名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

江口征男(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

江口征男(経営者)のプロフィール

江口征男、えぐち・まさお。日本人経営者。「GML上海」総経理。神奈川県出身。横浜国立大学大学院工学研究科修了、ダートマス大学タック経営大学院でMBAを取得。外資系コンサルティング会社、子供服アパレル会社などを経て上海に移住し起業。GML上海、Y&Eコンサルティングを経営。

江口征男(経営者)の名言 一覧

多くの日本人ビジネスマンの「会社一択」の働き方は、危険性を常にはらんでいる。自分の人生のハンドルは、他人や企業に任せるのではなく、自分自身で握るべきなのです。


私自身もそうだったように、40代でもまだ人生の軌道修正は可能です。自分自身で取りつけた心のリミッターを外し、自分の心の声に従いましょう。人生は一度きりなのですから。


時々日本に戻り、日本の友人と飲むことがあります。彼らの多くは快適な環境で生活し、私以上の年収を稼いでいる人も多い。ただ、なぜか彼らと会ってもワクワク感がありません。それは、過去の古き良き時代の話ばかりで、未来の夢の話や、現在いかに楽しく、充実した人生を過ごしているかの話で盛り上がることができないからです。


「毎朝、鏡に向かって、もし今日が人生最後の日だとしたら、今からやろうとしていることをしたいだろうかと問いかけよう」。スティーブ・ジョブズがスタンフォード大学で行なった有名なスピーチの一節です。私はこのスピーチを聞いて勇気をもらい、30代後半で会社を辞め、中国に移住して起業しました。47歳になる今でもプレイングマネージャーとして中国各地を飛び周り、泥水をすすりながら、中国人社員とともに今日より幸せな明日を信じて、日々戦っています。毎日のように突発事件が起き気が休まる日はありませんが、自分自身で選んだ充実した日々を送っています。


私は、日本人と中国人ビジネスマンとの一番の差は、「カオス環境でのサバイバル力」の違いだと考えています。予測不能のカオスの環境で生き残るために重要なことは、常に「選択肢(オプション)を複数持つ」ということです。これがダメならプランB、プランCがあるという状況を常に作る。必ずしもこちらの想定どおりにことが進むとは限らないカオスの世界では、一本足打法は致命的です。


江口征男(経営者)の経歴・略歴

江口征男、えぐち・まさお。日本人経営者。「GML上海」総経理。神奈川県出身。横浜国立大学大学院工学研究科修了、ダートマス大学タック経営大学院でMBAを取得。外資系コンサルティング会社、子供服アパレル会社などを経て上海に移住し起業。GML上海、Y&Eコンサルティングを経営。

他の記事も読んでみる

佐々木かをり

たとえば、読みたい本のタイトルをメモに書いておくことはよくあると思うんですが、そのメモをなくしてしまったりするんですよね。それで、何の本だったっけ、とメモを探す。そうじゃなくて、あの本が読みたいと思ったら、いつ買うのか、いつ読むのかをその瞬間にスケジュール帳に入れてしまうんです。


原晋

勝つためには泥くさいことを積み重ねていかなければならない。


大山健太郎

企画会議では本質の部分をパワーポイントの一画面で簡潔に表現することが基本。伝えたいことが二画面にも三画面にもなると、結局何が言いたいのかわからなくなります。一画面にまとめることで、伝えたいことの本質が磨かれていきます。もし、現状の課題や競合分析を示す必要があれば、最後に補足すればいい。あるいは、プレゼンを聞く人も、細かな点でわからないことがあれば、その都度質問すればいいのです。私たちは前置きなしで本題から入るので、検討すべき案件は多くても、スピードは早いですよ。


美崎栄一郎

会社員であれば、やりたくない仕事を与えられることもあります。もちろん、会社の命令ですから、まずはやってみる。それでも「この仕事は自分にとって意味がない」と思ったら、「自分がやらなくて済むにはどうすればいいか」を考えるようにしていました。


加瀬豊

できないものを無理にやらせてメンタル面から個人を潰してしまう。これを避けることも、課題を与える上司の責任です。


ジェイ・エイブラハム

人生は、単なる瞑想によって成し遂げられる成果よりも、行動によって成し遂げられた結果の方が、より多い。


佐伯信行

当社には、「成功か大成功しかない」という言葉があります。諦めない限りは成功するんですよ。


陰山英男

一度自分を突き抜けないといけない。あなたはあなたのままでいい、なんていっていると限界を超えられません。


山本真司

20代からいわゆるスキルの習得のみに精を出す人もいるようですが、それはちょっと待てと言いたい。人が仕事で思う存分采配を振るえるのは、多くの場合40代からです。日本はもちろん、実力主義のアメリカでも同じで、30代以下の経営者というのは実は多くありません。40代のころまでに世の中がどう変わるかは予測不可能で、いま最新のスキルもそのころには色あせている可能性が高いのです。


高城幸司

たいがいの人は、上司や先輩から「商談前にシナリオを用意すること」を教わっているはずです。それなのに、面倒くさがって出たとこ勝負で商談に臨む人が大半です。「落としどころはどこにするか」「質問されそうな個所はどこか」「どんな反対意見が想定されるか。それにどう切り返すか」……。様々なやり取りを想定しておくことは、基本中の基本です。商談前に十分程度でもかまいませんから、やりとりをイメージしましょう。


天坊昭彦

何でもお金に換算する価値観は、これからの時代では難しい。


坂根正弘

今までの日本は、モノ作りの現場力だけで勝負してきたのだろう。だから今度こそビジネスモデル作りで先行しなければいけない。ビジネスモデル作りをトップが引っ張り、労使の一体感を基盤にした現場力で新たなモデルをさらに強くしていくことが大事だ。