名言DB

9412 人 / 110637 名言

河原成美の名言

twitter Facebook はてブ

河原成美のプロフィール

河原成美、かわはら・しげみ。日本の男性経営者。ラーメンチェーン「博多一風堂」などを運営する「力の源カンパニー」創業者。福岡県出身。九州産業大学商学部商学科卒業後、量販店勤務、コック見習いなどを経てレストランバー「アフター・ザ・レイン」を開店。その後、博多一風堂を開店し、同店を全国区の人気店へと成長させた。テレビ東京「TVチャンピオンラーメン職人選手権」3連覇。主な著書に『一風堂の秘密 ラーメン職人河原成美が明かす繁盛店のつくり方』『一風堂五輪書 自分が主人公として生きる河原流人生の極意』『一風堂ドラゴンに挑む!中国に進出した外食企業は何をつかんだのか』ほか。

河原成美の名言 一覧

仕事においても人生においても、最も重要なのは原理原則を知ること。


変わらないために、変わり続ける。


様々なものを食べないと、おいしいものはつくれない。


大きな目標を持つこともまた、運動を続けていくモチベーションになる。


目標と同じくらい大切なのは、オリジナリティだと思います。一風堂の味やスタイルを表面的に真似している店はたくさんあるし、それなりに繁盛しているかもしれません。だけど正直、「カッコ悪いな」と思います。人はみんなオリジナルな人生を送るべき。人真似やコピーが癖になったら、その人独自の生き方もできなくなってしまうと思うんです。


高い目標を設定すれば、当然道は険しくなります。だからこそ、自分が人生を賭けてもいいと思えることに取り組まなくてはいけません。自分を騙して、やりたくないことを無理に続けてはいけません。


僕にとって「カッコよさ」はとても大切な物差しなんです。「自分がカッコ悪いと思うことは絶対にしない」なんて言ったらちょっとカッコよすぎるけど(笑)。


もしいま僕が30代に戻ったらラーメン屋はやらないと思います。かつてのラーメン店が「汚い、怖い、臭い、一人じゃ入りづらい」と言われていたように、人が嫌がるような仕事を選ぶんじゃないでしょうか。それを人が憧れるようなものに変えるような、オリジナリティの高い仕事に取り組むのが、一番カッコいいと思うんです。


飲食店を始めたいという人から相談を受けることがありますが、「月いくら稼ぎたいのか」「どんな店にしたいのか」がハッキリしていない人はまず続きません。成功したいと思うなら、その「成功の形」をハッキリさせることが肝心です。何より明確な目標を持つことです。


目標を持つことの大切さは、若いころから意識していました。26歳で初めて自分の店を持ったとき、「3年後にはもっといい場所に移転させる」という計画を立てました。それから、「30歳で年収1000万円以上稼ぐ」「33歳でもうひとつ店を構える」という目標も立てました。当時の私にはとんでもなく高いハードルです。実現のために必死で働きました。結果、3つの目標をすべてクリアできてそれが大きな自信になりました。


よく、自分を信じることが大切というけれど、素のままの自分ほど信じられないものはありません。自分の中には、楽をしたい自分や虚勢を張りたい自分もいます。とてもそのままで信じられるような奴じゃないですよ。目標を立ててそれを達成していくというのは、そういう多様な自分とコンタクトを取っていく作業なんです。当然、上手くいかないことだってある。でも失敗を重ねながらいろんな自分とやり取りをすることで初めて「自分との信頼関係」ができてくるんです。


真剣に働いている以上、仕事をしながら定期的に運動するなんてそもそも無理な話。だから、多少できなくても、自分を責めず、「ちょっとずつでもやればいいや」と発想を切り替えました。すると、細々とですが、続くようになりましたね。


従業員も含め大分の研修施設で「身体と心を整える、そして自分を見つめ直す」をコンセプトに、1週間から10日間のリセットプログラムを行なっています。食のコーディネーターやヨガのインストラクターなどの専門家の指導のもと、カロリー制限と運動をするというもので、多い人は、10日間で体重が8~9kgも落ちます。これは、単にやせましょうというのではなく、改めて自分と向き合うことで、忙しい中で忘れかけている本当の自分に出会ってもらいたい、という意図で行なっているものです。


河原成美の経歴・略歴

河原成美、かわはら・しげみ。日本の男性経営者。ラーメンチェーン「博多一風堂」などを運営する「力の源カンパニー」創業者。福岡県出身。九州産業大学商学部商学科卒業後、量販店勤務、コック見習いなどを経てレストランバー「アフター・ザ・レイン」を開店。その後、博多一風堂を開店し、同店を全国区の人気店へと成長させた。テレビ東京「TVチャンピオンラーメン職人選手権」3連覇。主な著書に『一風堂の秘密 ラーメン職人河原成美が明かす繁盛店のつくり方』『一風堂五輪書 自分が主人公として生きる河原流人生の極意』『一風堂ドラゴンに挑む!中国に進出した外食企業は何をつかんだのか』ほか。

他の記事も読んでみる

藤沢久美

やってみてわかったのですが、その瞬間その瞬間にひとつの仕事に集中できたときって、とっても気持ちがいいんですよ。全力疾走した充実感が、まるでスポーツをやったあとのようで。


松本大

仕事に面白味を感じられるかどうかは、自分から楽しもうとしているかどうかの差でしょう。


牛島信

リーダーは黙っていても行動する。そのリーダーが行動してかそこから多くのフォロワーが生きていく意義を見つけることができる。


能町光香

接待のお店選びをするときに、お店のリサーチをしておくことが大切です。私は以前、会社の移転でオフィスが移った際、新オフィス近くの目ぼしいレストラン20~30件にアポイントを入れ、「今後、接待で使わせていただくかもしれない」という旨を伝え、店内を見せていただいたことがあります。外国の方の場合、料理がおいしくても空間が狭いと苦痛になってしまうことがあります。接待の内容や相手によっては、個室よりも開放感のあるところをパーテーションで仕切っていただくほうが良い場合もあるので、そういったことが可能か事前に確認しておくのです。もちろん、お店の方と面識ができることでその後のやり取りがしやすいという利点もあります。


伊東明(心理学者)

気にしすぎに陥った場合、いったん思考を停止するのが効果的です。スポーツ選手の間でよく利用されているのは、手首に輪ゴムを巻いておく方法。ネガティブな思考が働きだしたら、手首の輪ゴムをパチンとはじきます。その痛みで自分が有害な気にしすぎに陥っていることを自覚し、再びその状態になれば痛みが待っていることを自分に理解させるのです。


吉川英治

この人生は旅である。その旅は片道切符の旅である。往きはあるが、帰りはない。この旅で様々な人と道中道連れになる。それらの人と楽しくスムーズにやっていくには人生のパスポートが大切だ。それはお辞儀とあいさつである。


小暮真久

自分に合った、自分が幸せだと思える働き方をわかるのがまた難しい。会社に入って上司から言われたことだけをやっていたら、はっきりいっていつまでたってもわからないと思います。そういう意味でも、幅広い経験が必要なのです。あれこれやってみるなかで、これは受け入れられる、これは受け入れられない、自分の働き方はこうだという軸が出来上がってくるのです。それはつまるところ、自分は何のためにこの世に生まれてきたのかという哲学的な命題と向き合うということにもつながります。


高原豪久

社長に就任し、私は多くの経営書を読み漁りました。優れた経営書の論旨は、わずか2点に要約できました。ポジショニング(他社との差別化)と、ケイパビリティ(企業が全体として持つ組織的な能力)の重要性です。


本間道博

役員候補性が集められる経営塾で、最も重視されるのは人間力です。CIL(キヤノン・イノベーティブ・リーダー研修)から始まる研修の体系は人間力を鍛えるプロセスです。


田中達也(経営者)

富士通は、自社の環境技術を製品やサービスとして活用するだけではなく、オープンイノベーションを進め、様々な形で活用可能にしていくことが重要であると考えています。世界知的所有権機関が運営する環境技術の移転マッチングの枠組みである「WIPO GREEN」へのパートナーとしての参画もその一環です。200件以上の環境関連知的財産を登録し、積極的な技術移転をグローバルに進めることで、環境技術の普及とイノベーションの促進に寄与していきます。


安宅和人

考える力を身につけたいなら、「アウトプットへの注力」が唯一無二の方法です。アウトプットすればするほど、思考力は上がる。極端な例ですが、インプットゼロでも経験や勘を頼りにできるし、空想もできる。アウトプットありきの姿勢で臨めば、足りない点に気づきやすく、後で知恵が自然と働く。何でもいいから考えたことを吐き出し、可視化させることのメリットは大きいのです。


山田昌弘

昔は家長であるだけで一番上席に座ったものですが、家族サービスをしないで仕事だけに邁進したせいで、すでに家に居場所のない人もたくさんいます。いまや家庭で承認されるにもお金以外の努力が必要なのです。


星野佳路

悩みを解決しようと思うと、その悩み用の教科書を探すんです。本屋へ行くと、「これがもしかしたら、今の自分の課題を解決してくれるかもしれない」なんていう理論に出合うことは、よくあるんですよ。


伊勢谷友介

「人は何で生きているのか」というところは、教えられることだと思うんです。答えに対し納得するにはすごく時間がかかると思います。でも、そのことを教えられないまま成長した大人自身が、今こそ考える時期なんじゃないかと思っているんですよ。


平井一夫

ほとんど出来上がっていた「プレイステーションVITA」のデザインを、もう一度やり直してほしいと言ってひっくり返したことがあります。私がいいと思っていたデザインが間違っていたことがわかったので、自分から詫びて変えて欲しいと頼みました。