名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

江崎玲於奈の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

江崎玲於奈のプロフィール

江崎玲於奈、えさき・れおな。日本の科学者、ノーベル物理学賞受賞者。大阪出身。東京帝国大学理学部物理学科卒業後、川西機械製作所(のちの富士通テン)を経て、東京通信工業(のちのソニー)に入社。ソニー在籍中、半導体のトンネル効果を世界で初めて実証し1973年ノーベル物理学賞を受賞。その後、米国IBMワトソン研究所主任研究員、日本IBM取締役、筑波大学・芝浦工科大学・横浜薬科大学学長、茨城県科学技術振興財団理事長などを務めた。

江崎玲於奈の名言 一覧

技術の分野では目標を持って発明するので、必然的な成果を享受できる。それに対し、科学の分野では「偶然の女神のほほえみ」に巡り合えるところに面白さがある。


科学やビジネスに進歩をもたらすのは、飽くなき挑戦です。むろん挑戦にはリスクが付き物ですが、だからといってひるんではいけません。創造的な挑戦を続ける限り、成功しても失敗しても、あなたが得るものは大きいからです。


ある研究テーマにおいて、素晴らしい成果をあげたとしましょう。私たちはその瞬間、うぬぼれや自信過剰という厄介な病に取りつかれてしまいます。誰しも成功を目指して努力をしているのですから、成功そのものは望ましいことです。しかし半面、よほどの分別力を持たない限り、自惚れや自信過剰のために目が曇ってしまい、次から成功が難しくなります。


真空管に見切りをつけ、トランジスタの研究に打ち込んだことは、当時の環境から考えると、リスクだらけの選択でした。しかし私は、新しい分野であるだけに「二流の研究者でも、一流の論文が書けるチャンスだ」と考えたのです。その道を選んだ結果、私は半導体におけるトンネル効果を発見することに成功し、ノーベル物理学賞を受けました。


若いころの私は、真空管の研究者でした。しかし当時、真空管の技術はすでに成熟化し、たくさんの優秀な科学者が先端の研究を担っていました。そこへもたらされたのが、20世紀最大の発明であるトランジスタです。私はいち早く真空管に見切りをつけ、トランジスタの研究に打ち込みました。


挑戦した結果が失敗であれば、そのことを踏まえて新しい方向へ頭を切り替えることができるという利点が発生します。私自身もたくさんの失敗を繰り返し、そこから学ぶ人生を送ってきました。


あらかじめ進歩が組み込まれた文化であるということ。これが科学の特徴です。他方、文学や芸術や音楽には時代ごとの変化はありますが、これは必ずしも進化とはいえません。現代のビジネスマンは伝統から学ぶ芸術家ではなく、常にイノベーションやブレイクスルーを追い求める科学者のようでなければなりません。


将来は過去や現在の単純な延長ではなく、まったく別のアプローチからブレイクスルーやイノベーションが生じます。ですから、科学者は忠実なフォロワー(追随者)であるよりも、独創的なリーダーでなければいけません。若手にはそういったことを学んでほしいと思っています。


仮に科学の銀行というものがあるとすると、日本は引き出す方が多く、入金が少ない。日本は科学技術では債務国です。


時代とともに重視されるサイエンスの内容は移り変わります。従来、現象論的な側面が強かった生命科学はゲノム科学の発達で論理性が高まり、進歩のスピードはぐんと速くなりました。そして、新しい分野が開拓される時に新たな発見が生まれるのです。山中伸弥氏がiPS細胞を発見したのもその一つでしょう。


科学が抱える様々な問題は日本の高齢化と切り離せません。人間の知性には、知識を得て、それを理解する「分別力」と、新しいアイデアを生む「創造力」があります。科学の進歩にはもちろん両方必要ですが、特に重要なのは創造力。これは若い人に備わっているもので、年を取るにつれて失われていく。だから高齢化が進むと、総和として創造性は薄れていくわけです。


企業の中というのは面白いもので、上司が高圧的に指示ばかり出して、皆がそれに従うだけでは発展しません。一方でそれぞれが好き勝手にやっていても困るわけですよね。好ましい研究環境を一言で表せば、「組織化された混沌」です。部分的に見れば個々の研究者が創造力を発揮して混沌としているけれど、全体で見れば適切に管理されバランスが取れている状態です。私が働いていた当時のソニーや米IBMのワトソン研究所などは、まさにそうでした。


科学や技術の進歩に重要なのは、先入観にとらわれず、良い物を良いと評価することです。私が60年に渡米した理由の一つは、当時の日本はエサキダイオードを正しく評価できなかったから。日本では発見そのものよりも、研究者や研究所が立派であるかどうかなど、周辺的な事柄に重きが置かれていました。それに対し米国では、厳しくも公平に成果を評価するウィズダム(英知)がありました。


日本では「科学技術」とひとくくりで語られますが、本当は分けて考えるべきです。自然の原理を探究する学問である科学は、それ自体がすぐに役立つわけではありません。やがて技術に結びついて役立つものです。科学と技術の間にはちょっとしたバリアーがあるのです。それを乗り越える努力をするのがベンチャー企業です。


江崎玲於奈の経歴・略歴

江崎玲於奈、えさき・れおな。日本の科学者、ノーベル物理学賞受賞者。大阪出身。東京帝国大学理学部物理学科卒業後、川西機械製作所(のちの富士通テン)を経て、東京通信工業(のちのソニー)に入社。ソニー在籍中、半導体のトンネル効果を世界で初めて実証し1973年ノーベル物理学賞を受賞。その後、米国IBMワトソン研究所主任研究員、日本IBM取締役、筑波大学・芝浦工科大学・横浜薬科大学学長、茨城県科学技術振興財団理事長などを務めた。

他の記事も読んでみる

張本邦雄

海外に向いている人材とは、ズバリ、活きのいい奴、へこたれない奴です。


渋谷和久

採用とリテンション(人材流出対策)は同じ問題、裏表の関係。結局、採用に奇策はありません。経営者がいかに企業を魅力あるものにできるか、仕事に充実感をもってもらい、やり続けたいと思ってもらえる組織にできるかが重要。


飯田久恵

整理と収納には、什器のレイアウト、動線の最短化、適切な収納用具選び、配置など、パズルのように緻密なプランニングが必要です。その「初期設定」をきちんとしてこそ、その後の片づいた状態の維持が可能になるということを、まずはしっかり意識しましょう。


名取芳彦

同期や先輩が昇進していけば、置いてきぼりにされたような気がして悶々とするかもしれません。なぜ偉くなれないかは、自分であれこれ考えるより、周囲の人を誘って居酒屋へ乗り込み、愚痴とため息を肴にして一杯飲みながら確かめるといいでしょう。誰でも「自分で思っている第一の自分」と「他人が思っている第二の自分」がいます。この2つには大きな開きがあります。ですから、客観的に見ている人に「なぜ偉くなれないのか」を聞いた方が正しい答えが得られます。


大塚俊彦

EMCジャパンの社長にと打診があった際に、米国本社の役員ら数人と直接会い話をしました。彼らのビジョンとして共通していたのが、変化を大切にする姿勢と、顧客志向の経営、そして社員の力を最大限発揮できるような環境作りでした。この方針に大きく共感したことが、最終的に就任の決め手になりました。


櫻田謙悟(桜田謙悟)

いろんな人種が集まる国際社会では、人とどれだけ違うかを言わないと埋没してしまう。


渡文明

大事にしていることは、ガッツを持つ、あるいは逆境に強くなるということ。


ガブリエル・ベルチ

社員が成果を上げる基本は、社員一人ひとりの育成です。その人の持つ潜在力を引き出し、力を伸ばすため、全社員がIDPと呼ばれる開発育成プログラムを実践しています。


高田明(ジャパネットたかた)

理念とミッションなくして企業の継続・成長なし。パッションなくして夢は語れない。売上げの先には人の幸せが無くてはなりません。それこそが企業のミッションであり、不可能を可能にする力なのです。


齋藤茂(経営者)

任天堂「ファミリーコンピュータ」発売の前の年からアーケードゲームから距離を置いて、家庭用ゲームに力を入れていました。そうしたらファミコンがドーンときた。たまたまツイていたのは、アーケードゲームの開発のとき、「6502」というCPUを使っていました。任天堂はこの「65シリーズ」のCPUでファミコンをつくったんです。他社は大体「80シリーズ」を使っていましたから、これはものすごい偶然でした。チップによってゲームのつくり方が変わるので、それだけで我々は優位だった。もちろん慣れればいいんですけれど、それまでに時間がかかる。その間に我々はどんどんゲームをつくることができた。あの当時、ゲーム雑誌に記載されていたベストテンの半分ぐらいがうちのゲームだったこともありました。これは運以外の何ものでもありません。


ピエール・ナンテルム

多くの技術や企業を連携させ、デジタル関連サービスを創出する。その際の「アーキテクト(建築家)」のような位置付けにアクセンチュアはなりたいと考えています。「アクセンチュア・デジタル」という全社横断組織を立ち上げ、2万8千人の社員を集結させた意義はここにあります。当社のデジタル関連ビジネスは、グローバルで年間50億ドル(約6千億円)規模に成長しました。


三枝利行

東急という名前がすでにブランドになってしまったので、ある意味、仕事の話は外から来るわけですよ。中に籠っているだけでもそれなりに仕事になってしまう。でも、事業を拡大していくためにはやっぱり外に出て、新しい情報に触れるとか、未知の人と出会ったりすることが大切なのです。そういうことをやらないと会社は大きくなっていかないし、組織を革新することもできません。だから、社内のルールをぶち壊せといつも言っているのですけどね。