名言DB

9429 人 / 110879 名言

沢木まひろの名言

twitter Facebook はてブ

沢木まひろのプロフィール

沢木まひろ、さわき・まひろ。日本の小説家。東京都出身。青山学院大学日本文学科卒業。ダ・ヴィンチ文学賞優秀賞を受賞しデビュー。日本ラブストーリー大賞を受賞。

沢木まひろの名言 一覧

「今」はこの瞬間から過去になっていく。それをできるだけいいものにしていくために、私たちは頑張って今を生きているのかもしれない。


自分のためではなく大切な誰かを思ってした行動が結果的に、優しい誤差を生むんじゃないでしょうか。人生をいい方向に変えていくために必要なのはもしかしたら、どの道を選択したかではなく一生懸命な思いを重ねていくことなのかもしれない。


自分の信じる過去ってあんがい、思い込みによってつくりあげられたものだったりする。忘れていた自分の言動を教えられたり、知らなかった思いを受けとったとき、記憶が修正されることってありますよね。


沢木まひろの経歴・略歴

沢木まひろ、さわき・まひろ。日本の小説家。東京都出身。青山学院大学日本文学科卒業。ダ・ヴィンチ文学賞優秀賞を受賞しデビュー。日本ラブストーリー大賞を受賞。

他の記事も読んでみる

谷口祥子

自分をカッコよく見せようとせず、笑える失敗談などを話す方が好感度大です。「自慢してから落とす」方法もおすすめです。「20代で公認会計士になり、起業しました。でも妻に財布を握られている○○です」と自己紹介すれば、親しみやすい印象を持ってもらえます。


土井香苗

私たちに党派性はありません。誰であろうと平和的な手段で自分たちの意見を言っている限りは、それを弾圧してはダメ、という立場です。エジプトの大統領派であるモルシ派でも反大統領派でも、人権侵害があれば調査したうえで止めるよう圧力をかけています。


山崎大地

日本はクオリティーの高いモノづくりを誇ります。しかし近年は中国をはじめ他国も同等レベルにある。その上で価格を下げられたら日本に勝ち目はありません。そこで日本の特長である、おもてなしの心、クオリティーの高いサービス、クリエーティブな発想を生かすことが、世界に負けない宇宙ビジネスをつくり上げていくことになります。


日下隆史

私のマインドリセットの方法は、新しいところに行って知らない方々と出会うこと。ですから自分が全く知らない世界に身を置いている方々とお話しをさせていただく機会、そういう機会を提供していただける場が好き、ということになります。したがいまして好きな場所というよりも、そういう場、雰囲気が好き、ということになるかも知れません。


井上勝弘

先輩や自分の成功事例の模倣を続けても、「縮小再生産」にしかならないし、何よりもつまらない。テレビは伝統芸能ではないんですから。何でもいいから、誰もやったことがない番組を自分の力で作り上げたい、そう強く思うようになりました。


澤田秀雄

あらゆる分野において、経験値の高い優秀な方に学ぶことによって、人は育つと思います。


樋口廣太郎

プロダクトアウトからマーケットインへ。そういった考えを現実のものにしていくためには、常にお客様の声に耳をそばだて、それを謙虚に聞き入れるという企業風土が必要になるでしょう。それにはまず、社員のみんなが礼儀正しく、常に低い姿勢を保つ必要があると私は考えています。そこで私は社員のみんなに、日々の仕事の中で「私も含めて皆さんが礼儀正しい社員になろう。そして常にお客様の声を聴かせていただいて、それを商品づくりに生かしていこう」と訴え続けてきました。


市村清

さんざんいじめられ抜かれたあとだけに、敵愾心(てきがいしん)をともなって、仕事に対する闘志が火のように湧きあがった。士は己を知る者のために死す。大河内先生(大河内正敏第三代理化学研究所所長)の好意に対しても報いなければ、私の男が立たぬ。私はそれこそ武者震いをして立ち上がり、妻も驚くような勢いで仕事に熱中した。
【覚書き|理研の感光紙部長にヘッドハントされた当時、本社社員たちに嫌がらせを受けたため、感光紙部を独立会社にした当時を振り返っての発言】


川田達男

前任の黒川誠一社長から「このままだと会社はつぶれる。気に任せるから、思い切りやってほしい」と社長就任を打診された。赤字経営が続いて重くなっていた社員の人心を一新するため、やりますと即答した。


南部靖之

日本企業は海外とも戦いをしていますが、勝つためにはアントレプレナーシップ(企業家精神)が必要です。ですから私は、自分の子どもに対しても学費を出さず、「自分の力で大学に行け」と言いました。でも父親が金持ちだと、日本では奨学金をもらえないのだそうです。そこで娘はファミリーレストランでアルバイトをし、結局、奨学金制度が整っているアメリカの大学に進学しました。アメリカではロックフェラーのような大富豪でも子どもの入学金など出しません。