江夏豊の名言

江夏豊のプロフィール

江夏豊、えなつ・ゆたか。プロ野球選手(投手)。剛速球を武器とし、世界記録であるシーズン401奪三振をはじめ多くの記録を残す。阪神タイガース、南海ホークス、広島東洋カープ、日本ハムファイターズ、西武ライオンズと渡り歩いた。

江夏豊の名言 一覧

管理野球とか、組織野球とか、わしは考えとうもない。どこが近代調なのか知らんが、選手がチームワークなんてものをいちいち考えとったら、野球なんぞできん。そんなことは上の人が考えればいいことで、わしら選手はそれぞれの持ち場の責任を全うすることが仕事やし、第一だ。


要は仕事に対する情熱、やる気や。要は勝つことや。勝とうとする意識、意欲が15年間わしを支えてきた。結局、男の精神の糧なんてものは、その男が何に対して美を見出すかの問題やと思う。わしは野球人としてのわしの美学を常に勝つことに置いてきた。


わしらはプロや。素人やない。ただひとつ。勝つことや。アマチュアなら正々堂々とかキレイごとを言っておれるし、またそれはそれで尊いことやと思う。だけど、プロは何が何でも勝つことや。卑怯とののしられようが、うしろから敵に斬りこんでいって背中に一太刀浴びせたって構わんとわしは思う。わしらはプロフェッショナルなんやから。


わしらはいつも勝つことをモットーにギリギリの修羅場を今日まで歩んできた。気がついてみたら、いつの間にかかなりの高給取りになっとった。昔、大丸工業の草野球で、2、3千円儲けては嬉々としてはしゃぎまわり、串カツをたらふく食うことを無上の快楽と心得ていた貧乏少年のわしがや。勝ってきたからや。


勝つことと、金儲けをすることが、わしの心理の上で直結していたわけではない。案外おカネには淡泊やった。プロ入り以来契約更改で揉めた記憶もない。おカネのことでごちゃごちゃするのは好きじゃなかったのだ。そりゃ、人間だからわしも一銭でも多く給料はもらいたい。でもこちらの期待する年俸が提示されなかった年でも、わしはポンポン印鑑を捺してきた。カネがもっと欲しけりゃ、来年もっと頑張ればええ。もっと勝てばええ。要は勝つんや。こう思って生きてきた。


江夏豊の経歴・略歴

江夏豊、えなつ・ゆたか。プロ野球選手(投手)。剛速球を武器とし、世界記録であるシーズン401奪三振をはじめ多くの記録を残す。阪神タイガース、南海ホークス、広島東洋カープ、日本ハムファイターズ、西武ライオンズと渡り歩いた。

他の記事も読んでみる

茂木健一郎

人間には、やりたくないこと、苦手なこと、嫌なことは先に延ばしてしまうという困った性質がある。とてももったいないことである。というのも、そのように避けていることこそが、自分にとって必要なことであり、成長のきっかけになるということがあるからだ。人間の脳にとって、苦手なことほど、やり遂げたとき、成功したときには大きな飛躍の糧になる。苦手だからといって逃げ回っているのはもったいない。本来、苦手なことほど取り組む必要があるのだ。


斎藤康博

足の筋肉は20歳から減少を始め、50歳からそのスピードが加速。80歳までにおよそ40%減少するといわれています。高齢期に寝たきりになるリスクを減らすには、やはり若いうちからの運動とたんぱく質の摂取が大事。私もウォーキングの後には、必ずプロテインを飲むことを習慣にしていますし、朝食時には牛乳、チーズ、そしてヨーグルトでしっかりたんぱく質を補給しています。


沢渡あまね

自分の強みをお金に変えるにはストーリー力が不可欠。自分が何者で、いま何をしていて、これから何を目指したいか、時間軸の中で一貫した自分の物語を作っている人は強いですね。


高橋興三(経営者)

今後、社員に鍛えてもらいたいのは「瞬発力」です。正直、2年目の今年は業績面でも厳しい。じっくり考えてから計画を立てていくほどの余裕はない。だから、何か状況が変わった時に一瞬で動くための瞬発力を持たないとあかん。


佐々木常夫

ともに幾多の試練をくぐり抜けてきた私の家族は固い絆で結ばれ、今はとても仲がいいのです。困難は家族を不幸にしないものです。


立川談志(7代目)

現実が事実だ。お前が頑張っているのはわかっているが、結果が出てないじゃねえか。


高橋政知

あんな覚書は、飛行機に乗る前に破り捨てちゃいますよ。
【覚書き:東京ディズニーランド建設の任に当たった時、米国ディズニーとの契約締結直前に、親会社三井不動産から厳しい制約条件の覚書きを渡されたことに対しての発言】


梶原しげる

スピーチは削れば削るほど、よくなる。面白い映画ほどタイトに編集されているのと一緒です。


内田恒二

製品開発にかかわる機密文書や、取引先との議事録をきちんと保管しておくのは、いろはのい。


鈴木敏文

トップがどれほど怒っているかということは、やはり唾の飛ぶ範囲で話をしないとわかりません。それでも聞いていない奴がいるのですから。
【覚書き|なぜ東京本社に人を集めるのかと問われての発言】


原田泳幸

後継者育成はマネジメントの中でもトップの命題です。しかも、世界レベルの企業では、経営者は3年で後継者に引き継ぐくらいの意識を持って仕事をしている。そういう意味では10年も社長をやってきた私は長すぎるわけで、今回の社長交代は劇的人事でも何でもありません。


伊本貴士

次世代テクノロジーの場合、これを学んでおけば安心というものはありません。大きなキーワードだけでも、枚挙にいとまがありません。全部に手を出そうとすると挫折するので、まずは興味のあるところから手をつけましょう。たとえば、教育関係の仕事をしている人なら、「教育×AI×小学生」という視点を軸に、次世代テクノロジーを学んでいく。その方が効率よく、モチベーションを維持しながら学べます。


伊東孝紳

日本では別ブランドは考えていません。過去、「アキュラ」ブランド(北米などで展開している高級車ブランド)を日本にも導入しかけましたが、リーマンショックでやめました。いまの国内市場でブランドを2つ動かしていくのは、うちの体力では厳しい。結果的にリーマンショックで救われたと思います。


植木義晴

パイロット時代、海外でのステイの際に、自分の部屋で睡眠をとってもいいのですが、時差の関係で夜中に目が覚めてしまうこともあり、よく機長の部屋に集まりました。ベテラン機長は、たいがい雑談のプロでした。いまでも彼らが話してくれた経験談が役立っています。いわば耳学問ですが、そういう場で教えてもらったことは一生忘れません。


角倉素庵

もし他国で優れた人物に出会ったら、父か師のように敬って、その国のしきたりを学び習慣に従うようにせよ。


ページの先頭へ