池田弘(経営者)の名言

池田弘(経営者)のプロフィール

池田弘、いけだ・ひろむ。日本の経営者、神主。「NSGグループ」代表、プロサッカークラブ「アルビレックス新潟」の会長。新潟県出身。國學院大學卒業後、実家の古町愛宕神社の宮司となる。従兄と共同で新潟総合学院を開設。同グループを日本有数の教育事業グループに成長させた。その後、アルビレックス新潟社長に就任。地域密着型の改革を行い、観客動員数でJリーグ記録を達成。チームのJ1昇格に貢献した。また、ベンチャーキャピタルを設立し、故郷新潟の起業家を支援する活動を行った。

池田弘(経営者)の名言 一覧

地域社会の発展に貢献し、そこに住む人の幸福や豊かさを実現するのは、どこまでいけば成功ということはない。


成功の反対は失敗と思うかもしれませんが、本当は何もやらないことです。始めなければ成功も失敗も生まれません。


やりたいことをやっていれば、人の目などまったく気にならなくなる。


自分がどう生きたいかを突き詰めれば突き詰めるほど、人生の目標がはっきりしてくる。同じ目標を持つ仲間も見えてくる。


自分の感じることに素直になり、突き詰めて、突き詰めていけば、最終的にはポジティブな精神を獲得できる。


試練は自分を大きくする。周りからは困難に見えても、それは自分を磨いてくれるありがたい経験。


これだけの閉塞感がある中でも、自分の人生を自分で築き上げたいという若者は、いつの時代もいる。自分の意思決定で、自立して生きる人生は素晴らしい。


自分で描いた志を立て、世の中や社会のために生きるという人生は最高だよ。だから、志を立てなさい。


苦しい時期を乗り越えられたのは、夢を語り、みんなで夢を共有してきたから。


会議も市場調査も全く意味がない。みんなで話し合ったり、データを分析したりして商売がうまくいくか分かるならこんな楽な話はない。


自分の勘を信じ勝負して、駄目なら責任を取る。それが経営者というもの。


今の日本を前進させていくのは、大きな挫折を経験し、それを高い志で乗り越えようとする人たちである。


「和」とは本来、自立した個が協調することを意味しますが、それを「みんな同じ」にすり替えてきた近代の日本で、真に個性的な人間がエリートになることなどありえません。彼らが個性を発揮して人生一発逆転を目指すとしたら、起業が残された数少ない道のひとつです。


日本の神道は多神教です。多神教とはさまざまな価値が並び立つことを認める宗教です。日本に仏教を広めた聖徳太子は、十七条憲法の中で「和を以て貴しとし、さかふる(さからう)こと無きを宗とせよ」と言っている。異質なものと協調して、無闇やたらと争いを起こすなという意味です。つまり、聖徳太子は仏教の布教に尽力しつつ、神道を排除せよとは言っていない。共存せよとおっしゃっているのです。この「異質なものと共存する和の精神」こそ、まさに多神教の神髄です。


石に囓り付いてでも経営を軌道に乗せて、ハイレベルな目標を達成するような人材の多くは、いわゆるエリートではない、人生で挫折を経験しているような人です。嘘だと思ったら、ジャスダックに上場しているベンチャー企業の経営者の学歴を調べてみるといいでしょう。中卒、高校中退、高卒の人が大多数です。


大きな目標、しかも利己的でない、利他的な大きな目標を持っている起業家ほど、燃えるような目をしているものなのです。そんな人材に出会うと、こちらも「おっ、こいつは見どころがあるな」と思うわけです。


ベンチャー経営で次々に襲いかかってくる困難を乗り越えるには、いったい何が必要でしょうか。潤沢な資金、優秀な人材、斬新なアイデア……。いずれも重要なことは間違いありませんが、こうしたものをいくら豊富に取り揃えたところで、ベンチャーが成功するとは限りません。一番大切なのは、起業家の志です。起業家がどんなレベルの志を持っているかが、最も重要なのです。自分さえ食べていければいいというような、志とはいえない「動機」レベルの場合もあるでしょう。一方で、日本を幸せな国に変えたいというような高い「志」もあります。どんなレベルの志を持つかで起業家の目つきや雰囲気はまったく変わります。


本来、神道は様々な価値観が並び立つことを認める宗教でしたが、中央集権国家をつくる必要にかられた明治政府は、神道を一神教的な国家神道につくりかえてしまいました。国家神道は異質なものを排除しつつ、一方で和の精神だけを強調しました。その結果、明治以降のわが国には、「異質なものを認めない和の精神」がはびこることになった。元来、個性の発揮をよしとしてきた多神教国家が、人と同じこと、人の輪から外れないことを要請する国家に変質してしまったのです。こうした風土は戦後も変わることなく、家族主義的な企業文化に継承されていきました。


相手の何を見れば信用できるのかといえば、それは「気」です。空気、雰囲気、活気……。日本語には気がつく言葉が大変に多くありますが、心にやましいところのある人物は、必ずやましい雰囲気を醸し出しているものなのです。ですから、じっと目を見てこちらを見返してくる瞳にやましさがなかったら、とりあえず人間としては信用していい。反対に、どれほど周到な事業計画書を持ってきたとしても、どこかやましそうな雰囲気を醸し出していたら、絶対に信用してはいけない。こうした感覚は、何人もの起業家に会っていくうちに、自然と磨かれてくるものです。


ベンチャー詐欺師の口車に乗ってお金を注ぎ込んでいては、いくらお金があっても足りません。正直言って、数少ないものの、私も過去にそうした経験をしていますが、信用できる人間を見抜く眼力を養うことができたと思います。


「神様が見ている」「お天道様が見ている」とは、たとえ誰の目からも見えない場所、隠れた場所であっても、神様は人間を取り巻いている森羅万象に宿っておられるのだから、すべてをお見通しだよという意味なのです。むろん、キリスト教のような一神教にも神様に見られているという感覚はあるでしょうが、一神教で大切なのは神様との契約です。契約をきちんと守っているかどうかが重要なのです。しかし、神道では、契約を守っているかどうかではなく、自分を取り囲んでいる八百万の神に対してやましいことをやっていないかどうかが大切なのです。


私が信頼するのは、頭のいい、お行儀のいいエリートではなく、あまりにも個性が強すぎて仲間外れにあったり、学校で先生から目をつけられたりしてドロップアウトせざるをえなかった、そしてそれを乗り越えて充実した人生を本気でつくり上げていこうとする人材です。そんな人こそ、石に囓り付いてでも事業を成長させる根性を持っている。


まずはやりたいことを見つけることが先決。やることが決まったら、脇目も振らずに一生懸命取り組む。


日本には創業100年を超えた企業が3万社以上あります。これは世界でも稀なことで、100年以上続くというのはイノベーションの連続だったと思うんですよ。しかも、そのほとんどが地方のファミリー企業なんですね。


私は地方で特色ある企業経営をされている方が、堅実にビジネスを伸ばしてきたことが日本の強さだと思っているんです。私は地方にあるファミリー企業がイノベーションを起こし、いわゆるニュービジネスをつくっていくことができれば日本は活性化できると思っています。


サッカーが不毛の県と言われた所で、一生懸命採算を合わせるべく、みなさんに応援してもらうべくやっているうちに、これだけの盛り上がりの結果が出たんだと思います。


コミュニティということがよく言われていますが、たとえば家族旅行に年に二回行っているのであれば、アルビレックスの試合に合わせて周辺の温泉を予約し、温泉を楽しみながら試合に来ていただく。みなさん湯布院に行って、別府の試合を見ているみたいなんです。おじいちゃんが「アルビレックスを応援に行こう」というと、孫が一緒に来てくれるみたいなこともある。あるいは町内会を通して申込書が回覧板で回ると「隣のおばあちゃんが行くんなら、私も行くわ」みたいな誘い合わせて来てくださるとか。家族をコアにして、町内が一緒に盛り上がる。勝った時は地元に戻って町内で酒盛りするとかね。


私は存在するか否かがわからない神を祀るお宮を継ぐかどうかですごく悩みました。私が出した結論は、神主として生涯をかけて考え続けてみようということでした。


平凡でつまらない毎日から抜け出すには、面白いことを自分で見つけるしかありません。そのためには思索することが必要です。どんな生き方をしたら素晴らしい人生になるかと、自分に対して問いかけるのです。


一度の人生なので、やりたいことはやったほうが後悔しない。私自身、お宮を継ぐという時には、ものすごく悩みました。そして、お宮を継ぎ、経営者になりたいと思い、事業を立ち上げてきました。


跡継ぎになると言われ、育てられたので、代々引き継いできたものを切り捨てることは難しい。ただ、神主だけでは生活していけない。そこで、お宮を継ぐという選択と同時に、事業を興すという選択をしました。


ニュービジネスの分野では、自己判断が非常に大事なので、若手起業家を支援するときも、自己判断能力があるかどうかを一番の判断基準にしています。


小さな子どもはエネルギーがあり余って、やんちゃをすることがあります。その中で、怒られたり、社会性を身に付けることで、何が正しいのか、何を反省すべきかを学んでいくのだと思います。母は、その判断を神様との対峙によって教えてくれました。「神様は目に見えないけれど、神殿にいる神様は、あなたのことをいつも見ています。だから、何を反省すべきか、良く考えなさい」ということです。


組織が30名程度の時は、困った顔をしている社員がいたら飲みに行って頑張れと元気づけもできましたが、50名ぐらいになるとそれができなくなってくる。その時に、組織をどうしていくべきか、試行錯誤しました。そのとき、自分が個別に伝えてきた理念を文章化する必要があると感じ、今のNSGグループの理念の原型ができたんです。


本来、民主主義を構成するのは個人であり、個人が自立して社会を思いやる。そういう非常に昇華された人たちによって社会が構成されて初めて民主主義というのが成り立つのですが、そこが利己主義になっているから、日本の良さがどんどん失われているように思います。たとえば、子育て環境を整えるために保育所をつくろうとしたら、近所の住民がうるさいと言って猛反対するじゃないですか。自分たちだって子供の時代はあったのに、それをケロッと忘れてしまうんですね。やはり、社会を一緒につくっていくという共創思想というか、本来、日本人が持っていた助け合う心を取り戻さなければならないと思います。


本来、日本人というのはチャレンジ精神が旺盛なんです。明治維新も戦後の復興も地方から若者が出てきて、新しい政治や経済をつくっていった。それがいつの間にか社会全体が保守的になって、危険なことはするなと。要するに、保守的にしていることで目の前の不安が一瞬消えてしまうんです。私から言わせてもらえば、保守的になろうとすること自体が危険なことであり、保守的になって、本来見るべきものを見ようとしなくなったことが、精神的に不安定な状態を招いているような気がします。


池田弘(経営者)の経歴・略歴

池田弘、いけだ・ひろむ。日本の経営者、神主。「NSGグループ」代表、プロサッカークラブ「アルビレックス新潟」の会長。新潟県出身。國學院大學卒業後、実家の古町愛宕神社の宮司となる。従兄と共同で新潟総合学院を開設。同グループを日本有数の教育事業グループに成長させた。その後、アルビレックス新潟社長に就任。地域密着型の改革を行い、観客動員数でJリーグ記録を達成。チームのJ1昇格に貢献した。また、ベンチャーキャピタルを設立し、故郷新潟の起業家を支援する活動を行った。

他の記事も読んでみる

池上彰

本を読んで面白かったから、その内容について人に伝えたいとき「面白かった」と言ってしまってはダメだと思います。それは感想の押し売りにすぎない。説明を聞いた相手に「面白そうじゃないか」と思わせなければならない。


村上太一

おそらく最も多く読んできた本のジャンルは、起業家の自伝です。小説のように読めて面白く、また実際に成功しているという事実は何よりも説得力があります。


本田直之

幸せな生き方に変わる3か条。

  1. 本当に大切なものを選ぶ。いまの仕事、人脈、給料……、自分にとって本当に大切なものは何か棚卸ししてみる。
  2. 自分のルールをつくる。世間一般でいわれている常識も、誰かが勝手に決めたことに他ならない。他人のルールにとらわれず、自分のルールをつくるべし。
  3. 稼ぐ力をつける。現状に不満があっても変えられないのは、自分に自信がないから。稼ぐ力を身につければ、我慢して雇われている必要もなくなる。

ガー・レイノルズ

日本には「起承転結」という言葉があるにも関わらず、驚かせる部分やクライマックスがなく、ストーリー性がないプレゼンテーションも多い。情報を並べているだけなのです。


島正博

利益率が高い理由は、作り方に無駄がないからです。弊社では、製品の開発から出荷までを予め見込んで作っています。お客様が安く購入出来るように先を読んだ仕事をすることで無駄を省く努力をしています。


山田真哉

キャッシュ・フローを常にプラスにしておくという会計的な考え方が、会社経営を継続させていくうえでは、非常に重要になってきます。


岩崎裕美子

残業をなくすにはまず社員との話し合いですね。残業をやめたいけど、売り上げが落ちたら困る。その時どうするかを社員と話し合う。社員も、売り上げが落ちたら困ると思っているんです。社員は答えを知っているんです。残業して疲れるのは自分たちなんですから。


森下篤史

馬鹿っぽい高校生が両手を離して自転車に乗っていた。私は40年自転車に乗っているが両手が離せない。彼は自転車通学で毎日学校に通っている道すがら、ふとしたきっかけで手を離してみた。面白がってやっているうちに両手を離して乗れるようになった。彼と私の差は決して能力ではない。手を離して乗ってみようと思ったか思わなかったかの違いだけである。


法華津孝太

企業である以上利潤は上げなければならないが、まず社会的、国家的に見てこの事業に携わることが少しでも役に立つかどうかという価値判断の上に立つこと。私はこれをいまも経営理念にしている。


清水正孝

私は、福島第二原発に3年間勤務したことがあります。ここは、原発サイトのすぐわきに集落があります。そういう集落を歩いてみて、目に見えない放射能というものは、本当に不安だろうなと思いました。その不安をどう解消するのか。原発が安定的に稼働していることをわかりやすい言葉でお伝えし、あらゆる情報を公開していく以外にありません。これを積み重ねて積み重ねて、地域との信頼関係を築いていく以外に道はありません。


クロード・ローゼンバーグ

私たちは自分の過去の判断を正当化するために、あらゆる手段を尽くす。その誤りが証明されてからも、なおそれに固執する。


坂東眞理子

常にバランスを保とうとするのではなく、メリハリや緩急をつけることは絶対に必要。それを判断する知恵のようなものを、ぜひ身につけていただきたい。


近藤宣之

大量に仕入れた品が売れ残った「不良在庫」、使い道のない「不良設備」、売ったつもりで代金を支払ってもらっていない「不良債権」、そして虚偽申告や粉飾を平気でやってしまう「不良人材」。まずはこの4つの解消が必要だった。


中島武

大切なのはジャッジ能力なんです。「これは良くてあれは良くない」ということがわかるということ。レストランに限らず、いま何が来ていて、何が来ていないのか、それを見極めるジャッジ能力が必要ですね。


南雲吉則

売れる本を書くには、筆者が言いたいことを伝えるだけでなく、読者がどのようなものを求めているのかを考える必要があります。疑問に対して答えになる本でなければいけません。


ページの先頭へ