名言DB

9490 人 / 112001 名言

永野健の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

永野健のプロフィール

永野健、ながの・たけし。三菱金属社長、三菱マテリアル会長。日経連会長。東京大学卒業後、三菱鉱業(現:三菱マテリアル)に入社

永野健の名言 一覧

今日と同じことを明日やるな。問題がないからと安心するのではなく、その日その日に新しくものを考えながら、積極的に対応してほしい。


いかにして力を持った人材のベクトルをそろえるか、リーダーの大事な役目です。このすべを心得てさえいれば、社会の潜在力を最大限に発揮することもできるし、社内に派閥ができてガタガタすることもない。


問題がないからと安心するのではなく、その日その日に新しくものを考えながら積極的に対応してほしい。


永野健の経歴・略歴

永野健、ながの・たけし。三菱金属社長、三菱マテリアル会長。日経連会長。東京大学卒業後、三菱鉱業(現:三菱マテリアル)に入社

他の記事も読んでみる

渡邊剛

ドイツでは、ストイックな環境にいられたこともよかったですね。お金もない。言葉は話せない。残念ながら彼女もいなかった。周囲に享楽的なものが何もなくて、手術が終わって夜に自分の部屋に戻ると「今日、教授はこんなふうに糸を返していたな」なんて、その日の作業を忘れないようにノートにつけていた。


大久保恒夫

「2対8の原則」とか「3対7の原則」とか言われますよね。すべきことが10あるとすれば、最優先の2つか3つで大半の成果が上がるということです。当社の場合なら、「あいさつ」「クリンリネス(清潔であること)」「おいしい料理の提供」の3つに絞り、それを実行できるよう、力を入れています。


村上龍

「カンブリア宮殿」という番組で多くの経営者の話を伺っていて感じるのは、時代の変化に直面した企業が自らの資源を再発見し、再構成することの重要性です。それを新たな時代に活かすことで、生き残った企業がたくさんあります。


羽鳥兼市

中古車を扱い始めてから、改めて素晴らしい可能性を秘めた業界だと認識しましたね。年間で7900万台もの中古車が存在し、良質な車もたくさんある。それなのに業界が悪く見られていた。なんとかしないともったいない。これを変えられるのは自分しかいないと思ったのです。魅力的なマーケットを前にして、心が弾みました。


束田光陽

初心者ならいきなり業者に飛び込んではダメ。自らカモにしてくださいと言っているようなものですから(笑)。まずはネットの物件情報をコツコツ見るクセをつけましょう。少し手間はかかりますが、それが不動産投資を成功させる近道。ウォッチするエリアを決め、物件の広さや築年などの条件を固定して物件を見比べます。こうすると相場観が養われて、おいしい物件と、まずい物件の判断がつくようになりますよ。


青木功

僕はゴルフが大好きだから、少しでも長くゴルフをやりたいと思っている。そのためにはトーナメントで戦えるだけの体力が必要だし、ちょっとやそっと走っても疲れない体をつくらなきゃ勝つことはできない。


吉野孝行

お客様を訪問しますと、ITに関して必ず言われます。「ITは高いね」という鋭い指摘です。これに対する私の答えはいたってシンプルです。「おっしゃる通り高いです。だからこそ、早く投資を回収し、さらに投資効果を定量的に把握することが経営者の仕事です」と。


矢島里佳

0から6歳までを対象に、伝統を生かした日用品を職人さんとつくって販売しています。大人向けの伝統産業品はあるのに、幼少期から使える商品は圧倒的に少ない。それで年齢層を絞りました。


野澤隆

一番有効で用意周到な方法は、まず叱りたいと思っている部下が苦手な分野を見つける。そして「帰社する際、机に書類を残さない」のように反論しづらいルールをひとつだけ設定し、普段から説教できる機会をつくっておくのだ。部下も「叱られているけれど、無理を言われているわけではない」という意識になるため、説教をパワハラと感じさせない関係を築くことができる。さらに適用される者が少ないため、批判を受けにくい。


平尾誠二

私は、リーダーが怒るということは、あまりいいことだとは思いません。しかし、怒らなければならないときもあります。たとえば、チーム全体で約束したことを、できる状態にあったにもかかわらずやらなかったときです。これはチームを裏切り、ほかのメンバーの努力を台無しにしたことですから必ず怒ります。


星野佳路

私の場合、何か困ったとき、解決したい問題が発生したときに、それを解決してくれる本を探して読みます。逆に困らなければ、本は読みません。


ルディー和子

他人から褒められ、社会的に評価されると脳が快感を得ます。報酬系と呼ばれる脳の一部が活性化します。企業は、富裕層の報酬系が喜ぶような高額商品を企画し、いまあなたがお金を使わなかったら日本経済は困るんだということを上手に教えてあげなくてはいけません。それこそがマーケティングです。お金持ちならその商品を買って当然、買わないと恥ずかしい、その商品を買うことが社会への貢献につながるというメッセージを広報活動を通して広げていくべきです。