沢村栄治の名言

沢村栄治のプロフィール

沢村栄治、さわむら・えいじ。プロ野球選手。京都商業学校を中退し、日米野球の全日本チームに参加。ベーブ・ルース、ルー・ゲーリック、ジミー・フォックス、チャーリー・ゲーリンジャーを四者連続三振にするなど好投する。その後、新設された大日本東京野球倶楽部(のちの読売ジャイアンツ)に入団。日本プロ野球初のノーヒットノーランを達成。その他、輝かしい成績を残すが太平洋戦争に召集され台湾沖で戦死。没年27歳。

沢村栄治の名言 一覧

どんな球でも一投、これすべて創造だと思います。この球は自分にとってはじめて投げる球だと思うと、なんともいえぬ感動が胸にこみ上げ投球に熱がはいりました。


わしは、まっつぐ(真っ直ぐ)が好きや。
【覚え書き|決め球のストレートについて聞かれての言葉】


沢村栄治の経歴・略歴

沢村栄治、さわむら・えいじ。プロ野球選手。京都商業学校を中退し、日米野球の全日本チームに参加。ベーブ・ルース、ルー・ゲーリック、ジミー・フォックス、チャーリー・ゲーリンジャーを四者連続三振にするなど好投する。その後、新設された大日本東京野球倶楽部(のちの読売ジャイアンツ)に入団。日本プロ野球初のノーヒットノーランを達成。その他、輝かしい成績を残すが太平洋戦争に召集され台湾沖で戦死。没年27歳。

他の記事も読んでみる

清水勝彦

何にでも「正しいこと」を引っ込めてしまうと自分のポリシーが失われてしまいます。どの程度まで「有効なこと」であれば受け入れるのかという線引きを持つことができれば、人間としての幅も広がるでしょう。


村山由佳

永遠に続かないことを知っているからこそ、その瞬間を大事に生きられる。幸せとは、その一瞬を大切に自覚することから生まれてくる。


増田寛也

補助金事業の持続性の低さは、必死さの違いなのかもしれません。そうした企業の真摯な姿勢は、もっと行政も学ぶべきでしょう。


曽山哲人

人脈とは「電話一本でお願いができる」関係です。そうした関係を築くには合理性に加え、情緒的な部分も欠かせません。言っていることは正しいのに、なぜか力になりたいとは思えない人がたまにいます。会った瞬間に「○○ください」ばかり言われても、なかなか協力する気にはなれません。「あなたに興味があって、あなたに教えを請いたい」という姿勢が伝われば、相手も心を開いてくれるはずです。


坂根正弘

コマツでは、とにかく理念である「コマツウェイ」のトップに書いてあるトップマネージメント5項目を実現することが、コーポレートガバナンスだという定義です。5項目とは、「取締役会を活性化すること」「全ステークホルダーとのコミュニケーションを率先垂範すること」「ビジネス社会のルールを順守すること」「決してリスクの処理を先送りしないこと」「常に後継者の育成を考えること」です。


小倉広

24歳のとき、あるプロジェクトのリーダーを任されたのですが、周りが年上ばかりだったので、「自分の言うことなど聞いてもらえないだろう」と最初から弱気になっていたのです。ある日、それを見かねた先輩が「おまえは誰よりもこのプロジェクトを本気で考えている。だからおまえが正解を知っている。それを教えてやれよ」と、ハッパをかけられた。それからは年上や目上の人に対しても堂々と意見を言えるようになりました。初めから白旗をあげていてはダメ。


古森重隆

将として、ひとつのカギになるのは「オーナーシップ」だと思います。いかなるときも会社や組織の問題を我が事として考えることができるか。それをバネとし、創意工夫し、難問を解決し、自分を鍛えていくことができるか。それが、リーダーとしての成長スピードに大きな差を与える。


中田みち

私たちはライフラインに携わる事業者なので、やはり地域密着が大切です。お客様の家の中のことであれば何でもトーエルに相談すれば解決してくれる。そういう会社を目指していきたい。


永守重信

不景気だからとか好景気だからとか、短期的なことを考えていたら会社はいつか潰れる。人の採用についても、不景気の時でもきちんと人を採用していくことが大事。


澤田秀雄

ビジネスでは数字を毎日見ることが大切です。数字は嘘をつきません。業績が上がったら上がった理由が、下がったら下がった理由が数字に表れます。もちろん、数字をつくっているのは人間ですから、間違えていることもありますし、ときには故意に操作することもあるかもしれません。でも、毎日数字を見ていれば、おかしなところは気がつくものです。


沢木まひろ

自分の信じる過去ってあんがい、思い込みによってつくりあげられたものだったりする。忘れていた自分の言動を教えられたり、知らなかった思いを受けとったとき、記憶が修正されることってありますよね。


バーニー・エクレストン

良いマシンさえ与えれば優勝する事が出来るだろう。


坂根正弘

コマツでは社長の任期は「原則6年」がほぼ内規になっている。上限がないとあと1年、あと1年と先延ばししがちになる。そのうちに取り巻きが生まれ、「社長がこう言っているから」という論理で組織が動くようになる。それではトップが現場と遊離してしまう。


山中勧

経営内容を向上させるために様々な施策を講じています。とにかく常に新しいことに挑戦し、たとえわずかずつでも前に進むことが大切です。


青木高夫

ルールづくりの主導権を握ったほうが有利なのは、スポーツにかぎった話ではない。ビジネスの世界では国や企業間で規格競争がよく起きるが、規格争いが起きるのも、ルールを決める側になったほうが市場で有利に戦えるからだ。残念ながらビジネスでも、ルールづくりについては圧倒的に欧米人に分がある。


ページの先頭へ