池田松次郎の名言

池田松次郎のプロフィール

池田松次郎、いけだ・まつじろう、丸紅社長、商社冬の時代と呼ばれた80年代前半に社長に就任し、商社の根本である組織・人事制度の大改革を行った

池田松次郎の名言 一覧

自分が潰されないようにそればかり考えた。雑念は気にせず、馬耳東風と心がけ、さらにヤケ酒はなるべく飲まずに本を読んで嫌なことを忘れるようにしたものです。一番ストレス解消に役立ったのは天文学の本でした。


野心を燃やすのはいいが、実力がなければ焦りになる。自分の実力を知ることも大切だ。


池田松次郎の経歴・略歴

池田松次郎、いけだ・まつじろう、丸紅社長、商社冬の時代と呼ばれた80年代前半に社長に就任し、商社の根本である組織・人事制度の大改革を行った

他の記事も読んでみる

松本大

フィードバックを得て、間違えたら、それを修正する。そのサイクルを早めるために「すぐやる」ことが大事。


西川光一(経営者)

減益した時の取締役会や社内の雰囲気は、まるで赤字転落したような空気でした。やはり15期続いた増収増益を途絶えさせたことがショックだったのです。しかしそれが逆にフットワークのよさを生みました。かなりスピード感をあげて改善を行ったため、結果的には14億円も計画を上回ることができました。あのショックがあったからこそ1年間でそれを改善できたのだと思います。


金子太郎

このところ、製品の欠陥の隠ぺいや不良品発生の原因の秘匿といった企業の不祥事が相次いでいます。しかし「隠ぺい工作や嘘が発覚したら取り返しのつかないダメージを被る」との常識を経営者が持っていたら、存亡の危機は避けられたはずです。


山口周

優秀だったはずのコンサルタントが、転職すると出がらしのようになって、ろくなアウトプットができなくなってしまうことがあります。自分が本来やらなければいけない勉強、考えなければいけない大事なことのために時間を使わず、会社や顧客のために時間を取られてきたからです。自分の時間を守りきれないとどうなるか、といういい例でしょう。


小宮一慶

自社のメールマガジンの原稿は、いつも約20分で書き上げるのですが、それだけ短時間で書けるのは、事前に原稿の論理構成を考えているから。


ピエール・ナンテルム

私は毎日のように顧客企業の経営者と議論していますが、誰もが変化の中にチャンスがあると考えている。


天達武史

心から思うのは、事あるごとに周りの人に助けられて、今があるなということ。


ピョートル・フェリクス・グジバチ

部下が今抱えている問題や今後やろうとしていること、キャリアの夢でも何でもいいのですが、相手の価値観がわかるような質問をするといい。しかし、残念ながら多くの上司は、「今何がうまくいっていないのか?」「なぜうまくいかないのか?」といった現実的なファクトのみの質問をします。そうした論理的な質問も悪くないのかもしれませんが、うまくいかない背景には、モチベーションの低下や価値観の違い、プライベートな悩みがあったりします。たとえば上司が「こういうものを作ろう」と言ったとしても、それが朝までかかるような作業だった場合、上司と部下との関係があまりよくなかったり、自分の価値観や信念と異なるものだったら、徹夜なんてバカらしい、となってやる気も出ないですよね。


堀久作

なぜそんな大金を借りられたか、またなぜ貸したかというに、貸借のことで、私が微塵も嘘をつかなかったということが、大きな効果となって現れたのである。私は千葉銀行から金を借りるについては自分の台所をひっくり返して、はきだめから天井裏まで説明している。だから他からどんな中傷が入ろうと、私が白状していることより、はるかに中傷の方が生やさしいのだ。
【覚書き|経営が傾いた状況から千葉銀行から大金を借り入れできたことに対するコメント】


山口真導

キャッシュフロー改善のために、一番最初に取り組むべきは、ズバリ「前金」化。これが簡単ではないことは、私も分かっています。それでも、やはり「前金」という、最も資金繰りを良くする方法を外して、キャッシュフローの改善の話をはじめることは出来ないのです。否定ではなく、可能性を探りましょう。そのうえで、具体的に検討に入りましょう。


高橋俊介

論理的思考だけに頼ると、時間をいくらかけても意思決定ができず、結局、手遅れになってしまう。そんなパターンが日本企業には多く見られます。それは直感的な意思決定というものを重視していないからだと思います。


渡邉美樹

自分たちの手でイチから立ち上げた「唐変木」も撤退を余儀なくされました。「唐変木」はベーシックな業態ではなかったために飽きられたということがわかり、撤退を決めました。「これからは好不況に左右されないベーシックな業態を事業の核に据えなければいけないな」という反省が居食屋「和民」に活かされています。


レイ・クロック

社長の指示した通りに現場が実行するような会社は、間違いなくつぶれる。現場の人間が、「社長、それは違います」といえる会社でないと誤った方向に進んでしまう。ただし、現場の社員は社長が本質的に何を指示しているかを理解しておくこと。それを現場の判断で組み替えていく。


渡邉美樹

失敗してもいいんです。若い頃は、失敗しないとわからないことの方が多いんですから。「ああ、そうだったのか」とか「ああすればよかった」ということが多いほど人間として成長できるチャンスが多いと思いませんか?


喜久川政樹

「粘り強く、どんな困難にぶつかっても、決してあきらめない人」「前向きな気持ちを持ち続けられる人」「つねに謙虚な気持ちをもっている人」。この三要素を兼ね備えた人は、成長し続けられる人であると思います。


ページの先頭へ