名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

池田清彦の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

池田清彦のプロフィール

池田清彦、いけだ・きよひこ。日本の生物学者、評論家。早稲田大学教授。東京都出身。東京教育大学理学部生物学科動物学専攻卒業、同大学院理学研究科博士課程満期退学。東京都立高校教諭、山梨大学教育学部講師・助教授、オーストラリア国立博物館客員研究員、山梨大学教育学部、早稲田大学国際教養学部教授などを務めた。

池田清彦の名言 一覧

優秀で自分に自信がある人ほど、自分のやり方を部下に押し付けてしまう。仕事はうまく回るかもしれないけれど、部下は離れていく。


自分の言いたいことや思っていることはぐっとこらえてさ、耳を傾ける。もし部下の言っていることが間違っていたり、未熟だったりしても、まずは相手の話を最後まで聴いてあげる。部下にとっては話を聴いてもらえたことが、上司への信頼につながる。信頼すれば、上司の言うことにも従うようになる。


不思議なもので、部下に厳しい人や話を聞かない人って、そこそこの役職には就いても、トップに立つことはない。僕の周りの大学教授を見てみても、早く偉くなった人ほど、ちゃんと周りの話を聴いているんだよ。つまり、出世と人望は比例するってこと。


聞く耳を持たない人の典型は、自分の思い込みが激しい人。自分が考えているもの以外の概念が世の中には存在する、ってわからない人がいるんだよ。例えば、「犬」や「猫」みたいに単純な言葉なら、誤解もなくお互いに理解できる。それが「正義」だとか抽象的な言葉になると、人によって考え方は千差万別だろ。にもかかわらず、話が聞けない人はみんなが自分と同じように考えている、と思い込んでいる。多様性が受け入れられないんだな。


池田清彦の経歴・略歴

池田清彦、いけだ・きよひこ。日本の生物学者、評論家。早稲田大学教授。東京都出身。東京教育大学理学部生物学科動物学専攻卒業、同大学院理学研究科博士課程満期退学。東京都立高校教諭、山梨大学教育学部講師・助教授、オーストラリア国立博物館客員研究員、山梨大学教育学部、早稲田大学国際教養学部教授などを務めた。

他の記事も読んでみる

中澤優子(経営者)

店頭でも、機種の特徴を一言で説明しないと売れません。あれこれ説明する時間はないし、お客さんも細かい説明を求めていない。プレゼンも同じだと思います。


北方謙三

40歳になったら、少なくとも「人の言うことは聞くな」と言いたい。「人に相談せずに、自分で考え、自分で決めろ」と。誰がなんといおうと、懸命に自分を生きているかなんです、本物の男になれるかどうかなんていうのは。


ショーン・エイカー

人は成功すると幸せになるのではなく、幸せな人が成功する。


分林保弘

世阿弥の言葉には哲学的なものがとても多い。中でも私が好きなのは「離見の見(りけんのけん)」という言葉です。私は営業マン時代、自分の言葉がお客さんにどのように伝わっているのか、お客さんから見て自分の言葉はどのように伝わっているのか、常に反復していました。だから世阿弥の言葉は別に芸能の世界だけでなく、ビジネスの世界でも経営の世界でも、あるいは世界に通用する非常にいい言葉だと思っています。


赤尾昭彦

長年、コンビニを経営してきて分かったのが、市場環境に大きな影響を受ける事業だということです。これは小売業全般でも言えるでしょう。一方、メーカーは自分の工夫でいくらでも利益を出すことができます。そのため、メーカーに移行することを以前から考えていました。


佐藤優

「侮り」の対極にある言葉は「畏れ」。目に見えないもの、形に表れないものを尊重する気持ちが「畏れ」。現代人はこの「畏れ」の感覚を決定的に失ってしまった。


みうらじゅん

親孝行は自分自身の成長を確認できる行為でもあるんですよ。親孝行プレイ中、自分の心が少しずつなくなって、「まずは親。自分は二の次」と自然に思えるようになってきたら、それは大人になったってことです。みんな仕事に精いっぱいで、親のことを気にかける余裕が十分ないのは分かるよ。でも親孝行プレイにぜひチャレンジしてみてください。


クリストフ・ウェバー

武田の社員は優秀だが、勝利への強い意欲やオペレーションの機敏さがやや不十分な面もある。これを強化する。グローバル市場で戦う人材が必ず育つはずだ。


三木谷浩史

志と挑戦で世の中を変えるほど楽しいことはない。


土田晃之

飲み会を断るならその分、仕事を頑張る。飲み会に行かない、仕事もできないでは会社のお荷物。僕も飲み会を断った分、仕事を必死で頑張りました。ともかく、自分にあったやり方を貫き通せってことですよ。


ダニエル・ピンク

社員が最高のパフォーマンスを発揮できる職場環境を提供するのが、マネジメントの本質となります。


守島基博

重要なのは、自分の企業の人材がほかの企業でも優秀な人材かということである。逆説的に聞こえるかもしれないが、他社から引き抜きのかかる人材を育てる企業がよい企業なのかもしれない。評価基準を世界化すれば、人材はグローバルな評価基準に基づいて自分を磨く。