名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

江副茂の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

江副茂のプロフィール

江副茂、えぞえ・しげる。日本の経営者。「東陶機器(のちのTOTO)」社長・会長。満州国大連出身。名古屋大学工学部卒業後、東陶機器に入社。常務、専務、副社長などを経て社長・会長を務めた。

江副茂の名言 一覧

社内ではES(従業員満足)、社外ではCS(顧客満足)をやり、これが一体となって企業活動を行っていく、これがやはり理想だ。


従業員にもいろいろな考え方の人がいますよね。その中で今のように会社側の考えを伝え、話し合っていくうちに、自分の考えとは違うけど会社にいるのだからこれはもっともだな、と納得してもらう。そういうことを徹底してやっていくのが理想。


一度自分を見直してみる必要があります。我々は、モノをつくってお客様に買ってもらうわけですが、間には様々な人がいます。私は今年からエンドユーザー、あるいは、お客様に近い人に会おうとし始めました。それで今、お客様が何を欲しがっているか、何を困っているかが肌身で分かるわけです。


社長就任から半年間はここに挨拶に行けなど、言われるがままでした。ですが、半年たった時に、秘書に私の行動をすべてメモしなさいと言ったのです。会議で何を言ったのか、どういうお客様に会ったのか、振り返って自分の行動を反省してみようと思ったのです。自分で考える時間、考えたことをやる時間、自由時間を作ろうとしているんです。そうでないと、皆に動かされているだけで、それで社長は何でも知っているものだと思われてしまうんです。


道元の『正法眼蔵』の中に「同事」という言葉があるんですが、自分を主張しながら相手と話し、そこで無窮に一体になってものができあがる。会社もそうだと思うんですよ。例えば、お客様に対しては、そのニーズやシーズに合わせる商品を作る必要があります。すべてのお客様は一定ではないので、いろいろなモノを作りながらしかも効率良く作るという会社の立場で、こういうものを欲しいという立場に近寄って作っていくわけです。


江副茂の経歴・略歴

江副茂、えぞえ・しげる。日本の経営者。「東陶機器(のちのTOTO)」社長・会長。満州国大連出身。名古屋大学工学部卒業後、東陶機器に入社。常務、専務、副社長などを経て社長・会長を務めた。

他の記事も読んでみる

ヴィヴェーカーナンダ

人々に精神的援助を与える人間こそ、人類最大の恩人なり。


柳井正

問題は、失敗と判断したときに「すぐに撤退」できるかどうかだ。


澤上篤人

生活者として何が何でも応援したい企業の株を相場暴落時こそ断固たる応援買いに登場する個人投資家になっていきたいものだ。そうでないと、本物の長期投資家にはなっていけない。せいぜい、相場を追いかけては売買を繰り返す短期投資家と五十歩百歩となってしまう。


田原総一朗

自分の言葉で話すことに意味がある。


大前研一

バブルに踊り、日本経済や日本型経営を賛美するような本が相次いで世に出た80年代を通じて、日本はもう日本一になった、アメリカなどから学ぶものがないと驕り、次第に内向きになっていった。


岡本太郎

激しく挑み続けても、世の中は変わらない。しかし、世の中は変わらなくても自分自身は変わる。世の中が変わらないからといって、それでガックリしちゃって、ダラッと妥協したら、これはもう絶望的になってしまう。そうなったら、この世の中がもっともっとつまらなく見えてくるだろう。だから、闘わなければいけない。闘い続けることが生きがいなんだ。


薮崎敬祐(藪崎敬祐)

創業当時から21世紀はハードとソフトを作る技術とそれを広めるリアルとデジタルの流通網が重要であると考え、事業を行ってきた。


ジェームズ・アレン(自己啓発)

良心に従い善良な心でいる人は、様変わりする環境の中でも、その心を変化させることはありません。どんな状況にいようと、誰に対しても変わらない態度を見せるでしょう。そうしてますます、神聖な善良さへと向かっていきます。


松本正義

未来は想像できても予知はできません。そこで歴代の経営陣は、研究開発テーマの「選択と集中」を意識的にやらないようにしてきました。


小堀秀毅

チャレンジに問題はつきものだが、それを乗り越えることで仕事がもっと楽しくなる。


根本裕幸

社会人として働いていれば、誰でも愚痴のひとつは吐きたくなるもの。ひと昔前は、スナックのママなど「夜の街」で生きる人たちが上手な「聞き役」を担っていました。愚痴を他人に受け入れてもらえず、自分の心の内側に留めてしまうのはメンタルヘルスによくないので、愚痴を聞いてくれる「聞き役」をきちんとサーチして、環境を整えておくことが社会人生活では大切です。


真角暁子

「この製品はすごい」という表現は、書き手の主観なのでNGです。その製品のすごさを伝えたいなら、根拠となる具体的な数字や導入事例、エビデンス(証拠)などの事実を使って、相手に納得してもらわなくてはなりません。その製品がすごいかどうかを判断するのは相手にお任せして、こちらは客観的な情報だけを提供するのです。また、こちらが伝えたい情報や相手が興味を持ちそうな情報は文章の中で繰り返して、その部分に厚みを持たせる、などの工夫をします。