江戸英雄の名言

江戸英雄のプロフィール

江戸英雄、えどひでお。日本の経営者。「三井不動産」社長・会長。茨城県出身。東京帝国大学法学部卒業後、三井合名に入社。その後、三井不動産に移り取締役、社長、会長などを務めた。戦後、財閥解体された三井グループの再結集に尽力。そのほか、ディベロッパーとして東京ディズニーランドや筑波研究学園都市の開発に携わった。勲一等瑞宝章を受章。

江戸英雄の名言 一覧

会社を伸ばす有能な人間にはクセがある。


運に恵まれるには、努力が必要である。


経営者は人間として部下と対峙できるか。その時、自分を支えるのは公私のけじめをはっきりさせた身辺の清潔さである。


経営者としての肩書きを取り去ったあとの人間の中身を、部下の社員の目にさらしたとき、恥ないだけの自信があるかどうか。


企業経営の基本は、人の心を大切にすることである。肩書や財産などを基準に相手を判断するのではなく、相手の人間そのものを見極めて対応することが重要になる。【覚書き|上記は三越事件直後に事件についてコメントしたもの。三越事件は当時の三越社長岡田茂が行った汚職・背任事件。企業を私物化し、愛人とともに19億円以上の特別背任を行った。】


戦後の道義が地に堕ちた時代、会社に大きな事件があった。その中にあって私は敢然として私の正しいと信ずる考えを主張した。その際、好ましからざる第三者が介入してきて、私の主張を曲げなければこの世から消してしまうと言ってきた。戦後の混乱の時代でなければ考えられぬことです。私は敢然と戦い抜きました。


社会に出て60年になります。その間日本は史上かつてなかった戦争に完敗して全国土が占領されてしまうような大事件にあった。日本はその後のどん底状態から立ち上がって今日の姿になりました。数千年四つの島に生きてきた優秀な単一民族である日本人特有の勤勉と努力の成果である。その間私生活の上にもさまざまな変遷があった。戦後苦難の時代を定期収入とて別に持たない中で、家族皆が必死になって生き抜いてきた。


人脈が広いなどと言われますが、もともと人と人の触れ合いを大切にすることを人生の一つの指針としてきましたし、人の相談にはできるだけのことをするよう心がけてきました。それでいつしか人脈が広がったんでしょう。日常の人の世話が仕事に生きてくる(江戸英雄、えど・ひでお、三井不動産会長、戦後屈指の都市開発者、筑波研究学園都市の開設に尽力、世話好きな人物として愛された)


江戸英雄の経歴・略歴

江戸英雄、えどひでお。日本の経営者。「三井不動産」社長・会長。茨城県出身。東京帝国大学法学部卒業後、三井合名に入社。その後、三井不動産に移り取締役、社長、会長などを務めた。戦後、財閥解体された三井グループの再結集に尽力。そのほか、ディベロッパーとして東京ディズニーランドや筑波研究学園都市の開発に携わった。勲一等瑞宝章を受章。

他の記事も読んでみる

中川政七・13代目(中川淳)

ブランディングも最終的に商品に落とし込まれますが、出発点はどちらかというと市場ではなく自分にあります。「自分がどうしたいか」「どういう商品を作りたいか」に力点を置くのです。中小メーカーの勝ち目は、ブランディングにあると考えています。


出井伸之

社長業というのはコミュニケーション業だと考えています。私の考えはこうですと突然言っても、普段から付き合いがなければ、驚くだけで受け入れにくいものでしょう。そのためにも日頃から社長はどういう人間か、どういう考えを持っているかということをみんなに示しておこうと心がけています。


ラリー・フィンク

最も重要なのは、お客様の金融リテラシーを高めるサポートをするということです。このマイナス金利の状況下でも、皆さんが銀行口座に貯蓄をして投資をしないことが、GDP(国内総生産)の伸び悩む理由でもあるわけです。銀行に資金を寝かせておくよりも、退職に備えて投資をしていくことが求められます。その際、テクノロジーを駆使して個人投資家の金融に対するリテラシーを高めていくことが、非常に重要な役割だと思います。例えば、ブラックロックの開発したリスク管理システム「アラディン」による高度なリスク管理を個人レベルで行うことも可能です。我々の開発したテクノロジーを、金融機関に所属するファイナンシャルアドバイザーなどに使ってもらうことで、その顧客となっている個人投資家に高度なアドバイスができるようになります。これは単なる富裕層向けサービスではなく、退職に備えて必要な資金が計算できるシステムや、ロボアドバイザーなどもあります。


松村清

「人間は感情の動物」であり、仮に相手の言っていることが正しくても、気に食わない人や気に食わ強い言い方だと、聞きたくないという気持ちになる。これは人間の持っている防衛本能でもあり、まず相手を好き嫌いで判断する。そして、「この人は信用できるな」と思った後に、初めて話を聞こうという気になるのだ。


岡田甲子男

私は、「偉い順に働け」を企業哲学にして、自分自身に常にムチを打って努力している。


北条重時

人から物を頂いたり、役目などを仰せつかったりすることがあったならば、仰せに従う際に、よくその心持ちを推し量らなくてはならない。


鈴木健(スマートニュース)

食事も毎日ラーメンとかカレーだと、栄養バランスが偏ってよくない。ニュースも同じで、世界の裏側から身近なところまで、適切なバランスがいい。


堤幸彦

働くってことの一面には、「好き」とか「夢」とか「仕事を楽しもう」と気軽には言えない漆黒の壁がある。アドバイスできるとすれば、たったひとつ。完全な精神論ですが、「これは楽しいんだ!」と自己暗示するしかない。労働力を切り売る毎日の中で、一点でも突破できる、楽しめる要素を見出して、それを目的にしていけばいい。


ジョン・ロック

知性が考えるための材料はすべて、まず感覚のなかにある。


石田淳(コンサルタント)

現実できる目標の立て方4か条

  1. 本当にやりたいことを目標にする。
  2. 抽象的な目標は数字化する。抽象的な目標のままだと、具体的で効果的な行動に落とし込めない。
  3. あり得ない目標は立てない。大志を抱くことは大事だが、理想が高すぎると現実味がわかないし、日々の行動にも落とし込めない。
  4. 月や週ごとのサブゴールをつくる。1年後だけだと日々のモチベーションが起こりにくい。サブゴールを小刻みに設定すべし。

榎本博明

顧客満足度は日本の文化にそぐわない。米国発の指標を無批判に輸入するのは「百害あって一利なし」です。欧米社会が自分を中心に据えて行動する「自己中心の文化」なのに対し、日本は相手との関係性を重視しながら行動する「間柄の文化」なんです。日本では従来、客と店員が対等な立場で互いを慮ってきました。ところが顧客満足度という考え方を輸入したことで、この関係が崩れています。


徳重徹

よく「海外で営業するのは大変でしょう?」と聞かれますが、私はむしろ海外のほうがセールスはしやすいと感じています。なぜなら、海外では日本企業の価値が高いからです。とくに私たちが勝負をかけている東南アジアや南アジアでは、「日本製品は品質が良い」「アフターサービスも行き届いていて安心」といった好印象を持たれています。なぜ他の日本企業は、このアドバンテージを活用して積極的に海外へ打って出ないのか不思議なほどです。


加藤史子(メンタルトレーナー)

できないところに目がいきがちですが、長所を見出された子どもは自信を持って生きられます。光と闇は表裏一体。闇の中に光を見つける作業を心がけましょう。


三木雄信

テンパらないための3か条

  1. 10秒で決断する。決断の結果がどうであれ、アクションに移して流れを止めないことが重要。
  2. いまできることしかやらない。現在の状況が掴めていないことこそがテンパる理由。今できることを積み重ねていくことで、不安の全体像が浮かび上がり、冷静に対処することができる。
  3. 焦りそうになったらトイレへ。戻るまでの数分間だけでも、頭を切り換えるためにはとても重要。

藤本隆宏

現場の能力構築を見て、企業経営者がその存続を選択すれば、その現場はとりあえず生き残る。現場が企業の経営者に選ばれる力を「裏の競争力」、商品が市場の購買者に選ばれる力を「表の競争力」と私は呼んでいる。裏表の競争力が両方ともなってはじめて、現場の長期的な生き残りが可能となり、その国にその製品を供給する生産が存続することになる。


ページの先頭へ