名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

池谷太郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

池谷太郎のプロフィール

池谷太郎、いけたに・たろう。日本の経営者。「東亜鋼管」創業者。東京出身。日本大学付属中学卒業後、家業の鉄くず商「池谷正一商店」取締役となる。その後、東亜鋼管工業を設立。また東京製鉄社長を務め、同社をH形鉄鋼および棒鋼でトップシェアを誇る企業へと育てた。

池谷太郎の名言 一覧

日本の経営者の発想は狭い地域に発生した寄合の延長。自分たちが作った秩序を広い市場を相手に保っていけると考え、厳しい現実を見失っている。【覚書き:東京製鉄会長時の発言。鉄鋼業界のぬるま湯カルテルを批判した言葉。】


池谷太郎の経歴・略歴

池谷太郎、いけたに・たろう。日本の経営者。「東亜鋼管」創業者。東京出身。日本大学付属中学卒業後、家業の鉄くず商「池谷正一商店」取締役となる。その後、東亜鋼管工業を設立。また東京製鉄社長を務め、同社をH形鉄鋼および棒鋼でトップシェアを誇る企業へと育てた。

他の記事も読んでみる

アレクサンドル・デュマ

どんな女でも、本気になって口説くことを決心した男にはなびかずにはいられないように、人生というものも、それを元気よく口説く人間には、その最上のものを提供せざるを得ないものだ。


松本晃(経営者)

早く帰れるようになると、人にもよりますが、変わる人間は大きく変わります。ビジネススキルを学ぶ人もいれば、教養を深める人もいる。メタボな人はジムに行って健康になるなど、それぞれが考えて行動し始めますよ。人間としての成長を考えれば、家族との団らんに時間を充てるのにも、大きな意味がある。朝はみんなバタバタしていて、家族でゆっくり食事をする時間なんてないのですから。おかげで弊社の「フルグラ」が売れているんですけどね(笑)。


ハロルド・ジョージ・メイ

私自身、日本の文化や風土を深く理解しようとしてきましたし、ハイネケン・ジャパン、サンスター、日本コカ・コーラと国内や外資の企業で営業やマーケティングなど様々な分野を経験してきました。それを生かせる「ハイブリッド経営者」でありたいと考えています。


曽野綾子

道楽は、初めから楽をすることではない。すべての道楽は苦労がないことはないのだが、その苦労を楽しみと感じられるように変質させ得るのが、道楽なのである。


マハトマ・ガンジー

道徳と進歩と改善とは、つねに離れることのできない関係にある。


岡野雅行(岡野工業)

大企業の技術者は60歳で辞めちゃうからね。本当はその先が応用の段階なのに、そうした発想はないわな。だから大企業には応用力がなく、長年やってそれで終わりになっちゃんだよ。


櫻田謙悟(桜田謙悟)

「安心、安全、健康のテーマパーク」を作るというと何のことかといわれます。でも、とっぴなことではありません。保険ビジネスは、オンとオフの差が大きいものです。顧客のうち、自動車事故などで保険金を受け取るのは契約者10人のうち1人、あるいは10年に1度といったところかもしれません。それを保険契約のオンの時だとすると、残りの9割はオフです。これをまず何とかしたい。もっと顧客をサポートする時間を増やしたいと思ったのです。テーマパークは、アトラクションを楽しんでいるオンの時だけではなくて、様々な接客などでオフの時も来場客にいい気持ちになってもらっています。我々も保険だけでなく、顧客に「安心、安全、健康」な生活を過ごしていただくための新たなサービスを提供していく必要があると思ったわけです。「昔、SOMPOは保険会社だったらしい」と言われたい。


山田淳

登山と経営コンサルティングはよく似ています。目指す山やクライアントの要望によって、必要な準備やスキルが異なるように、登頂や事業を成功させるためには、「現状から何ができるか」を考えるのではなく、「いま何をしなければならないか」を逆算して考える必要があるからです。


レイ・クロック

いろんな人に会って、いろんな考え方を知ること、いろんな現象を分析する能力がなければ経営はできない。


曽山哲人

社員に、「この会社に入り、このリーダーの下で働いたからこそ才能が開花し、最大限のパフォーマンスが発揮できる」と思ってもらえるような環境をつくれば、社員が簡単に会社を離れることはないでしょう。


高杉良

小説は取材なくしては書けない。取材は丈夫な足腰があってこそ。自分で会いに行けなくなったら引退かなと思いながら足腰を鍛えています。


新井将能

トヨタのブランドを冠していると、どうしてもトヨタの考え方・方針に即していれば問題ない、と考えがちです。しかし、それは思考停止だと思うのです。トヨタの方針に従いつつ、それを私たちの地域でどう活かし、どのように地域貢献していくのかという発想が必要です。トヨタが主になるのではなく、あくまでも地元の企業としてみずからが主体になるべきだと思います。