名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

河内誠一の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

河内誠一のプロフィール

河内誠一、かわうち・せいいち。洋菓子店「マールブランシュ」などを展開する「ロマンライフ」の創業者。京都出身。同志社大学法経学部卒業後、大手証券会社を経て喫茶店「純喫茶マロン」を開業。同店を繁盛店に育て、ロマンフーズ(のちにロマンライフに社名変更)を設立。

河内誠一の名言 一覧

店の経営は、初めからソロバン勘定ばかりを考えてやっていては長続きしません。お客様に感動を与えることが重要なのです。


経営では感動とソロバンは「51対49」の比率が大切でしょう。私の場合、ともすれば感動の比率が100になってしまい、経営状況を不安定にさせかねないクレイジーな側面もありますが(笑)、商売というのは、それくらいの思いでやらないとダメだということです。


河内誠一の経歴・略歴

河内誠一、かわうち・せいいち。洋菓子店「マールブランシュ」などを展開する「ロマンライフ」の創業者。京都出身。同志社大学法経学部卒業後、大手証券会社を経て喫茶店「純喫茶マロン」を開業。同店を繁盛店に育て、ロマンフーズ(のちにロマンライフに社名変更)を設立。

他の記事も読んでみる

小宮一哲

雨で客が来ないなら、店を閉めてスタッフとラーメン巡りも暇ができたら、新商品が考えられると、思考を一気にポジティブに転換。不運がきたら好機と感じるようになった。


岡倉天心

面白いのは行為そのものではなくて、その行為にいたる経過だ。


高田明(ジャパネットたかた)

昨年はあともう少しで増益だったのに8000万円届かず減益でした。これは覚悟が足りないんだ、と思った。そこで今年は「覚悟の年」という標語を掲げました。言葉だけでは覚悟にならないから、私が辞めると社内外に発信しました。


池本慶且

ビジネスが優先だったら新薬の承認まで漕ぎ着けなかったと思います。それほど採算が合わない事業ではありましたが、逆に言えば、だからこそ大手製薬会社なども手を出せなかった分野であり、日本で唯一の医薬品として承認された次亜塩素酸水を開発できたのかもしれません。


菊入みゆき

褒めてほしいのに上司や会社が褒めてくれないというのであれば、自分で自分を褒めるというのも手。もしくは、褒めてくれる人を作ることもできます。自分から他人を褒めれば、その人が自分を褒めてくれるようになりやすいのです。


松本紹圭

出家とは、ただ既存の社会の外に出ることではないのです。既存の社会と緊密な関係を保ちながら外に居り、なおかつ既存の社会にもインパクトを与えることが大事です。会社を辞めればいいというものでもない。会社という名の既存のムラ社会から価値観のレベルで外に飛び出しながらも、そのど真ん中で生き生きと仕事をしつつ、常に組織に新たな風を送り続けている人。そんな「社内出家者」が、これからの企業でイノベーションを生み、社会変革をリードしていくんじゃないかと思います。


和田秀樹

形式や秩序にとらわれやすい、頑固完全主義的などの傾向が強いとき、人は物事にのめり込みやすく、心に余裕がなくなりがちだ。すると、考え方の幅が狭くなるために、ほかの可能性が考えられなくなってしまう。こうした傾向を、心理学では心理的視野狭窄ともいう。


殿村政明

「面白いヤツは、もともとそういう性格だからじゃないの?」と思う方もいるかもしれないが、実は笑いにはセンスの部分とスキルの部分がある。芸人などにはセンスの部分が重要だが、ビジネスパーソンならば、スキルだけでも十分コミュニケーションを円滑にすることができる。


松下幸之助

逆境、それはその人に与えられた尊い試練であり、この境涯に鍛えられてきた人はまことに強靭である。


盛田昌夫

子供の頃、父・盛田昭夫は何も教えてくれなかった。「昌夫どう思う?」と言って答えを言わない。「自分で考えてみなさい」で終わり。高校時代は英語もしゃべれないまま海外に留学しました。最初はトイレも行けず、ご飯にもありつけない。日本に戻ってくる時も「一番安い方法で帰ってこい」だけでした。でも、それが面白いんですね。それに、やればなんとかなる。おかげで生き延びるために必要な行動力と楽観的な考え方を身につけることができたと思っています。


溝口勇児

成功する人は運がいいのではなく、社会から応援されることをやっているからこそ、顧客から応援され、協力者も得られる。


大田弘子

これだけ変化が激しい時代になると、固定は安定を意味せず、逆に不安定につながります。個々の企業や労働者が自ら変化に対応しやすくすることが重要になります。