名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

池谷太郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

池谷太郎のプロフィール

池谷太郎、いけたに・たろう。日本の経営者。「東亜鋼管」創業者。東京出身。日本大学付属中学卒業後、家業の鉄くず商「池谷正一商店」取締役となる。その後、東亜鋼管工業を設立。また東京製鉄社長を務め、同社をH形鉄鋼および棒鋼でトップシェアを誇る企業へと育てた。

池谷太郎の名言 一覧

日本の経営者の発想は狭い地域に発生した寄合の延長。自分たちが作った秩序を広い市場を相手に保っていけると考え、厳しい現実を見失っている。【覚書き:東京製鉄会長時の発言。鉄鋼業界のぬるま湯カルテルを批判した言葉。】


池谷太郎の経歴・略歴

池谷太郎、いけたに・たろう。日本の経営者。「東亜鋼管」創業者。東京出身。日本大学付属中学卒業後、家業の鉄くず商「池谷正一商店」取締役となる。その後、東亜鋼管工業を設立。また東京製鉄社長を務め、同社をH形鉄鋼および棒鋼でトップシェアを誇る企業へと育てた。

他の記事も読んでみる

齋藤勇(齊藤勇)

ウソつきが多いか少ないかに男女の差はありません。言語コミュニケーションにウソはつきもの。男女を問わず、つかない人間はいない、と考えたほうが賢明です。日常のウソは、人間が社会的な生き物である証しと言えます。社会生活を円滑に営むために、ときにはウソも必要になる。代表的なものがお世辞やゴマスリ。


橋口昌弘

勝てると確信が持てない勝負はしたくないんです。リペア事業をスタートする際も半年間、様々なマーケットを調べたうえで、参入すべきと決断しました。


高城剛

やる気の源は、自分が素直に面白いと感じたことをやることです。


遠藤結蔵

店舗があり、人がいるからこそできることを追求していくのが小売業のあるべき姿です。それに加えて、ネットでは説明し切れない内容をリアル店舗でしっかりとフォローする。この二つの軸で私たちは考えていこうと思っています。


立川理道

試合には15人しか出られませんが、スピアーズには選手が50人ほどいます。出場できない選手の辛さは分かりますから、出られない選手の存在意義を見いだしてあげれば、その選手もチームのために頑張れると思うので、いつも出場する選手よりも、そうした縁の下の力持ち的な存在の人に気を配っています。その方がチームとしても機能すると思いますね。


山田隆持

世界には10の努力をして5とか6しか結果が出ない会社が山ほどあります。ドコモはこれだけ世界情勢が厳しい中で7とか8の結果を出してしかも黒字です。だから必要以上に落ち込むことはありません。これからは、8を9に、9を10にしていけばいいのです。


山田満(経営者)

今に満足すれば成長は必ず止まる。


前川正

堅実に、真面目に働く、大きな「町工場」でありたい。


園田天光光

長生きの秘訣に食べ物のことを聞かれます。毎日三食しっかり取り、余計に食べないこと。そしてできるだけゆっくり食べます。「人間は、一生の食べる量をご先祖から頂いて生まれてくる。それをどう食べつないでいくかは、その人間のありようで決まる」。私は祖母にこう教えられて育ちました。


奥山清行

私はヨーロッパで仕事をしていましたが、そこで感じたのは、モノづくりの現場と人々の暮らしが、密接なつながりをもっているということでした。日本の企業は、お客さんからクレームがあると、すぐに謝罪して問題を処理しようとしますよね。しかしヨーロッパの国々ではそうはしません。たとえば、革製品のソファを買ったお客さんが「すぐに傷がついた」と言って店にやってきたとします。すると店員はどう対応するか。「お客様、これはアニリン仕上げの革のソファなので、そもそも傷がつきやすいものなんです。でもそれがいいんですよ。この傷を味だと思って使い込んでください。とてもいい風合いになってきますよ」といった説明をするはずです。店員には、その商品がどのように作られているか、その商品とどうつき合えばいいのかをお客さんに伝えようとする意識がありますし、お客さんの側にも、その商品の個性を理解したうえでつき合っていこうという意識があります。


一力健

日本の問題も、高い専門性に裏打ちされた製品なりサービスを売らなければならなくなったのに、会社の体質は汎用製品を大量販売する仕組みのままというところに根がある気がします。そのミスマッチを変えることができれば、日本は必ず復活すると思います。


小山田隆(銀行家)

「イノベーション・ラボ」という組織を設けた。外部のアイデアを取り入れるオープンイノベーションの手法を用いていく。