永野重雄の名言

永野重雄のプロフィール

永野重雄、ながの・しげお。新日本製鉄会長。東京帝国大学法学部政治科卒業後、貿易会社浅野物産に入社したが10カ月で退社。学生時代の友人のコネで富士製鋼の支配人兼工場長となり同社の経営再建を任される。再建は成功し、仕事の面白みを知った永野氏はこのあと製鉄業に邁進する。日本鉄鋼連盟会長、日本商工会議所会頭、東京商工会議所会頭、経済同友会代表幹事、経団連・日経連各顧問、日本生産性本部副会長などを歴任し財界の顔として活躍

永野重雄の名言 一覧

いま痛い目にあっているが、いまは引き締めの時。これは、次の時代にとってはいいことかもしれない。


人間というのはお互いを知ることから始まる。企業でも人間の集団ですから同じ。


「もうこれでよい」というものは人間社会にはない。


巨大企業が良くも悪くもなるのも、それを運営する者の心構え次第だ。


チームワーク、協調性は大切だ。しかし全部迎合しておったら、自分の信念に基づく進歩、発展はない。


「リレーして道を続けていく」そういうことが私にとって一番大事なことです。


事業を成り立たせる秘訣は、結局、人間の信頼と企業力。


大勢の仲間が協力して大きな成果を出す原動力は、ともに心の通い合う人間の「友愛」。


独りよがりになるな。しかし、いったん信じたことは反対を恐れず思い切ってやれ。


私の悪口はすぐに報告しなさい。しかし、言った人の名は言わないでください。


ついに夜逃げするよりなくなった。話には聞いていたが、こんなにたまらないものかと、身に染みて知らされた。
【覚書き:富士製鋼再建に奮闘している最中、昭和大不況が発生し窮地に陥った時を振り返っての発言】


人間は夢を持たねばならないが、それを実現すべく努力しなければならぬ。


男一匹、相手を殴るような気迫がなければいい仕事はできない。


日本の産業は今、これまでの一国経済から世界経済へと移行しつつあり、日本の企業はそのために体質改善を好むと好まざるとに関わらずしなければならない。紙しかり、自動車しかり、金融またしかり。今その口を鉄(製鉄業)が切ろうとしているのである。


松永(安左エ門)さんは、絶えず新しいことに取り組んでいました。私は、「おじいちゃん」と遠慮なく言っていましたが、松永さんは自分の頭を鍛錬するために、常に自分自身に問題を持ちかけるんです。この気力には感心しました。


経験を取り次ぐというのは「先にメシ食ったやつ」の責任かもしれませんね。良きにつけ、悪しきにつけ、それを次の時代を考えるための教材に出して、それが参考になるものなら。


ぼくの机に「孤高に陥らず孤独を恐れず」と書いた紙を貼っています。端的にいえば「独りよがりになるな」ということと、「百万人といえどもわれ往かん」という気概。相矛盾するようだけれども、これは両方必要だと思います。


昔はこの人間社会に特別な秘訣がありませんでしたね。自己をあるがままにさらけ出し、相互に信頼を勝ち取る。あとは各論の問題ですからね。


ロビンソン・クルーソーのように一人島で暮らす場合、せいぜい魚を何匹釣ったといった程度ですが、社会というのは人間の集団です。その人間の集団の中で仕事をしようとすれば、大勢の仲間が協力して初めて5倍、10倍の力になる。


一時的に相手の信頼を得たりするような便利な言葉を使っても、これは永い目で見ると押し通せるものではない。やはり、永い時間に耐えるものは「真実」「誠実」これにつきます。


私は幸い、甘党、辛党の両刀使いですから、夕方5時に会社が引けると「おい○○君」と後ろから声をかける。相手に応じて一杯やったり、あんみつを食べたりする。そうすると、後ろから見ても名前がわかり、趣味まで知っているということで、百の訓言よりもはるかにいい。


世界に伸びる企業や産業は、もっと強くすることによって、不得手なものを補い、全般をレベルアップすることが国民経済に寄与することになる。全世界の脅威になるように強くならなければいかんと思う。


やはり人間同士を知るというのは、300人以下ですね。隊長がおやじであとは家族、この範囲だと一人ひとりの気分までわかる。趣味から家族とか親戚を含めてね。この範囲なら単位が固いからその単位を集めていけば、これが300倍になっても強い。一番必要なのは、人間の頭脳力の限界、つまり300人の力を活用することにあるのではないかというのが私の持論。


永野重雄の経歴・略歴

永野重雄、ながの・しげお。新日本製鉄会長。東京帝国大学法学部政治科卒業後、貿易会社浅野物産に入社したが10カ月で退社。学生時代の友人のコネで富士製鋼の支配人兼工場長となり同社の経営再建を任される。再建は成功し、仕事の面白みを知った永野氏はこのあと製鉄業に邁進する。日本鉄鋼連盟会長、日本商工会議所会頭、東京商工会議所会頭、経済同友会代表幹事、経団連・日経連各顧問、日本生産性本部副会長などを歴任し財界の顔として活躍

他の記事も読んでみる

ムーギー・キム(金武貴)

モチベーションの源泉とは往々にして、自分がやっていることに対して、どれだけ腹にしっかり落ちているか、という納得感の深さである。


リード・ホフマン

変化の早い時代に生きる個人は、市場の変化をつぶさにキャッチしなければなりません。そのためには社内外の人と頻繁に意見を交換することが必須です。


石上芳男

儲け損ねたことに対して敏感になることは、利益に対する感覚を養う上で重要。


大川豊

今いる場所で、はみ出すくらいの個性を出して、思いっきり面白がって仕事したり、生きていけばいい。はみ出しすぎて、追い出されたっていいよ。いざとなったら大川興業にネタ見せに来ればいいからさ!


岩田松雄

つき合う友人を選ぶということが大切です。非情なように聞こえるかもしれませんが、「敬して遠ざける」という言葉のように、つき合いたくない人とはそれとなく距離を置いた方がいい。一緒にいて文句ばかり言う人や、自分の元気がなくなる人とは、無理につき合わない方がいいでしょう。その代わり、パワーをもらえるような人とはしっかりと向き合うべきです。ほかの部署でも構わないので、尊敬できる上司や先輩を見つけて、その人のようになることを目指して頑張るというのも有効です。


鵜澤静

私は少々厳しい環境であっても、研究開発はある程度自由にやらせなければならないと考えている。研究開発によって生まれたシーズをどうやって事業化するのかという問題はたしかにあるが、10年後に実現できそうだという画期的な技術を持っておくことは大切である。


小笹芳央

40代前半は、マネジャーになる人が多く、ビジネス人生の大きな転換期です。当然、プレーヤー時代とは異なる視点を獲得しなければなりません。


スティーブン・コヴィー

非常に素晴らしい親子関係を築いている人が、次のように述べている。「一人一人の子供に対して、それぞれ違う接し方をしてこそ、公平に接することになる」


吉田博一

僕の誕生日である06年の9月28日に、たった4人で会社をスタートさせました。設立時のメンバーには技術者は1人もおらず、地球温暖化を防止したいという思いだけで事業を立ち上げた珍しいケースです。


伊藤豊(経営者)

ネットの発達で情報の伝播力が高まったことで「大義を掲げた起業」が世間の支持を得やすくなった。


星野佳路

変化が激しいビジネスの世界では、「いつまでにこの数字を達成しないといけない」と決めること自体、難しい。期限にこだわりすぎると、肝心の「目標達成のビジョン」や「仕事の目的」を見失ってしまいかねません。


松尾康史

相手と自分との間に「愛と感謝の海を作る」ことができたからこそ、お客様の心にスムーズに近づくことができた。


齋藤茂(経営者)

上場で資金調達をする必要はありませんでした。ただ、ずっと何十年も利益が出ていると、社内が平和ボケしてしまう。空気を引き締めるには何がいいか。それで上場を選びました。


平田静子

すべてに対して「無理かも」と思わない。その代わり、「何ができるか」を考え、実行する。必要なのは、どうしたら可能になるかを考えることと、それに伴う「行動」、ただそれだけだ。その確信は今も変わっていない。


加藤丈夫

齢をとるにつれて、どうしても感覚のズレは出てきます。それは致し方ありません。しかし、若い人にいろんなことを聞かれたときに、いかに自分なりの考え方を持ち、きちんと答えられるかが重要だと思います。これは自らをどう磨いているか、自分自身の姿を問われることにほかなりません。


ページの先頭へ