名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

河内誠一の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

河内誠一のプロフィール

河内誠一、かわうち・せいいち。洋菓子店「マールブランシュ」などを展開する「ロマンライフ」の創業者。京都出身。同志社大学法経学部卒業後、大手証券会社を経て喫茶店「純喫茶マロン」を開業。同店を繁盛店に育て、ロマンフーズ(のちにロマンライフに社名変更)を設立。

河内誠一の名言 一覧

店の経営は、初めからソロバン勘定ばかりを考えてやっていては長続きしません。お客様に感動を与えることが重要なのです。


経営では感動とソロバンは「51対49」の比率が大切でしょう。私の場合、ともすれば感動の比率が100になってしまい、経営状況を不安定にさせかねないクレイジーな側面もありますが(笑)、商売というのは、それくらいの思いでやらないとダメだということです。


河内誠一の経歴・略歴

河内誠一、かわうち・せいいち。洋菓子店「マールブランシュ」などを展開する「ロマンライフ」の創業者。京都出身。同志社大学法経学部卒業後、大手証券会社を経て喫茶店「純喫茶マロン」を開業。同店を繁盛店に育て、ロマンフーズ(のちにロマンライフに社名変更)を設立。

他の記事も読んでみる

金川千尋

需要家の要望が本当に現実不可能なものであるなら、初めからできない契約はすべきではありません。その判断力も営業マンには必要です。一方、要望が的を射ていて、やるべきだと思ったのに実現できず、約束を守れなかったら責任を取って会社を辞めるくらいの気構えがないと会社は動かせません。


ゲーテ

支配したり服従したりしないで、それでいて何者かであり得る人だけが、本当に幸福であり、偉大なのだ。


入山章栄

みなさんに知っていただきたいのが、経営学にあるトランザクテイブ・メモリーという概念です。これは、組織にとって重要なことは、「組織全体が何を知っているか」ではなく、組織の各メンバーが「組織内の誰が何を知っているか」を把握しておくことである、というもの。Whatではなく、Who Knows whatが重要、ということです。これを個人に当てはめると、まさに「誰が何を知っているかを把握し、その知をうまく借りられる力」となります。


栗原博

組織を活性化していくには、緊張感を保ちつつ、一方で従業員の能力をいかに引き上げていくかが重要なポイント。


西浦三郎

責任をとる覚悟があれば、考えていることはたいてい実行できるもの。


杉浦克典

高齢化が進む日本は財政の問題もあり、これまで病院で行っていたケアを自宅や高齢者施設へとシフトさせようとしています。薬剤師は調剤室から出て、患者の自宅や施設に出向くことが求められます。在宅での調剤は収益面の課題がありますが、日用雑貨の販売を組み合わせたり、得られた知見を他社との協業に活用したりするなど可能性は大きい。ビジネスとして成り立つ仕組みを考えていきたいと思います。


平岩外四

孔子の言葉に「利によって行えば恨み多し」というのがある。現在、地球上に起こっている様々な事象は、多かれ少なかれ当事者たちが「利によって行ってきた」結果である。【覚書き:公益事業を預かる経営者として自分を戒めた言葉。東京電力会長時の発言】


清水宏保

運動をする人によく言う言葉が「患者学を身に付けなさい」です。自分の体と向き合うことが、病気なり、ケガを改善して仕事への活力を生む第一歩だと思っています。


御手洗冨士夫

自己完結的で内向き志向の日本人は、世界から一歩取り残されるのかと言えば必ずしもそうではありません。日本はもともと多神教的な精神構造を持っているため、宗教的な偏見を持ちません。その意味で日本人はコスモポリタン(世界市民)になれる資質を十分に持っています。相手との違いを理解し、異なる価値観を認める。それにはまず、自分たち自身の強みをしっかり理解することです。自虐的な発想からは何も生まれません。


向谷匡史

自慢ばかりする人は、実は扱いやすい人。頼み事をすればいいんです。たとえば顔の広さを自慢する人には「今度、その人を紹介してもらえない?」と頼む。そうするとそこまで親しくない相手はプレッシャーを感じるようになって、自然とこちらを敬遠するようになります。徹底的におだてるのも有効です。


財部誠一

残念なことに、日本は、法的規制もしくは失敗を恐れるあまりの自己規制などの形で、技術の新たな発展を阻害する要因を社会に内在させている。


齊藤正明

会社員のときは理不尽な上司に毎日腹を立て、その上司に服従する自分にもっと腹が立った。でも、ある時期から、その思いを腹にためずに書き出すことにしたんです。すると、自分の精神状態を客観的に見られるようになりました。腹を立てたりすることがバカバカしくなり、自分を笑い飛ばせるように。と同時に、同じ目にあわないための対処法もわかってくるんです。