名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

江草康二の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

江草康二のプロフィール

江草康二、えぐさ・こうじ。日本の経営者。「テー・オー・ダブリュー」社長。東京都出身。立教大学経済学部卒業後、電通、オグルヴィ・アンド・メイザー・ジャパン取締役マネージング・ディレクターなどを経てテー・オー・ダブリューに入社。取締役兼執行役員社長室長などを経て社長に就任。

江草康二の名言 一覧

当社が大事にしている言葉は、「僅差は大差」です。「一つ一つの差は小さくとも、積み重なればそれは大きな差となってくる」ということです。


大小を問わず、仕事を大きなミスなくやり遂げることは、実績になり、信用につながります。


他社がやらないことを、例え小さなことでも地道に積み重ねていく。


各営業マンがコンペの勝率にもこだわりながら、それぞれの目標を達成することで競争力を維持しています。


もともと、イベント専門の会社だったのが、セールスプロモーションまで手掛けるようになったのは、顧客の要望に応えたからです。顧客は単にイベントがやりたいのではなく、プロモーションの一環としてイベントを依頼しています。今ならば、デジタルを生かした企画、さらにはインタラクティブなプロモーション企画まで、当社は提案して実行しています。


常にお客さまが少しでも喜んでくれるような、そんな差を生み出していく。他社がやらないことを少しずつ積み上げていくようにしています。


江草康二の経歴・略歴

江草康二、えぐさ・こうじ。日本の経営者。「テー・オー・ダブリュー」社長。東京都出身。立教大学経済学部卒業後、電通、オグルヴィ・アンド・メイザー・ジャパン取締役マネージング・ディレクターなどを経てテー・オー・ダブリューに入社。取締役兼執行役員社長室長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

中井政嗣

部下について悩みがあれば、本人抜きであれこれ考えるよりも、本人に直に聞きに行けばいいのです。もちろん詰問調で聞いてはいけません。そのときの自分の顔や口調が相手を不快にさせるのか、元気にさせるのか。それを常に考えながら接しなければならないと思います。人の心は、顔の表情や態度、声の音色から、相手へ瞬時に伝わってしまうのです。


岡本欣也

抽象的な言葉を使うと、ターゲットの顧客にまで、他人事のような印象を与えてしまう。


野村忠宏

天理大学時代、当時の試合形式の乱取り練習は6分×13本だったのですが、僕は「残り何分?」「あと何本?」という意識で乱取りをこなしていました。するとそれを見抜いた細川(伸二)先生は「そのやり方は駄目だ。限界がきたら休んでもいい。ただし、最初の1本から全力を出し切れ」と。その後、1本1本を必死に取り組むようになってから、劇的に自分が強くなっていくのが分かりました。細川先生は、無駄をそぎ落とした意味ある努力の重要性を教えてくれたのです。


金丸恭文

ヘテロジニアスと言うのは日本語にすると「異質」とか「異端」の意味です。私が親しくしている社長に、社長だからいいものの、一社員だったら彼を引き上げる上司はいるのかなと思うくらい、異常に近いというか、狂気の世界にいるという感じで非常にパワフルな人物がいます。異質であるとか、異端児と言う呼び名は褒め言葉だと思います。最後に勝ち残るのは、どんな失敗をしても成功するための執念やこだわりがある人、エネルギーが多い人なんです。


最首英裕

ITの専門知識を持たない普通の人が社会の役に立つアイデアを持っていても、そのイメージを正確にエンジニアに伝えることは難しい。以前からエンジニアを介するジレンマがあった。その課題を解決したい。


田中節三

ある日、ソテツのドキュメンタリー番組を観ていたときアイデアが生まれた。5億年って、その間に何度氷河期を乗り越えてきたんだろうと考えた。待てよ、今の植物の多くも、氷河期を経過しても絶滅せずに繁茂しているじゃないか。すごい「生命力」だ。バナナも同じなんじゃないか、人工的に氷河期を経験させれば、その生命力を最大限に引き出せるんじゃないか、と。


北野宏明

重要なことはオープンネス(開放性)だ。一社が技術を囲い込むことがあれば成長は見込めない。各社の製品が相互にネットワークへ乗り入れ、製品群が有機的につながることが重要だ。


長門正貢

大事なのはリスクコントロールです。今まではリスク管理統括部という部署があっただけですが、オペレーショナル・リスク管理室や格付けを行っている審査部と、国内外の経済情勢、金融・資本市場動向等を分析する調査部とを統合してリスク管理部門を設置しました。


山田昇(ヤマダ電機)

英語の社内公用語化で本当に企業理念を理解できるかというと、どうなんでしょうか。やっぱり日本の市場で、日本語で育った会社ですから。その理念や文化を外国語で教育するのは、なかなか難しいよね。理解できないでしょう。日本語の実態が分からなければ。


岸見一郎

部下の仕事ぶりに不満がある場合、まっとうな上司なら、部下のやる気に火をつけるような建設的な言葉がけができるはず。


上野和典

去年売れたものを、マイナーチェンジしてもう一度出す、といった方法は3回が限界。それ以上やると飽きられます。定番となっているコンテンツを扱う際は、とくに意識して新規性を出すよう努めています。


南壮一郎

管理職候補を採用するときの失敗パターンは、自社に必要なスキルに注目し、ピンポイントで採用してしまうケース。たとえば英語が堪能だとか、ブラジルに進出したいので現地でビジネスを経験したことがある人がほしいなど。もっと細かいところでは、「アメリカで商標登録をした経験がある法務に通じた人がほしい」という超ピンポイントの依頼もあった。確かにビジネスの変化が激しいので、今必要な人材をすぐにでもほしいという気持ちはわかるが、それだけで決めてしまうと危ない。