江島祥仁の名言

江島祥仁のプロフィール

江島祥仁、えじま・よしと。日本の経営者。「伊藤園」副会長。佐賀県出身。早稲田大学法学部卒業後、政治家秘書を経てフロンティア製茶(のちの伊藤園)に入社。埼玉支店長、関西・中部地区担当部長、取締役、常務、専務、副社長、地域営業統括本部長などを経て副会長に就任。

江島祥仁の名言 一覧

権限を与えられると、背伸びしてでも頑張るもの。それが、結果として人材育成にもつながる。

江島祥仁の名言|権限を与えられると、背伸びしてでも頑張るもの

人を育てようと思ってはいけない。自分で育つための環境をつくってあげることが大切。経営陣は社員にチャンスを与えてあげる。社員の良い点を見てあげることで人は育つのではないでしょうか。

江島祥仁の名言|自分で育つための環境をつくってあげることが大切

愚直にずっとやり続けている人の方が長続きする。長い目で考えると、そういう人がリーダーになっている。私は「愚直」という言葉が好きです。成功している人というのは、やはり愚直にやっている。

江島祥仁の名言|成功している人というのは、やはり愚直にやっている

権限委譲をどんどん行っていく。そうすることで、社員には早くその立場にふさわしい人材に成長してもらいたいというメッセージにもなる。

江島祥仁の名言|権限委譲はメッセージ

営業という仕事はお客様を増やし、商品を売り込んで市場をつくっていくことが一番の生き甲斐。

江島祥仁の名言|営業の生きがい

私が本庄八郎現会長と本庄正則前会長を見てきて学んだことは「人生意気に感ず」という生き方が大事だということです。私も人との出会いの中で、最後はやっぱり意気に感じて動いてきましたし、友人関係でも社内の人間関係でも基本は同じです。

江島祥仁の名言|「人生意気に感ず」という生き方が大事

当社ではリーダーの条件として「卑しくなるな」と教えています。そういった基本姿勢を自分の生き方として持ちなさいと教えているのです。コンプライアンスは法律にないそういったところを埋めるものだと思っています。

江島祥仁の名言|卑しくなるな

私が30歳のときに希望した関西赴任は印象に残っています。ただ、単に新規開拓を命じられるだけでなく、非常に権限委譲をしていただいたことが大きかった。大阪から徐々にお客様を獲得して支店を出していく。ですから、真っ白な地図に色を塗り込んでいくような達成感がありました。

江島祥仁の名言|非常に権限委譲をしていただいたことが大きかった

その頃、本社の給湯室の横に、本当に狭い小さな部屋があるんですが、そこでいろいろな話を聞きました。「日本一の会社をつくるんだ」、「そのためにこうした新しい事業を起こしていく」と。熱く夢を語る(本庄八郎の)言葉に、もう、私としてはまさに人生意気に感ずでしたね。こういう人と一緒に仕事がやれたら面白いなと。

【覚え書き|伊藤園入社を決意した当時を振り返って】

江島祥仁の名言|ビジョンを熱く語る

私が新規開拓を続けてこられたのは、新しい仕事を任されているというやりがいがあったから。商品開発も現場からどんどんアイデアを出していく。本社のマーケティングが開発するのではなく現場から提案していく。これからの伊藤園にとっても絶対に必要。

江島祥仁の名言|新規開拓を続けてこられたのは、新しい仕事を任されているというやりがいがあったから

江島祥仁の経歴・略歴

江島祥仁、えじま・よしと。日本の経営者。「伊藤園」副会長。佐賀県出身。早稲田大学法学部卒業後、政治家秘書を経てフロンティア製茶(のちの伊藤園)に入社。埼玉支店長、関西・中部地区担当部長、取締役、常務、専務、副社長、地域営業統括本部長などを経て副会長に就任。

ページの先頭へ