジしなければ変化は起きない。変化しないと新しい製品やサービスは生まれてきません。


北尾吉孝

基本概念は「世のため人のため」。顧客中心主義を貫けない企業はいずれ滅んでいく。