名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

永谷研一の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

永谷研一のプロフィール

永谷研一、ながや・けんいち。日本のビジネストレーナー、発明家。静岡県出身。東芝テック、日本ユニシスを経てネットマンを設立。目標達成や行動習慣化などについて教えた教えた。著書に『絶対に達成する技術』『人材育成担当者のための 絶対に行動定着させる技術』。

永谷研一の名言 一覧

「風呂に入るついでに体重を量る」「電車通勤のついでに英語のテキストを開く」など、ついでにやれば、やらない時と比べて習慣化率は4倍超に跳ね上がる。


内省は積み重ねるほど深まる。


行動習慣を続けるだけでは、目標達成に近づきません。振り返りが重要になってきます。


もともと習慣化しているものにくっつけると、新しく始める行動も習慣化しやすくなる。


「できなかった。その理由は……」という視点より、「できたことは、できた。でも100点満点と言えるかな。別の方法はなかったかな」という視点で振り返った方がより深く掘り下げられる。この内省を続ければ、自分の行動習慣を客観視する力が強まり、目標達成にまた一歩近づく。


解決すれば目標達成に一番近づく見込みがある問題は、他の問題よりもクリアするハードルが高い。だから、いきなりチャレンジすると挫折する。着手すべきは一番簡単な問題。


目標を達成する人の87%が、簡単にできることから手を着けています。難しい問題から手を着けて目標を達成できた人はわずか13%しかい。


できたことを書く「できたことノート」は、「できなかったこと」に向きがちな意識を、「できたこと」に向けるためのもの。「できたことノート」を使うことで、「自分はできる!」という自己肯定感が高まってきます。


自分の行動を振り返るときに気をつけていただきたいことは「できたこと」に意識を向けること。人の脳は、欠点や不足といったネガティブな部分を強く認識するようにできています。ですから、単に振り返りをするだけでは、「やろうと思ったのに、できなかった」という失敗体験ばかりが積み重なることになり、新しい習慣を身につけるのを諦めてしまう。


「新しい習慣を身につけよう」と意気込んだものの、なかなか長続きしない。そういう経験をしたことがある人は多いでしょう。その原因は、「現状維持バイアス」という、人が誰しも持っている性質にあります。すでに定着した行動を変えようとすると違和感を覚えて、元に戻そうとする力が働くのです。ですから、新しい習慣を身につけるには、ほんの少しずつ行動を変えていくのがコツ。日々の行動を振り返りながら、少しずつ調整を重ねていくのです。


永谷研一の経歴・略歴

永谷研一、ながや・けんいち。日本のビジネストレーナー、発明家。静岡県出身。東芝テック、日本ユニシスを経てネットマンを設立。目標達成や行動習慣化などについて教えた教えた。著書に『絶対に達成する技術』『人材育成担当者のための 絶対に行動定着させる技術』。

他の記事も読んでみる

チャールズ・ケタリング

過去に興味はない。未来に興味がある。なぜなら、そこで残りの人生を過ごすことになるからだ。 n


入山章栄

アマゾンをつくったジェフ・ベゾスは子供の頃から自宅ガレージを実験室のように使い、疑問に思ったあらゆることを試していたそうです。疑問に思ったあらゆることに仮説を立てて検証することは、まさに「知の探索」であり、イノベーションを生み出す行為といえます。


堀切功章

一人一人が能力を存分に発揮した結果、その力が結集して会社の推進力になっていく。「人財」こそ、企業価値を支える最大要因。ブランドを継承していくというのは、いつの時代も「人財育成」をできるかどうかに尽きる。


増田宗昭

検索はネットでグーグルを使えばできます。ただ、検索というのは、知っている範囲でしかできない。世の中というのは未知の領域が多い。ぶらっと店に遊びに来て、「あっ」と思う発見がある。それが僕らの役割だと言い続けています。


山田隆持

私は旧電電公社(のちのNTT)に入社して、線路部門(光ファイバーなどの屋外施設をつくる部門)に配属されました。線路部門はみんなで共同で仕事をする割合が非常に大きい部門でした。そこで上司から、「トータルパワーを発揮することが大切だ」と言われたものです。トータルパワーの発揮が会社の力になるし、規模的な発展につながるのだと。


浜田宏

MBAをとったあと、僕はまず、グローバルビジネスのコンサルタントになって、37歳までには、いっぱしのビジネスパーソンになろうと考えました。そうして40歳までには、最低でも社員80人、できれば数百人の外資系企業の社長になろうと。そうやって、常に5年後、10年後、自分がどうなりたいかを意識していました。


小熊英二

社会を変えるには、自分が変わり、自分が動かなければならない。


茂木友三郎

海外進出の際は現地の弁護士や公認会計士、コンサルタントを見つけることが大切です。現地に適したビジネスの仕方をしなければいけません。


池上彰

しっかり準備をしたつもりでも、思わぬ質問が飛び出し、驚かされるのが面白いところ。私は私で違う視点から見ることができるわけです。こういう化学反応が楽しくて、書くのが好きと言いながら情報バラエティをやっているように思います。


豊臣秀吉

諸国が平和で静かによく治まっているように見えても、あらゆる武備について、御油断あることなく、武具やその他兵糧に対する嗜みも、秀吉のやったように行ない、もし出陣するような事になったならば、用意万端整え、兵糧も十分に支度した上で、長期陣営の心構えが大切である。


ジョン・F・ケネディ

勝ち戦には100人もの将軍が名乗り出るが、負け戦は1人で責任を負うのみだ。


増田直紀

人間関係が豊富な人とつながりを保っておけば、その人が近道となって様々な情報やチャンスを得ることが期待できます。