名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

池田育嗣の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

池田育嗣のプロフィール

池田育嗣、いけだ・いくじ。日本の経営者。「住友ゴム」社長。香川県出身。京都大学工学部卒業後、住友ゴム工業に入社。タイヤ生産技術部長、執行役員、取締役常務執行役員、取締役専務執行役員などを経て社長に就任。製造畑出身の経営者。

池田育嗣の名言 一覧

私はよく「何のために働くのか」と自分にも、社員にも問いかけます。私自身の大事な役割の一つは、社員がやりたいことをやれる環境をつくること。


若手時代、上司は疑問の答を簡単には教えてくれずに一言「よく見てみろ」。その通り、機械の動きを2時間にらみ続けたら理解できました。


市場ニーズは何より製品開発の起点。


当社には昔から、技術をとことん追究する気風があり、ダントツじゃないと気がすまない。


「常に前倒しで動く」のが私たちの流儀。スピード感をもって挑戦していく考えです。


高い志を共有する組織はピンチに強く、チャンスを逃さないと確信しています。


当社にとって製造技術の刷新は重要なミッションのひとつです。


生産、研究開発、営業などが連携し、縦ばかりでなく横のつながりも強化されると仕事のクオリティが確実に上がる。


海外事業では「現地・現物」の考え方が基本。これはお客様から信頼を得るための鉄則です。


人を育てるために大事にしているのは、「面倒見のいい組織」づくりです。上に立つ者が社員一人一人をよく観察して、その社員が必要とするところを教育する。それで人は育つし、上司への信頼度も高まります。


低燃費が当たり前になると、次に長持ちするものが欲しい、というお客様の要望にお応えしました。そうした相反する課題に応えるのが「飽くなき技術革新」です。


マレーシアでの業務は販売、購買、タイヤの設計まで広範囲。幅広い業務をこなすことで自身の成長を感じられ、社内人脈も広がりました。


当社はチャレンジが好きな会社です。ただし、チャレンジやイノベーションの追求は、あくまで手段。目的は社会課題の解決にあります。立ち向かうべき課題があるから、そこに知恵と技術を結集し、挑戦していくのです。


今後もいろいろと環境変化はあると思いますが、「住友ゴムWAY」を確実に実践すれば目標には到達できる。そう考えています。


誠心誠意。約束したことは守る。やはり我々の基本は「信用と確実」なんです。この“住友精神”を守ることで、社業も発展し、世界一の価値を提供できる。


当社は各事業部門は強いが、横の連携が弱い。例えば製造と販売。近い関係になれば、見えなかった課題に気づくなどの効果が生まれます。そうなれば、社員が部署を超えて夢を語るなどワクワクする会社に変えられると信じています。


マレーシアの工場で改善点は山ほどありましたが、従業員は私より先に帰ってしまう。カリカリしていると、中華系の工場長が事情を説明してくれました。「中国人の食事は大皿に盛られた料理を家族皆で楽しむ。小さな皿で一人でも食事できる日本人とは違うのだ」。異郷では自国の手法が必ずしも通じないと痛感しました。そこで勤務中に従業員一人ひとりと話し改善にこぎつけました。この経験はその後の米国勤務でも役に立ちました。


池田育嗣の経歴・略歴

池田育嗣、いけだ・いくじ。日本の経営者。「住友ゴム」社長。香川県出身。京都大学工学部卒業後、住友ゴム工業に入社。タイヤ生産技術部長、執行役員、取締役常務執行役員、取締役専務執行役員などを経て社長に就任。製造畑出身の経営者。

他の記事も読んでみる

鹿島茂

本来的に怠け者である人間には、何もないのに集中することは難しい。そこで役に立つのが、納期や締め切りといった「外からの強制」だ。自発的にはなかなか集中できないが、他人から強制されれば集中できる。


久保田裕也

当社は日本のオーディオブックのスタンダードを、出版業界の方々と話し合いをしながら、ゼロから作り上げてきたことに強みがあります。また、ユーザーさんからのご要望を反映できる制作体制をとっています。制作スタッフはほぼ全員が元声優・ナレーター出身で、どの声優がどの分野が得意かといったリスト、収録方法、音楽の入れ方など、細かいノウハウが「秘伝のたれ」のように溜まり、それが日々アップデートされています。


徳重徹

身体を張って挑戦したことのない人、挫折を味わったことがない人には、リアルな権力闘争の場や、深刻な利害衝突がある状況で組織を率いることはできません。このような教科書どおりにいかない現場でこそ、ロジックだけではない腕力や胆力、統率力を身に付けられたのだと思います。


高崎幸人

独立から数年後、ニコニコキッチンを創業した当時は競合他社も少なく、高齢者向け配食サービス自体が世の中に知られていない状況でした。しかし、高齢者の方たちにお弁当をお届けするサービスは、これからの高齢化社会でなくてはならない存在になると私は考えていました。


山中伸弥

ノーベル賞を受賞する前は、自宅のある大阪から京都への通勤は電車を使い、移動時間はメールの読み書きや英語の勉強に充てていました。受賞後はクルマでの移動が多くなりましたが、同じようにパソコンで仕事をしています。


堀場厚

失敗したり、修羅場をくぐったりした経験はむしろ価値あること。そうした経験を積んだ人がそれ相応のポストに就くと、リスク管理がしっかりできる。弊社の役員は、失敗した人間だらけですよ(笑)。


藤崎一郎

40年以上の外交官生活の半分は霞が関、半分は在外公館でした。振り返って思うのは、結局外交は人と人のつながりだということです。


鳥居祐一

稼げる人と、稼げない人の違いは、ひと言で言えば「性格」ですね。たとえばせっかく優れたテクニックを学んでも、すぐ感情的になる性格では、投資しても我慢できませんし、協力者も寄ってきてくれません。結局、テクニックの前に、自分の性格を直さないとダメなんです。


鈴木郷史

「フロー体験」って、いわゆる人間が楽しいと思って時間を忘れて熱中していくこと。僕は「遊びのように仕事をしてください」って社内で言うんです。遊びのようにできる仕事が一番クリエーティブで、お客様が望んでいることだと思うので。会社の中でフローになれる状態をいかにつくるか、という話。


伊藤良二

課題や目標を設定するとき、ありがちなのは情緒や主観に引きずられてしまうことです。好き嫌いとか頑張るべきとか、そういう感情的な要素はブレの元凶です。意志を持つことは大事ですが、課題や目標は事実に基づいて設定しなければいけません。


佐藤勝人

ポイント還元をやめたら、顧客管理ができなくなるのではないかという不安もあった。ずっと(ポイントシステムに記録された)商品の購買履歴などを見て接客していたので、「このお客さんはこういうことに興味があって、こんなことをしたいと言ってたな」ということが分からなくなってしまうと思ったからだ。最初は苦労したが、やれば結構できるもので、アナログの対面商売に戻してから、アソシエイト(スタッフ)1人が300人ぐらいのお客さんの顔と名前を覚え、積極的に会話をするようになった。お客さんは必ずしも、ポイント還元があるから店舗に来ているわけではなかったのに、我々が勝手にそう仕向けてしまったのではないかと反省している。


川上徹也(コピーライター)

アリストテレスは「説得の三原則」として「ロゴス(論理)」と「パトス(情熱)」、そして「エトス(信頼)」を挙げています。ここで最も大切なのは、人徳や信頼を表すエトスです。