江島祥仁の名言

江島祥仁のプロフィール

江島祥仁、えじま・よしと。日本の経営者。「伊藤園」副会長。佐賀県出身。早稲田大学法学部卒業後、政治家秘書を経てフロンティア製茶(のちの伊藤園)に入社。埼玉支店長、関西・中部地区担当部長、取締役、常務、専務、副社長、地域営業統括本部長などを経て副会長に就任。

江島祥仁の名言 一覧

権限を与えられると、背伸びしてでも頑張るもの。それが、結果として人材育成にもつながる。


人を育てようと思ってはいけない。自分で育つための環境をつくってあげることが大切。経営陣は社員にチャンスを与えてあげる。社員の良い点を見てあげることで人は育つのではないでしょうか。


愚直にずっとやり続けている人の方が長続きする。長い目で考えると、そういう人がリーダーになっている。私は「愚直」という言葉が好きです。成功している人というのは、やはり愚直にやっている。


権限委譲をどんどん行っていく。そうすることで、社員には早くその立場にふさわしい人材に成長してもらいたいというメッセージにもなる。


営業という仕事はお客様を増やし、商品を売り込んで市場をつくっていくことが一番の生き甲斐。


私が本庄八郎現会長と本庄正則前会長を見てきて学んだことは「人生意気に感ず」という生き方が大事だということです。私も人との出会いの中で、最後はやっぱり意気に感じて動いてきましたし、友人関係でも社内の人間関係でも基本は同じです。


私が新規開拓を続けてこられたのは、新しい仕事を任されているというやりがいがあったから。商品開発も現場からどんどんアイデアを出していく。本社のマーケティングが開発するのではなく現場から提案していく。これからの伊藤園にとっても絶対に必要。


当社ではリーダーの条件として「卑しくなるな」と教えています。そういった基本姿勢を自分の生き方として持ちなさいと教えているのです。コンプライアンスは法律にないそういったところを埋めるものだと思っています。


私が30歳のときに希望した関西赴任は印象に残っています。ただ、単に新規開拓を命じられるだけでなく、非常に権限委譲をしていただいたことが大きかった。大阪から徐々にお客様を獲得して支店を出していく。ですから、真っ白な地図に色を塗り込んでいくような達成感がありました。


その頃、本社の給湯室の横に、本当に狭い小さな部屋があるんですが、そこでいろいろな話を聞きました。「日本一の会社をつくるんだ」、「そのためにこうした新しい事業を起こしていく」と。熱く夢を語る(本庄八郎の)言葉に、もう、私としてはまさに人生意気に感ずでしたね。こういう人と一緒に仕事がやれたら面白いなと。

【覚え書き|伊藤園入社を決意した当時を振り返って】


江島祥仁の経歴・略歴

江島祥仁、えじま・よしと。日本の経営者。「伊藤園」副会長。佐賀県出身。早稲田大学法学部卒業後、政治家秘書を経てフロンティア製茶(のちの伊藤園)に入社。埼玉支店長、関西・中部地区担当部長、取締役、常務、専務、副社長、地域営業統括本部長などを経て副会長に就任。

他の記事も読んでみる

小沼大地

若手中心ですが、最近は管理職層に途上国の現地を見てもらう留職プログラムにも力を入れています。留職者が熱い想いを持って帰ってきても、組織内にその理解者がいないと、会社や世の中を変えていくのは難しい。管理職の方にも問題意識を持ってもらって、孫悟空を見守るお釈迦様のように留職者を応援してもらえれば、会社や世の中が変わるスピードがもっと速くなるはずです。


井戸美枝

ウェブ上に情報はあふれていますが、表面的なものが多く、自己判断で効果的な資産運用を導き出すのは難しいものです。専門知識を持つ第三者の目線で深掘りしていくことは欠かせません。


ジャック・ウェルチ

優れていること競争力があることは、正直であること誠実であることと矛盾するものではありません。


長谷川英祐

環境変化が激しい現在、普段は働かないアリのように、ルーティンワークは苦手でも、これまで見たこともないような問題に対処できる人材を、企業も雇っておく必要があるのではないでしょうか。


杉山登志郎

発達の凸凹があるというだけで、教育や就労で潰れてしまう。実にもったいないことです。ビル・ゲイツやスティーブ・ジョブズがどれほどの富をアメリカにもたらしたことか考えてみてください。でも、もし彼らが日本の教育システムに押し込まれていたら、きっと幼少期に潰れていたでしょうね。人間の脳は5歳前後と10歳前後に飛躍的に発達します。脳神経のネットワークがほぼ完成し、使わないネットワークは剪定されていくのがこの時期だからです。この大切な時期に、個々人の成長に合った教育機会をどれだけ提供できるか。そこを考えていかないと、大げさでなく国家レベルの損失につながるのではないかと思っています。


福森豊樹

当社の会議では、必要なデータを揃えるなど、各人が入念な準備をして臨むため、会議の内容が非常に濃く、意思決定のスピードも速いのです。いまはもう、これが当たり前だと思うようになりました。


駒崎弘樹

もちろん会社のために一生懸命働いてもいいと思います。でも僕らは、会社に所属すると同時に、社会の住人でもあるという多元的な所属をするべきだと思います。多元的に所属していれば、会社が社会に対してよろしくないことをしたときにも、迷うことなくいさめたり、内部告発できます。


舟橋孝之

自社の商品を売ることをゴールにせず、「その商品を活用して、お客様の会社の売上げアップをめざす」といった、より高い目標をお客様と共有し、それを一緒に目指すひとつのチームを組む、という気持ちになれば、契約が成立した後も自然とフォローが続くはずですし、クレームなどのトラブルにもなりにくいのです。


柏木理佳

資格とは、肩書であり、やりたいことへの自己アピールなのです。


角倉護

垣根がないことが当社の特性であり核。それぞれが、全く関係がなさそうに見える事業でも、基礎技術の部分では組み合わせをしていたり、応用しながら進んでいます。


入戸野宏

人間は何かを見る時、通常は細部より全体に注意を向けます。ところが、かわいいものを見ると細部に注意を払うようになる。それが集中力につながり、その後、ルーティンのデスクワークに戻っても効果が持続するんです。動物や幼い子供、赤ちゃんがいいですね。それらの携帯画面を数十秒眺めるだけで、作業をスムーズにこなせる集中力を回復させてくれます。


和田秀樹

仕事は受験と同じで、結果がすべてです。たとえ医者になった動機がお金儲けだったとしても、多くの患者さんの苦痛を軽減し、命を救っているのなら、その人は高く評価されます。逆に、医は仁術なりと志は高くても、いつまでも血管や神経の場所すら覚えられないような医者に、私はお世話になりたいとは思いません。


梅原誠

仕事の失敗もたくさんありますが、それについては、良かれと信じてやったことだと割り切っていました。最終的にうまくいけば、「終わりよければすべてよし」となりますから。


三木谷浩史

一番最初に導入したサーバーは、僕が秋葉原へ買いに行って自分で事務所に持って帰ってきたのだ。そういうレベルで運営できたからこそ、月額5万円ポッキリなんて無茶な価格設定ができたのだ。
【覚書き|楽天市場開始当時、入会金無料・売上マージンなしにできた理由を語った言葉。当時すでに大企業がオンラインモールを開始していたが、コストのかかる大規模システムを使っていたので商店が出店するだけで数百万円の費用がかかっていた】


清田瞭

生産性向上のためのIT投資やイノベーションに取り組む。これしか生産性を上げる道はない。


ページの先頭へ