名言DB

9413 人 / 110706 名言

江頭匡一の名言

twitter Facebook はてブ

江頭匡一のプロフィール

江頭匡一、えがしら・きょういち。ロイヤルホストを運営するロイヤルホールディングス創業者。セントラルキッチン(一か所で料理を作り、レストラン各店舗で簡単な調理をするだけで料理を提供できるようにした体制。料理の提供スピードを早め、原価を抑えられる)やフランチャイズを早い時期に輸入し、外食産業の草分けとなった人物。経済人小説の第一人者城山三郎氏の「外食王の飢え」のモデル

江頭匡一の名言 一覧

忘れてはならないのは企業らしさだ。個性という一本の筋が通っていなければならない。創業者というのは頑固で、判断を間違えてお客さんが離散してしまうあぶなさもある。それでも、「らしさ」を維持する頑固さが必要だ。


目標を作り、計画を立て、それを確実に実行するときは間違いなく目標に到達する。


江頭匡一の経歴・略歴

江頭匡一、えがしら・きょういち。ロイヤルホストを運営するロイヤルホールディングス創業者。セントラルキッチン(一か所で料理を作り、レストラン各店舗で簡単な調理をするだけで料理を提供できるようにした体制。料理の提供スピードを早め、原価を抑えられる)やフランチャイズを早い時期に輸入し、外食産業の草分けとなった人物。経済人小説の第一人者城山三郎氏の「外食王の飢え」のモデル

他の記事も読んでみる

高島郁夫

24歳のとき、会社に東京転勤を直訴しました。もっと大きな仕事がしたい、と思っていたので。
【覚書き|家具製造会社マルイチセーリング大阪支店勤務時代を振り返っての発言】


利根川進

人生にとって最も大切なのは、その時々に何が最も重要な事柄であるかを良く考え、そこに全エネルギーを集中させ、その他のことは切り捨てること。プライオリティー(優先順位)の決め方を誤ると、限りある時間と労力を無駄にすることになる。


鎌田恭幸

我々は現在、投資先のすべてをウェブサイトなどで公開しています。いずれも経営理念を、社内においても社外に対しても共感してもらえるよう、しっかりと発信している「共感資本」「無形性の資産」を持った会社です。


宮本雄二

在外邦人の安全を最後まで守るためには、日本のこと、そして任地のことを詳しく知る必要があります。そのための勉強には多くの努力を払いました。


又吉直樹

厳しい先輩でも、「あれ? この人すごく面白い」「こういう面白さもあったんや」と気づくと、好きになれる。好きになると付き合うのも苦じゃなくなる。


佐藤達郎

「課題は何か」「相手の解決したいものは何か」に立ち返って考えることが、提案を通すカギ。


ケビン・ロリンズ

企業は、いろいろな戦略をとろうとするが、それが果たして有効な施策であったか、成功したかどうかは、最終的には本当に利益があがったのかどうか、という点で検証されるべきだと考えている。それ以外のところで、成功かどうかが判断されることはない、といっても過言ではないだろう。


武野龍

私が誠心誠意でお客様と向き合うことの大切さを痛感したのは、実はアダルへ入社する前、住宅メーカーで営業の仕事をしていた時のことです。最初の1年間は、なかなか商品を買ってもらえず苦悩の日々でした。「もう辞めようか……」と考えていた矢先、お客様から「武野さんだから家買います!」と言って頂けたのです。その言葉にとても救われたのを覚えています。それからは「お客様を好きになろう」「お客様のために働こう」と思うようになりましたね。あの時もがいたからこそ、お客様にご満足頂けることへの喜びに気づけましたし、今の仕事のスタイルの基盤となっています。


孫泰蔵

諦めずに頑張れるのは、自分が本当にやりたいことでなければならず、自分の考える問題をどうしても解決したいのだという強い志を持って臨まないといけません。


野口悠紀雄

音声入力を利用することで、文章を書くスピードは十倍近く速くなりました。ただし、編集や修正の作業があるので、文章が完成するまでの時間はそれほど短縮されたわけではありません。重要なのは、文章を楽に書けるようになったことです。


小林一雅(小林製薬)

買収した会社を小林流のビジネスモデルに転換させるためには、中途半端な人材を送り込むわけにはいきません。管理職だろうが現場社員だろうがエースを送り込む。ただ、エースを送り込むと、既存の現場が打撃を受ける。要するに、エ-ス社員を引き抜いてでも買う価値があるのかを徹底的に見定めるのです。


岩崎高治

提携の発表直後から、上手く行くと言う人もいる一方で、破談になるという声も聞こえていました。お互いが協力してメリットを享受しましょうということですから、資本云々の話は全くの別問題です。皆さん、資本提携から合併というストーリーを作りたがる。それが念頭にあったから、そういう表現になるんですよ(笑)。
【覚え書き|ヤオコーとの提携について】


大宮久

昨今は国内外の政治、経済情勢を見極めることが難しいと感じます。技術革新の速度も速くなっている。競争が激しくなる中で、どんな環境変化にも対応できる安定的な事業構造をつくり、他社と差異化された良質な商品を提供し、競争に勝ち残る企業にしていかなければなりません。当社ではまず、海外売上高比率16%以上を目指しています。これによって為替変動の影響にも耐えられる、バランスのとれた企業にしていきたい。


最首英裕

資金繰りが苦しく、サービスがなかなか立ち上がらないなど苦境のときは意外と潰れない。逆にこんなことで負けてたまるかと組織は団結する。


金美花

開店直後のセールでは多くのお客さまで賑わいましたが、終わるとピタッと止まりました。そこで知り合いの繁盛店のシェフに教えを請うたのですが、逆に喝を入れられてしまって。私が何も知らな過ぎたのが原因です。開業したとはいっても素人のままで、仕事に対する真剣さも今から思えばありませんでした。そこを叱責されたのです。このひと言をきっかけに心を入れ替えました。人の10年分の苦労を1年で積み重ねようと。