名言DB

9,502 人 / 112,123 名言

江戸英雄の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

江戸英雄のプロフィール

江戸英雄、えどひでお。日本の経営者。「三井不動産」社長・会長。茨城県出身。東京帝国大学法学部卒業後、三井合名に入社。その後、三井不動産に移り取締役、社長、会長などを務めた。戦後、財閥解体された三井グループの再結集に尽力。そのほか、ディベロッパーとして東京ディズニーランドや筑波研究学園都市の開発に携わった。勲一等瑞宝章を受章。

江戸英雄の名言 一覧

会社を伸ばす有能な人間にはクセがある。


運に恵まれるには、努力が必要である。


経営者は人間として部下と対峙できるか。その時、自分を支えるのは公私のけじめをはっきりさせた身辺の清潔さである。


経営者としての肩書きを取り去ったあとの人間の中身を、部下の社員の目にさらしたとき、恥ないだけの自信があるかどうか。


企業経営の基本は、人の心を大切にすることである。肩書や財産などを基準に相手を判断するのではなく、相手の人間そのものを見極めて対応することが重要になる。【覚書き|上記は三越事件直後に事件についてコメントしたもの。三越事件は当時の三越社長岡田茂が行った汚職・背任事件。企業を私物化し、愛人とともに19億円以上の特別背任を行った。】


戦後の道義が地に堕ちた時代、会社に大きな事件があった。その中にあって私は敢然として私の正しいと信ずる考えを主張した。その際、好ましからざる第三者が介入してきて、私の主張を曲げなければこの世から消してしまうと言ってきた。戦後の混乱の時代でなければ考えられぬことです。私は敢然と戦い抜きました。


社会に出て60年になります。その間日本は史上かつてなかった戦争に完敗して全国土が占領されてしまうような大事件にあった。日本はその後のどん底状態から立ち上がって今日の姿になりました。数千年四つの島に生きてきた優秀な単一民族である日本人特有の勤勉と努力の成果である。その間私生活の上にもさまざまな変遷があった。戦後苦難の時代を定期収入とて別に持たない中で、家族皆が必死になって生き抜いてきた。


人脈が広いなどと言われますが、もともと人と人の触れ合いを大切にすることを人生の一つの指針としてきましたし、人の相談にはできるだけのことをするよう心がけてきました。それでいつしか人脈が広がったんでしょう。日常の人の世話が仕事に生きてくる(江戸英雄、えど・ひでお、三井不動産会長、戦後屈指の都市開発者、筑波研究学園都市の開設に尽力、世話好きな人物として愛された)


江戸英雄の経歴・略歴

江戸英雄、えどひでお。日本の経営者。「三井不動産」社長・会長。茨城県出身。東京帝国大学法学部卒業後、三井合名に入社。その後、三井不動産に移り取締役、社長、会長などを務めた。戦後、財閥解体された三井グループの再結集に尽力。そのほか、ディベロッパーとして東京ディズニーランドや筑波研究学園都市の開発に携わった。勲一等瑞宝章を受章。

他の記事も読んでみる

朝倉祐介

ミクシィに入社するまでは大学在学中に起業したネットベンチャーの社長を務め、それ以前は3三年半、マッキンゼーのコンサルタントをしていました。その経験からいえば、企業経営とコンサルティングはまったく違います。たとえるなら、野球とサッカーぐらい違うものです。


清水聰

注意したいのは、クチコミばかりを重視してはいけないということ。相変わらずテレビCMを見て、あるいは店頭でのセールスプロモーションによって購買する人は多数存在しています。また、購買に至るまでに複数のメディアに接触する人も少なくありません。


高橋克実

振り返ると、僕は周りの人に支えられてばっかりですよ。人の縁は本当に不思議。


熊谷亮丸

レポートを作成するに当たっては、一番旬なテーマや切り口を調査本部のエコノミスト、研究員と一緒に徹底的に議論する。このプロセスは部下の指導も兼ねています。仕上げの直前は一日おきぐらいに集まって、数時間議論して詰めるのです。


塚越寛

私は急成長は否定しますが、大きくなること自体を否定しているわけではなく、むしろ成長はすべきなんです。問題は、そのスピードが身の丈に合っているかどうかです。


谷原誠

質問をする際にはマナーを逸脱しないことに注意が必要です。質問したら相手の答えをちゃんと待ち、答えに対してコメントを返してから次の質問に移る、という「質問→回答→コメント→質問」のサイクルを守ること。そうしないと、相手は責められているなどと感じて、口をつぐんでしまう可能性があります。


ゆうきゆう

手伝えることはないかと、周囲にこまめに声をかける。共同スペースの整頓をする。一見小さく思える行動ですが、案外、人は見ているものです。「よく気がつく人」という印象を抱いてもらえるでしょう。


小川賢太郎

最も大事だと思うことは、何か問題が起こったときに、即座にそれをオープンにできるかどうかだと思うのです。企業は人で組織されています。たくさんの人が結集しているわけですから、中には問題を起こす社員もいれば役員もいます。嘘をつく役員や社員もいるでしょう。あるいは消費者を欺く文言で宣伝をするような行為も起きるかもしれません。株式会社では常にそういう過ちが起こり得るわけです。問題を起こした企業でも、起きるはずがないのに問題が起こったから、問題の起きた部署の内部で当事者をけしからんと恫喝したり、誰が悪いかと追及したりするケースが多いようです。これが一番良くないと思います。


伊藤慎介

国や地方自治体の支援制度に応募するときに注意しないといけないのは、お金がもらえるからと言って自分の会社がやろうとしていることに合わないものに応募すること。補助金の中には厳しい条件が課されているものもありますので、採択された結果、本来やりたくないと思っていたことをやらざるを得なくなって事業自体がうまくいかなくなってしまうリスクもあるので、そこは応募する前にちゃんと考えたほうが良いと思います。


藤田晋

圧倒的な努力をすれば、評価されようがされまいが、自分自身、納得できるようになる。そうした圧倒的な努力が、後から評価につながってくる。


中山哲也

私はお客様の利便性を向上させるために在庫は必要だと思います。在庫を持った結果、結果的にライバル企業がお客様になってくれたこともあります。また、社員の残業も減少し、女性のセールスを登用しやすくなりました。その他、ネット企業をはじめとする取引依頼が増加し、販路が拡大するなど、在庫を持つことでいろいろな効果が生まれました。


佐々木常夫

現代は、教師や上司から言われるままに動いたり、誰かの真似をしていれば、成功や幸せを手に入れられる時代ではなくなっています。自立した人間として自分の頭で考え、主体的に行動する必要があります。