名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

江口征男(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

江口征男(経営者)のプロフィール

江口征男、えぐち・まさお。日本人経営者。「GML上海」総経理。神奈川県出身。横浜国立大学大学院工学研究科修了、ダートマス大学タック経営大学院でMBAを取得。外資系コンサルティング会社、子供服アパレル会社などを経て上海に移住し起業。GML上海、Y&Eコンサルティングを経営。

江口征男(経営者)の名言 一覧

多くの日本人ビジネスマンの「会社一択」の働き方は、危険性を常にはらんでいる。自分の人生のハンドルは、他人や企業に任せるのではなく、自分自身で握るべきなのです。


私自身もそうだったように、40代でもまだ人生の軌道修正は可能です。自分自身で取りつけた心のリミッターを外し、自分の心の声に従いましょう。人生は一度きりなのですから。


時々日本に戻り、日本の友人と飲むことがあります。彼らの多くは快適な環境で生活し、私以上の年収を稼いでいる人も多い。ただ、なぜか彼らと会ってもワクワク感がありません。それは、過去の古き良き時代の話ばかりで、未来の夢の話や、現在いかに楽しく、充実した人生を過ごしているかの話で盛り上がることができないからです。


「毎朝、鏡に向かって、もし今日が人生最後の日だとしたら、今からやろうとしていることをしたいだろうかと問いかけよう」。スティーブ・ジョブズがスタンフォード大学で行なった有名なスピーチの一節です。私はこのスピーチを聞いて勇気をもらい、30代後半で会社を辞め、中国に移住して起業しました。47歳になる今でもプレイングマネージャーとして中国各地を飛び周り、泥水をすすりながら、中国人社員とともに今日より幸せな明日を信じて、日々戦っています。毎日のように突発事件が起き気が休まる日はありませんが、自分自身で選んだ充実した日々を送っています。


私は、日本人と中国人ビジネスマンとの一番の差は、「カオス環境でのサバイバル力」の違いだと考えています。予測不能のカオスの環境で生き残るために重要なことは、常に「選択肢(オプション)を複数持つ」ということです。これがダメならプランB、プランCがあるという状況を常に作る。必ずしもこちらの想定どおりにことが進むとは限らないカオスの世界では、一本足打法は致命的です。


江口征男(経営者)の経歴・略歴

江口征男、えぐち・まさお。日本人経営者。「GML上海」総経理。神奈川県出身。横浜国立大学大学院工学研究科修了、ダートマス大学タック経営大学院でMBAを取得。外資系コンサルティング会社、子供服アパレル会社などを経て上海に移住し起業。GML上海、Y&Eコンサルティングを経営。

他の記事も読んでみる

中原淳

「育児中の人は、仕事の負担を減らしたほうがいい」と勝手に判断しがちですが、「育児しながらでも、キャリアも追いかけたい」と考えている人もいます。十把一絡げに「女性だから、こうだろう」という対応はできないのです。本人が希望しているならば、挑戦的な仕事をするチャンスを与えるべきです。


スティーブ・ヴァンアンデル

私どもは全世界で様々な社会貢献活動を行っています。そのバックグラウンドは、私どもの創立の理念、基本的な価値観のひとつである「ファミリーを大切にする」にさかのぼります。ここで言うファミリーとは、自分の家族だけでなく隣人や地域社会も含みます。それに基づき、ホームレスのために家屋を提供したり、オペラ公演を主催したりと、さまざまな側面から数限りない社会貢献活動を実施してきました。


久保田一美

経験を積むにつれて仕事の面白さとやりがいに目覚め、31歳のときに外資系企業に転職しました。そこでは日本の企業のような総合職・一般職という区分はなく、性別や職種を問わずそれぞれが自分の仕事を確立しており、誰もが自信と責任を持って働ける環境でした。私はそこで、管理職、結婚、出産、1年間の育児休暇、子育てなどのライフイベントを経験し、30代から40代にかけて仕事と家庭を両立する働き方を実現してきたのですが、その実現の要因の一つには、職種による仕事内容の制限がなかったことも大きかったと感じています。


北方謙三

僕の志は、125歳まで生きて、小説を書き続けることだ。書きたいテーマを数え上げて、年を取って書ける枚数が減ってくることも計算に入れると、その年齢まで生きなければいけないとわかった。でもそれは無理だから、毎回「この一作で125歳までの仕事をしたな」と思える充実感のある作品を書きたいと机に向かっている。


丸谷智保

今後、大手チェーンとの競争はさらに激しくなります。その戦いに勝つ方法は唯一、ライバル以上に地域に寄り添って独自性を打ち出すことです。


谷原誠

どうしても悩みに気をとられ、目の前の仕事に集中できないのなら、いったん悩みに真正面から向き合うのもひとつの方法です。そこで一応の結論を出して、仕事に戻ってくればいいでしょう。


永守重信

米国では失敗してもまだチャンスは何度もあるわけですが、日本の場合は一度失敗するとほとんど終わり。これが日本でプロの経営者の育成を遅らせている要因。


大山健太郎

アイリスとて、いまは成長を続けていますが、将来は分かりません。企業の衰退は想像以上に速いものです。トップだけが変化に対応できても意味がありません。多くのビジネスチャンスのカードを持ち続け、従業員と一丸になって変化対応していきます。


出口治明

ピントは様々な理由でズレますが、理解力が乏しいか、時分の価値観に染まっているケースが多いのではないでしょうか。物事を正しく客観的に捉えられなければズレますし、「これだ!」と過信していてもズレます。


直江文忠

明日起きたら楽しいことが待っている。その気持ちが早起きにもつながるんです。


井出進一

「金持ちじいさん」は、現役引退後の人生設計も資産形成も、時間を味方につけて手に入れてきた人ばかりです。


八木宏一郎

ビジネスとして成立させるには、自分だけが得をするのではなく、「みんなが得すること」を見つけるのが重要なカギ。それには業界全体を俯瞰し、足りないピースを見つけて埋めるのが早道。唐揚協会は、唐揚げ業界にとって足りないピースでした。