名言DB

9412 人 / 110637 名言

池田元英の名言

twitter Facebook はてブ

池田元英のプロフィール

池田元英、いけだ・もとひで。日本の経営者。エナリス社長。東京出身。早稲田大学教育学部卒業後、東海銀行に入社。政治家を志し、衆議院議員秘書を経て神奈川県議会議員選挙に立候補するも落選。その後、日短EXCOに入社。日短エナジー(のちのイーレックス)設立に携わったのち、松下電器産業(のちのパナソニック)出向を経てエナリスを創業。同社を東証マザーズに上場させた。

池田元英の名言 一覧

競合他社についてはあまり意識していません。みんな仲間だと思っているので。


大事にしているのは「他社と違うことをやろう」ということです。積極的にニッチな分野をこじ開けていこうということ。そのため、採用にあたっても、他人と違うことをやる、他人に負けないものを持っている人材を求めています。


誰かを排除しよう、参入を防ごうといった発想では、ビジネスは限定されてしまいます。できるだけ手をつなぎ、できるだけ取り込む。排他的にならず、すべてをオープンにするというのが当社の姿勢です。


池田元英の経歴・略歴

池田元英、いけだ・もとひで。日本の経営者。エナリス社長。東京出身。早稲田大学教育学部卒業後、東海銀行に入社。政治家を志し、衆議院議員秘書を経て神奈川県議会議員選挙に立候補するも落選。その後、日短EXCOに入社。日短エナジー(のちのイーレックス)設立に携わったのち、松下電器産業(のちのパナソニック)出向を経てエナリスを創業。同社を東証マザーズに上場させた。

他の記事も読んでみる

齋藤孝(教育学者)

本から学んだことを生かすためには、「自分にひきつけて読むこと」を心がけましょう。たとえば『論語』に「過ぎたるは猶(なお)及ばざるが如し」という言葉があります。「何事もほどほどが大切。やり過ぎは良くない」という意味ですが、単に読むだけで済ませてはいけません。自分の行動を振り返り、この言葉が当てはまる場面がなかったか考えるのです。「昨日、部下をしつこく怒ってしまったけど、あれはやり過ぎだったのではないか?」というように、実体験と結びつける。そうすればその言葉は、実体験とセットであなたの脳に焼き付いていきます。


岡田康豊

ミドル世代に求められているのは、管理職も現場も任せられる経験豊富なプレイングマネジャー。35歳以上で転職を考えるなら、たとえ管理職であっても、自ら動き、課題を見つけ、解決する能力を保ち続ける姿勢が必要。


佐々木正悟

いま行っているタスクを中断させるのは非効率的です。そのタスクに向かっているエネルギーを断ち切ってしまうばかりではなく、新たなタスクが追加されることによって、思考が混乱し、散漫になってしまうのです。思考の流れは魚の群れのようなものですから、まっすぐ向かって泳いでいた群れに、何かが当たると、群れがバラバラになってしまい、再度同じ方向に泳ぎ始めるまでに、相当な時間と手間を要します。


小池百合子

振り返れば一番の財産は人ですね。キャスター時代、経営者を400人くらいインタビューしました。40年以上、アラブの人たちとつき合ってきました。その蓄積がいまの私をつくり、いかなる問題にもたじろがない土台となっています。


ビル・ゲイツ

リスクを引き受ける気があるなら、悪いニュースに多少目をつぶることは必要だ。不安はあっても、「上手くいく保証はないが、ベストを尽くしてみようじゃないか」というぐらいの勇気はなくてはならない。


津曲孝

お客様が来てさえくれれば、どんなサービスでもできます。でも、来ていただけなければ心尽くしもできない。ですから、箱や包装紙もイタリアやフランスのものにしましたし、素材にもこだわりました。


国吉拡

人は口を開けば心を開きます。相手が顧客なら、財布を開いてくれる可能性も大きく高まります。一見、遠回りのように見えますが、相手に話させるというのは、最も効果的な伝える技術なのです。


伊東孝紳

小さいクルマでも儲かる会社になるための変革にも取り組んでいます。ただ、私にはすべてを一斉に進める腕力も能力もない。まず商品と技術から始めようと考えました。リードタイムが必要で時間がかかるけど、一番初めに変えなきゃいけないのは間違いなく商品と技術です。それが手元に来なくては、大多数のホンダの関係者は変化を身近に感じられないからです。


清水克衛

「まさか自分がそんなこと……」と思えるようなことをやれ。そうするとびっくりするくらい人は変わる。


糸井重里

「ほぼ日(ほぼ日刊イトイ新聞)」創刊時は、そこでモノが売れるとは考えていなかったです。ただ、最初からインターネットはビジネスになるとは思っていました。銀座の4丁目の角に自動販売機を置いたら、それだけで食っていけますよね。おでん屋でも花屋でも何でもいい。重要なのは銀座4丁目にあるということです。大事なのは「人のにぎわい」。人が、その街に行きたくなる理由があるかぎり、何をしたらよいかわからなくても、食う道はあると思っていました。


徳重徹

スピード感は我々ベンチャー企業の強み。現地に直接トップが交渉に赴くことで、その場で意思決定ができる。


笠真一

マクドナルド入社当時の私の勤務時間は、朝4時から深夜2時、3時。徹夜も珍しくありませんでした。約40人いた同期の半分は、夏の終わりまでに辞めました。私が辞めなかったのは仕事を楽しめたからでしょうね。「次はこんなセットメニューを出そう」「オペレーションを改善しよう」と考えて、アイデアを出す。すると、そのアイデアが当たって売上げが伸びる。すると、また新たなアイデアを出す。その好循環で、仕事がどんどん面白くなっていきました。そして気が付くと、仕事が趣味になっていました。


川村元気

企画は一枚の紙に文章でまとめて上司に見せます。本当に伝えたいことは紙一枚で十分です。ここに上司を納得させられる要素をどれだけ詰め込めるかが勝負です。


宗次徳二

とにかく褒めて社員を伸ばすという考え方もあるかもしれませんが、褒めるに値しないことまでわざとらしく褒めると、言葉が軽くなって効果がなくなる気がします。私の場合は、7対3で注意や指導の方が多い。叱るべきときは叱る、褒めるべきときは褒めると素直に考えていたら、自然とこのくらいのバランスに落ち着くようです。


三浦善司

反論してくる人は大歓迎です。社長だからといって、いつも100%正しいことを言っているとは限りません。私が10意見を言ったら、そのうち2つや3つは間違っていてもおかしくないでしょう。反論がなければ、その間違いは放置されたままになります。だから、貴重なのです。