名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

池田亀三郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

池田亀三郎のプロフィール

池田亀三郎、いけだ・かめさぶろう。日本の経営者。三菱油化社長。山形県出身。東京帝国大学採鉱冶金科卒業後、三菱合資石炭部に入社、同社で相知炭鉱副長、大夕張炭鉱長、取締役技師長、常務を経て、三菱の子会社日本タール(のちに三菱化成)を設立し社長に就任。旭硝子、三菱マグネシウム工業などの社長を兼務。第二次世界大戦後の公職追放により退社。その後、三菱油化社長・会長。そのほか、石油化学工業協会会長、日本工業教育協会会長なども務めた

池田亀三郎の名言 一覧

三菱に入ったら、真っ先に「どんなところで働きたいか」と聞かれたから「できるだけ難しいところにやってもらいたい」と答えた。


父について私が生涯忘れられないことは、常に「人間はものごとに心配ばかりしていてはつまらん。しかし、工夫は多いにしろ」と言っていた言葉だ。名言だと思う。私はよく若いと言われるが、父の教えに従って、あまりくよくよと心配しないからだろう。


外地に人を送る場合、あまり古い人でも困るが、かといっていまの新しい人はとかく行きたがらない。そこで私はよく「みんな華僑になれ」と言っている。日本人も世界のどこへでも出て、そこに骨を埋める決心でやってもらいたい。とくに最近は国際的な系列化が叫ばれている。そういう情勢を考えれば、この際、技術工業移民として、一生その地で送るつもりで行ってもらいたい。


華商は東南アジアその他に広く活躍しているが、私も収益を得られる事業を、世界のあらゆる市場に持ちたいと思っている。相手は何も東南アジアだけに限らない。これからは視野を広くし、オーストラリア、ニュージーランド、アフリカ、中南米はもちろんのこと、先進国や共産圏諸国も含めて、各地の資源のあるところに工場を建て、技術移民をし、現地に骨をうずめるようにしなければならない。


日本において、開発可能な唯一の資源は「頭脳」である。この頭脳を科学的発展に向けて、世界的に活躍したい。その根源はもちろん理工科教育にある。私が工業教育協会に情熱を持った理由もそこにある。そうして培われた日本人の頭脳から、国民生活を豊かにしていきたい。国民の頭脳の結果によって生まれた新技術、新製品を企業化して国民生活を潤し、さらにこれを遠く海外にのばしていきたいというのが私の念願である。


日本は資源も資本も乏しくて、人口のみが多いから生活は豊かでない。それらの人たちの生活をどうして豊かにするかは、事業に携わる者の責任だ。


大学で理工系に進んだのは、元来私は無口なほうで、三高時代も沈黙主義で押し通したほどだし、また、工科をやって支那大陸で活躍したいという青年らしい夢があったからだ。


日本は資源が少ないので海外に求めなければならないが、それもただ資源を日本に持ってくるだけでは、いかな低開発国でもいい顔をするはずがない。つまりこっちから金や技術や人を持っていって、向こうで仕事をするのが本当だ。事実、こうした合弁会社形式のものが目立って多くなっている。


私はいまの若い人たちを尊敬し、愛し、また彼らに大いに期待を持っているが、また同時に彼らに望みたいことは期待にそうよう責任を持ってもらいたいということだ。やればやれる力を持ちながら、責任の点で足りないものがあるように感ずるが、どういうものだろうか。せっかく期待されたからには、責任をもって期待に応えてもらいたいものだ。幸い私の会社には、近頃珍しくいい人ばかり入ってきて、実によくやってくれるので心強い。


私はしばし呆然とし、次の瞬間、死を考えた。いっそ自分も立て坑に飛び込んでしまおう。その方がどんなに楽かもしれない。が、また次の瞬間、それでは責任者として卑怯者になると考えた。なによりもまず、遺族の方々に対する責任と、会社に対する責任を取らねばならない。そう思ったら勇気が出てきた。
【覚書き:福岡三菱新入炭坑に配属されたとき、大爆発事故が発生。責任者として事に当たる決意をした時を振り返っての言葉】


池田亀三郎の経歴・略歴

池田亀三郎、いけだ・かめさぶろう。日本の経営者。三菱油化社長。山形県出身。東京帝国大学採鉱冶金科卒業後、三菱合資石炭部に入社、同社で相知炭鉱副長、大夕張炭鉱長、取締役技師長、常務を経て、三菱の子会社日本タール(のちに三菱化成)を設立し社長に就任。旭硝子、三菱マグネシウム工業などの社長を兼務。第二次世界大戦後の公職追放により退社。その後、三菱油化社長・会長。そのほか、石油化学工業協会会長、日本工業教育協会会長なども務めた

他の記事も読んでみる

茂木友三郎

リーダーシップを発揮するために大事なことは2つ。一つは情報を集める仕組みだ。もう一つが集まった情報を分析することだ。


出原洋三

当社は長期ばかりを重視していたので、短期がしっかりした会社と一緒になりました。逆に買収した英ピルキントンはあまり長期的に考えていませんでした。一番大切なのは1から2年先で、10年後に花開くことにお金を使いたがりません。欧米と日本の経営の視点の違いは、長期か短期かにあります。ベストは両方のバランスがとれていることです。


酒井秀樹

創業社長が亡くなり、私は37歳で社長に就いた。以来30年計画で自分の野望を実現しようとしてきたわけです。具体的には、大企業を上回る収益力を目指し、付加価値の高い仕事を追求しました。行き着いたのは、新製品開発を重視し、生産の大半を外部委託するファブレス経営です。
【覚書き|ファブレス=開発のみを行い量産のための生産工場を持たない製造業のビジネスモデル】


貞方邦介

僕は、広尾のオフィスから銀座にクルマで行くときも、常に街の様子を観察しています。それで、テナントが替わっているビルを見つけたら、「このビルはまた店が替わったな。立地はいいのになぜだ」と、自分なりにその理由を考える。その膨大な積み重ねがあるから、正しい判断ができるのです。


深田純子

次期社長にと請われ、父の会社に入社したのは41歳のときでした。それまで私は専業主婦で、企業社会などというものにはまったく縁がなかった。しかし、このことが会社経営をしていくうえで、私にとっては大きな強みになったように思います。


井上和幸(ヘッドハンター)

人は習慣の生き物であり、よい習慣を持っている人は評価されます。


脇若英治

日本ではワークライフバランスが「勤務時間と自分の時間のバランスのとり方」のように狭義の意味で使われる傾向があります。しかし、ワークライフバランスのワークは仕事、ライフは人生。そう考えると、そもそもワークとライフは天秤にかけるようなことでしょうか。本来は自分の人生の中で仕事をどう位置付けるかという問題です。


川越達也

僕は幼い頃あまり身体が強いほうではなかったので、今でも健康管理には気を使っています。だから、「いつ何が起こるかわからない」と思っていますし、それなりの覚悟もできています。


西藤彰

終戦後、父の故郷である島根県、今の浜田市三隅町に引き揚げてきました。それまではいわば都会暮らしでしたが、引き揚げてきてからは野山に囲まれた生活で、非常に楽しかったですね。振り返れば、私の開発力は、この大自然の中から生まれているような気がしています。私は「風」を仕事にしていますが、風はまさに自然です。機械工学ではなく、流体工学、つまり自然工学ですが、これと結びついたと感じているのです。


池口龍法

心を見つめて不安を静めれば、ひらめきが湧いてくる。


嶺脇育夫

心斎橋店ではスタッフとのコミュニケーションの大切さを学びました。その後、新宿店でも積極的に動きました。スタッフ全員と面談をして、私の方針を直接伝えましたし、逆に彼らからはその都度、情報やアイデアをもらいました。僕の下にいた副店長とは約半年間、毎日ランチを一緒に食べたくらいですから(笑)。おかげで、職場は良いムードでした。実は音楽CD市場は、僕が新宿店に赴任した1998年をピークに縮小し続けているのですが、その後も店の売り上げは好調でした。


増田宗昭

いまの時代、モノを売るのに営業スキルはあまり役立たないと思うんです。大事なのは信用。会社の信用であり、個人の信用です。「あいつが言うんだから買ってみよう」と思ってもらえるかが勝負です。