池田謙蔵の名言

池田謙蔵のプロフィール

池田謙蔵、いけだ・けんぞう。三菱信託銀行社長・会長。東京帝国大学卒業後、三菱合資入社、その後三菱信託銀行へ移り常務を経て社長・会長

池田謙蔵の名言 一覧

経営は雪だるまを押していくようなものだ。すなわち、太く固い芯をフロンティア精神をもって作り上げていくことだ。


私は常々こう言ってきた。「企業経営は雪だるまを押していくようなものだ」と。雪だるまは最初に芯を作るときは骨が折れるが、あとは転がしておれば、だるま自身がふくらむ。押す時よりも、芯を作るときの方が力はいる。


池田謙蔵の経歴・略歴

池田謙蔵、いけだ・けんぞう。三菱信託銀行社長・会長。東京帝国大学卒業後、三菱合資入社、その後三菱信託銀行へ移り常務を経て社長・会長

他の記事も読んでみる

麻生哲朗

僕にはいつも大事にしていることは、発想する過程で感じる「違和感」に敏感であること。考えている間、絶えず襲われる「何か違う」という感覚と向き合いながら進めているうちに、正解にたどり着く。


山海嘉之

ベンチャーが立ちあがったばかりの柔らかい時期に、「来期にはこれだけの収益を上げてくれ」「こちらの事業を先にやってくれ」などと(株主に)いわれると、せっかくのチャレンジができなくなります。


吉村拓

こんな時代だからこそ、原点に立ち返り、「人としっかり向き合う、寄り添う、提案する」という愚直な姿勢を積み重ねています。


林望

いつ死ぬかは誰にもわかりませんし、いまの日本はこれから先が読めない時代になりました。だからこそ自分がどうしたいかを明らかにする。惰性で暮らすのではなくて、いまの時点でビジョンを立てておくことが大切です。


井上礼之

厳しい時代こそ、企業の体質改善や人材育成の大いなるチャンスです。「人を基軸に」の信念を貫き、帰属意識やチームワークを高め、吹きすさぶ風の中、しなやかに前進していけたらと思います。


ロバート・フェルドマン

我が社では、各国のエコノミストチームの電話会議が週一回あります。以前はそれが日本時間の金曜夜に行われていました。しかし、金曜の夜に重要事項が決定されても、土日が休みなのでその間に記憶が薄れてしまい、月曜からのスタートアップに反映しにくい。そこで木曜の夜に変更し、以後はそうしたギャップを感じなくて済むようになりました。


山口義宏

日清食品が思い切った施策に踏み込めたのはなぜか。その大きな要因として、同社のブランドマネジャーの職務範囲が極めて広いことが挙げられる。ブランドマネジャーは、いわばそのブランドの社長。技術開発、生産、営業のすべてに関与して指揮を執る。テレビCMを作る際には宣伝部長と交渉し、プレスリリースを出す時には広報部長と交渉する。


鈴木喬(経営者)

「消臭力」のCMは、社内でも反対する人が多かったんです。なにしろ外国人の少年や、歌手の西川貴教さんなどが、「ショーシューリキー」と歌うだけ。CMといえば機能や効能を伝えるのが普通ですからね。でも、私はGOサインを出しました。結果的に大正解です。CM好感度ランキングでは上位となり、商品も大ヒット。もし効能を訴えるだけのCMだったら、消費者の印象には残らなかったでしょう。


城繁幸

仕事に生かせる要素があるならば、臆することなく「閥」の中に食い込み、コミュニケーションを図ればいい。学閥の本質的な機能は互助。何かの時にサポートを受けられる可能性が高まります。


レイ・クロック

思考のスケールが小さいと、その人自身も小さいままで終わってしまう。


小原芳明

四・四・四制は論理的には決しておかしくないのです。中高一貫教育は昔からあり、最近は小中一貫教育まである。それを、中学校を軸にすれば小中高一貫教育ができるわけで、この話は文部科学省でもしたことがあります。「法律で六・三・三制となっているから」と言われましたが、世界を見れば六・三・三制は絶対的なものではないし、さらに言えばあれは進駐軍の置き土産です。私どもが四・四・四制を実践した影響は少なからずあって、東京都でも遅ればせながら中高一貫に続き小中高一貫を始めるようです。


細田収

経営者にとっては、自分自身も商品です。周囲に自分の人柄や夢を伝えれば、その分、「あなたから買いたい!」と言ってくれる人を増やせます。営業が苦手でも、決して人任せにしてはだめ。特に独立して問もない時期は、営業力を磨いて自らお客さまを開拓すべきです。


小松俊明

どんな小さな仕事でも、準備段階からリサーチ、実務まで携われば、その人の成功ストーリーです。この成功体験が積み重なればオーナーシップが養われます。


正岡子規

病気の境遇に処しては、病気を楽しむということにならなければ、生きていても何の面白味もない。


平野敦士カール

のべ5000人以上。これは私が昼食を共にしてきた人数です。たとえば午後1時から渋谷で予定があれば、その周辺に勤める知人をランチに誘う。こんな調子でほぼ毎日誰かとランチをする習慣がはじまって、20数年がたちます。私はこの習慣を「アライアンス(同盟)・ランチ」と呼んでいます。


ページの先頭へ