池谷太郎の名言

池谷太郎のプロフィール

池谷太郎、いけたに・たろう。日本の経営者。「東亜鋼管」創業者。東京出身。日本大学付属中学卒業後、家業の鉄くず商「池谷正一商店」取締役となる。その後、東亜鋼管工業を設立。また東京製鉄社長を務め、同社をH形鉄鋼および棒鋼でトップシェアを誇る企業へと育てた。

池谷太郎の名言 一覧

日本の経営者の発想は狭い地域に発生した寄合の延長。自分たちが作った秩序を広い市場を相手に保っていけると考え、厳しい現実を見失っている。【覚書き:東京製鉄会長時の発言。鉄鋼業界のぬるま湯カルテルを批判した言葉。】


池谷太郎の経歴・略歴

池谷太郎、いけたに・たろう。日本の経営者。「東亜鋼管」創業者。東京出身。日本大学付属中学卒業後、家業の鉄くず商「池谷正一商店」取締役となる。その後、東亜鋼管工業を設立。また東京製鉄社長を務め、同社をH形鉄鋼および棒鋼でトップシェアを誇る企業へと育てた。

他の記事も読んでみる

岩田松雄

大学時代、野球部でピッチャ-だった私は、合宿で500球の投げ込みをしたことがあります。肩を壊しかねない、科学的には何の意味もない練習ですが、このときにつかめたことがある。200球を超えたあたりから、力まずに、自然に投げられるようになったのです。体力は限界ですから、無駄な力を抜かざるを得ないわけですね。ギリギリまで負荷をかけて、必死でやるしかないという状況になると、自然に無駄は削ぎ落とされるものです。それでいて球はスーッと伸びているのが自分でもわかりました。


ハーマン・サイモン

日本製品の品質は完璧とも言えるでしょう。しかし高価格につながるながるブランドイメージには欠けています。そこで市場シェアを追求する限り、値下げによる価格競争に巻き込まれざるを得ないわけです。


津谷正明

確かに、今はグローバル化の中で情報やカネが瞬時に動くため、振れ幅が大きいのは事実です。ですが一方で、環境は絶えず変わるものという意識も持っています。


藤沢晃治

段取り下手な人の多くは、視野が近視眼になっています。そのため、目の前のものしかみえず、闇雲に迷路を走りだすことになってしまうのです。その結果、期限の迫っている仕事を後回しにしたり、自分のキャパシティー以上の仕事を引き受けてしまったり、時間内・期限内にゴールにたどり着くのは難しくなります。結局、本人が一生懸命にやっていても、周りに迷惑をかけたり、自分の信用を落としてしまったりすることが多いのです。


アンドリュー・カーネギー

諸君の精力と思考とを、自分の使命に集中させよ!なすべきことを、とことんまでやりぬけ。あらゆる改善をし、あらゆることに精通し、なすべき仕事を完璧にマスターせよ!


徳岡邦夫

お客様から掛け値なしの「ありがとう」を引き出させてこそ、私たちの存在価値があります。


御手洗冨士夫

日本経済活性化のカギは、やはりイノベーション。新しい価値を生み出すことで、新たな産業が生まれ、雇用が生まれる。それが経済活性化の大原則。


ワッキー(お笑い芸人)

僕はテレビに出始めの頃は、シュートを決めて点を獲りたい一心でしたが空回り。番組の共演者の皆さんとチームプレーで、面白いものを作らなきゃいけなかったんです。


水野哲也(経営者)

日本の優良な中小企業の商品を発掘して海外に輸出し、その結果、日本の地方経済の活性化に貢献できれば、日本人としてそれほど嬉しいことはありません。


増田宗昭

いまは誰もが指針を求めているんじゃないでしょうか。これまではアメリカが先導する金融資本主義についていけばそれでよかったのです。ところがアメリカの金融業が総崩れになってしまい、金融資本主義に対する信頼が低下しました。では、次に求める価値は一体なんなのだろうかと、みんな逡巡しているんです。


三浦善司

特に大事なのは「誠実さ」。人は使命感や情熱を持っていても、時として個人で思い込んでしまって、会社が目指すのとは違った方向に行く時があるんです。しかし、社会に誠実に、自分に誠実に、人様に誠実にということを考えていけば、間違うことはありません。


童門冬二

投獄されたら、普通の人なら落ち込んで頭を抱えるでしょう。僻んだり、誰かを恨んだりするに違いありません。でも、吉田松陰は自らの不幸な「事件」を逆用して、自分は死んでも後輩を育てようと決心したのです。「一粒の麦が死なずに落ちていれば、それはあくまでもただ一粒の麦だ。しかし、一粒の麦が死んで肥やしになれば多くの麦が育つ」。吉田にはそうした思想哲学があり、それを実践したことによって、自らも敗者復活できたのだと思います。


大久保尚武(積水化学工業)

ボートが教えてくれたのが、「敵と戦うより自分を鍛えよ」ということです。敵に勝とうとする前に、自分たちを鍛え上げることが必要です。
【覚書き|東大ボート部に所属していた当時を振り返っての発言】


ジェイ・エイブラハム

景気が下り坂になると、経営者は一様にマーケティング予算を減らし始める。しかし、それはビジネスを拡大するための投資を減らすことであり、悪循環の種をまくことだ。


西川光一(経営者)

シンプルなシステムですが、2003年の導入当初に将来の規模感を見越し、余裕を持って作ったことが良かったのでしょう。仮に、今すぐ2倍になっても、システム自体は耐えられますし、このシステムがあったからこそカーシェアリングなども導入できました。


ページの先頭へ