名言DB

9413 人 / 110706 名言

江夏豊の名言

twitter Facebook はてブ

江夏豊のプロフィール

江夏豊、えなつ・ゆたか。プロ野球選手(投手)。剛速球を武器とし、世界記録であるシーズン401奪三振をはじめ多くの記録を残す。阪神タイガース、南海ホークス、広島東洋カープ、日本ハムファイターズ、西武ライオンズと渡り歩いた。

江夏豊の名言 一覧

管理野球とか、組織野球とか、わしは考えとうもない。どこが近代調なのか知らんが、選手がチームワークなんてものをいちいち考えとったら、野球なんぞできん。そんなことは上の人が考えればいいことで、わしら選手はそれぞれの持ち場の責任を全うすることが仕事やし、第一だ。


要は仕事に対する情熱、やる気や。要は勝つことや。勝とうとする意識、意欲が15年間わしを支えてきた。結局、男の精神の糧なんてものは、その男が何に対して美を見出すかの問題やと思う。わしは野球人としてのわしの美学を常に勝つことに置いてきた。


わしらはプロや。素人やない。ただひとつ。勝つことや。アマチュアなら正々堂々とかキレイごとを言っておれるし、またそれはそれで尊いことやと思う。だけど、プロは何が何でも勝つことや。卑怯とののしられようが、うしろから敵に斬りこんでいって背中に一太刀浴びせたって構わんとわしは思う。わしらはプロフェッショナルなんやから。


わしらはいつも勝つことをモットーにギリギリの修羅場を今日まで歩んできた。気がついてみたら、いつの間にかかなりの高給取りになっとった。昔、大丸工業の草野球で、2、3千円儲けては嬉々としてはしゃぎまわり、串カツをたらふく食うことを無上の快楽と心得ていた貧乏少年のわしがや。勝ってきたからや。


勝つことと、金儲けをすることが、わしの心理の上で直結していたわけではない。案外おカネには淡泊やった。プロ入り以来契約更改で揉めた記憶もない。おカネのことでごちゃごちゃするのは好きじゃなかったのだ。そりゃ、人間だからわしも一銭でも多く給料はもらいたい。でもこちらの期待する年俸が提示されなかった年でも、わしはポンポン印鑑を捺してきた。カネがもっと欲しけりゃ、来年もっと頑張ればええ。もっと勝てばええ。要は勝つんや。こう思って生きてきた。


江夏豊の経歴・略歴

江夏豊、えなつ・ゆたか。プロ野球選手(投手)。剛速球を武器とし、世界記録であるシーズン401奪三振をはじめ多くの記録を残す。阪神タイガース、南海ホークス、広島東洋カープ、日本ハムファイターズ、西武ライオンズと渡り歩いた。

他の記事も読んでみる

田村次朗

多くの交渉が駆け引き型交渉に陥る最大の原因は、準備の段階で二分法的に二つの選択肢しか考えていないことにある。これを捨てない限り、交渉は必然的にパイの奪い合い、ゼロサムゲームへと堕ちてしまう。自動車会社と部品メーカーの価格交渉の場面を考えてみると、通常、自動車会社が準備する選択肢は「部品単価を1000円引き下げさせる」と「さもなければ取引を中止する」の二つである。部品メーカー側に一方的に不安が残り、win-winの関係は形成されない。


橘フクシマ咲江

これまでさまざまな国籍の方々と仕事をしてきて感じるのは、「マナーには100%の正解はない」ということです。日本、欧米、アジア、それぞれに違った文化的背景があり、何をもって礼儀とするかも違います。しかし、共通して言えることは、相手への関心を示すことの大切さです。相手の話をよく聞き、「何か聞きたいことは?」と言われたら質問する。そうしたことが、相手への関心と敬意を伝えることにつながります。


宮口公寿

次々に新しい本へと手を伸ばし、読む速さに磨きがかかったことを確認して満足している人がいますが、これは良い姿勢とはいえません。読書の本来の目的は、得た知識を活用することにあるからです。


星野佳路

現場からの何万もの情報の中から、大変革につながるものがあるかもしれない。そのためにはまず、社員に情報を出してもらわなければ始まらない。たとえ情報の大半が役に立たないものだったとしても、決してムダにはならないと思います。情報を共有することが、「一体感のある組織」を生み出すからです。まずは何万もの情報を把握できる企業風土を作る事が重要ではないでしょうか。


小山龍介

社会人には1か月あたり100時間の自由時間があるとされています。3か月で300時間です。これは主な資格試験に合格できるかなりまとまった時間です。


上條淳士

当時のマンガのセオリーからすると、背景は場面転換の際に必要なコマであって、「死にゴマ」などという業界用語までありました。だけど、映画では普通に使われている手法ですよね。僕はマンガよりも、むしろ映画や音楽、小説から受けた影響が大きいのかもしれません。マンガのセオリーどおりではない表現をやりたかったんです。


松橋良紀

雑談では「お勧めの本」を聞くのもいいでしょう。好きな本には相手の考え方が表われるものです。さらにすぐにその本を購入して感想を伝えれば、確実に好意を持ってくれます。


笹野和泉

ファッションビジネスの世界では、動きがないと見えることは、同じことばかりやっている印象を与え、やがて陳腐化したとみなされます。アルマーニブランドは、時代を超える美意識に貫かれつつ、同時に、マーケットにおいては生き生きとめざましい展開を見せることが必要です。


小倉広

昔、ある社長に、「募金は自分の恵まれている状況に感謝し、人にお礼をすること」だと聞かされました。その習慣が身につけば、他人にも「何か役に立てることをしよう」という気持ちが自然と芽生えます。それが習慣化すれば打算なしに、行動できる人になります。コンビニのレジ前の募金箱に入れるだけでも十分ですよ。


中山愼一

人生は一度きり。何事も先延ばしにせず、その時に自分ができることを精一杯行っていけば誰しも成長できるはず。


ジョン・リディング

今後も紙の新聞は長期にわたり必要とされる時代が続く。新しい技術が登場すると、従来の技術の役割はもう終わったと見る人は多い。だが、テレビが登場してもラジオは存在し続けている。つまり、新たな媒体が登場しても、従来の媒体は新しい環境に合わせて変化していくということだ。


大山健太郎

全員揃ってする挨拶は、職場の雰囲気を良くする。アイリスオーヤマにとって一番大事な「企業理念」や、効率的なコミュニケーションに役立つ「報・連・相10か条」の確認もできる朝礼は、ムダではない。「朝起きたら、顔を洗う」のと同じくらい当たり前にやることで、欠かせないものです。


横田尚哉

誰かに仕事を依頼したり、指示を与えたりする際には、相手に応じて伝え方を変える必要があります。伝え方を間違えると、必要以上に時間がかかり、時間のロスを生じることになります。


朝倉千恵子

愛される人財を育てるためには、まず自分がどこまで部下たちを愛せるか。そしてどこまで真剣に向きあうことができるか。その一点にかかっていると私は信じて、誰に何と言われようとも、私は私のやり方で、愚直に部下たちを愛し続けたいと思うのです。


原田マハ

さりげない日常を大切に暮らすことこそ、一番の幸せ。日常を大切に生き、それを継続することが、人生を楽しむことだと思う。