名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

池田晃治の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

池田晃治のプロフィール

池田晃治、いけだ・こうじ。日本の銀行家。「広島銀行」頭取。広島県出身。慶應義塾大学商学部卒業後、広島銀行に入行。岡山支店次長、緑井支店長、総合企画部長、福山営業本部本部長、常務取締役などを経て頭取に就任。

池田晃治の名言 一覧

すべての人から学ぶという姿勢でいます。


大切にしているのは「堅志力行」。出身高校の校訓で、志を堅くして務めを行うという意味です。


若い行員たちには、物事を判断する際にはさまざまな視点から考え、「本質的」、「中長期的」、「多面的」な物の見方をするように指導しています。


人材育成について、入行して数年間は「鋳造型」で育成します。「鋳造」とは型にはめて同じものをたくさんつくるという考え方ですが、まずは「鋳造型」の研修などにより、銀行員としての基礎を固めます。そこから先は粘り強く、さまざまな方向からの力に強く、変化に対応できる人材になるよう、OJTを中心とした「鍛造型」の指導・育成を行います。


池田晃治の経歴・略歴

池田晃治、いけだ・こうじ。日本の銀行家。「広島銀行」頭取。広島県出身。慶應義塾大学商学部卒業後、広島銀行に入行。岡山支店次長、緑井支店長、総合企画部長、福山営業本部本部長、常務取締役などを経て頭取に就任。

他の記事も読んでみる

田中栄

リストラの波を乗り切るには、「もの」ではなく「新しいサービス」をつくり出す力をつけること。新しいビジネスモデルをつくり出せる人材が、企業にとって戦力となる。


ジェシー・リバモア

すべきではないことを学ぶには、持てるもの一切合切を失うというのが一番だ。金を失わないためには何をすべきでないかが分かった時、相場で勝つのに何をすべきかということが、ようやくわかり始めるのだ。


清水照雄

仕事をしていれば、ミーティングを開くほどではなくとも、ちょっと相談したい事柄が出てきますよね。そんなときは遠慮せず、ディスカッションしに来てくれと部下に言っています。


堀江貴文

お金は、信用の表示形態というか、信用が顕在化したものだと思います。だからお金より信用のほうがずっと大事です。好きなことをやっていれば、自然に信用につながるじゃないですか。それで悪く思われるのだとしたら、中途半端だからでしょう。口先だけで、行動が伴ってないとかね。


吉田晴乃

上司と正面切って対話することは、非常に大切です。そのときはもう胸元に突っ込んでいく。とはいえ、上司を傷つけないように気を付けるべきです。


三宅宏実

ロンドン五輪後からの4年間、自分の部屋で涙を流した日の方が多いぐらい、ケガなどで思うように練習できない時間を過ごしました。本当に苦しかったからこそ、周囲の方々の応援のありがたみや、それがどれだけ自分を支えてくれたかを改めて実感できました。


豊田圭一

頑張ることは否定しません。しかし、完璧を目指すよりは、早く仕事を仕上げて上司からアドバイスをもらい、よりよい成果を目指すべきではないでしょうか。それを繰り返してスキルアップする方が、自分のためにも、周囲のためにもなります。


高田明(ジャパネットたかた)

仕事は極めていけばいくらでもつくれる。


桂三枝(6代目桂文枝)

ときどき忙しくて本を読んだり映画館に行ったりする時間がないという人がいますが、本当に本が読みたい、映画が観たいと思ったら、時間は必ずつくれます。例えば映画なら、休みの日に早起きして朝一番の上映を観るというのはいかがでしょう。


小路明善

たとえば計算力が弱いという自覚があるなら、小さい電卓をつねに持ち歩けばいいわけですよね。精神力だって同じこと。生まれつき心が強いという自信のある人のほうが少ないはずですから、ここでもやはり「自分の役割を果たすためには何を準備すればよいか」を考え、プレッシャーに備えれば、達成感を得て自信をつけていくことができる。その繰り返しだと思います。


北島義俊

バブル景気の時には、多くの会社が不動産投資などに走り、収益を伸ばしていました。当社にもお誘いがありましたが、私は否定的でした。あのころは余裕資金があったら、株式や不動産投資に踏み出さないと経営者失格だというような風潮でした。バブル景気で浮かれていた時期は、短い一瞬だったのです。あのときに本業に固執していたからこそ、今があるのだと思います。


吉留真

これまで私が経験していない分野のことをいろいろ知りたい。そして現場の人たちを含めて意見交換をしたい。それは社長になったときに決めていました。たとえば、債券、株式、投信などを扱っている商品本部の仕事は、私には未経験です。社長に就任してすぐに、ライン部長と部署の全員とミーティングをやらせていただいた。海外拠点を回るのも、その延長なんです。