名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

永谷研一の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

永谷研一のプロフィール

永谷研一、ながや・けんいち。日本のビジネストレーナー、発明家。静岡県出身。東芝テック、日本ユニシスを経てネットマンを設立。目標達成や行動習慣化などについて教えた教えた。著書に『絶対に達成する技術』『人材育成担当者のための 絶対に行動定着させる技術』。

永谷研一の名言 一覧

「風呂に入るついでに体重を量る」「電車通勤のついでに英語のテキストを開く」など、ついでにやれば、やらない時と比べて習慣化率は4倍超に跳ね上がる。


内省は積み重ねるほど深まる。


行動習慣を続けるだけでは、目標達成に近づきません。振り返りが重要になってきます。


もともと習慣化しているものにくっつけると、新しく始める行動も習慣化しやすくなる。


「できなかった。その理由は……」という視点より、「できたことは、できた。でも100点満点と言えるかな。別の方法はなかったかな」という視点で振り返った方がより深く掘り下げられる。この内省を続ければ、自分の行動習慣を客観視する力が強まり、目標達成にまた一歩近づく。


解決すれば目標達成に一番近づく見込みがある問題は、他の問題よりもクリアするハードルが高い。だから、いきなりチャレンジすると挫折する。着手すべきは一番簡単な問題。


目標を達成する人の87%が、簡単にできることから手を着けています。難しい問題から手を着けて目標を達成できた人はわずか13%しかい。


できたことを書く「できたことノート」は、「できなかったこと」に向きがちな意識を、「できたこと」に向けるためのもの。「できたことノート」を使うことで、「自分はできる!」という自己肯定感が高まってきます。


自分の行動を振り返るときに気をつけていただきたいことは「できたこと」に意識を向けること。人の脳は、欠点や不足といったネガティブな部分を強く認識するようにできています。ですから、単に振り返りをするだけでは、「やろうと思ったのに、できなかった」という失敗体験ばかりが積み重なることになり、新しい習慣を身につけるのを諦めてしまう。


「新しい習慣を身につけよう」と意気込んだものの、なかなか長続きしない。そういう経験をしたことがある人は多いでしょう。その原因は、「現状維持バイアス」という、人が誰しも持っている性質にあります。すでに定着した行動を変えようとすると違和感を覚えて、元に戻そうとする力が働くのです。ですから、新しい習慣を身につけるには、ほんの少しずつ行動を変えていくのがコツ。日々の行動を振り返りながら、少しずつ調整を重ねていくのです。


永谷研一の経歴・略歴

永谷研一、ながや・けんいち。日本のビジネストレーナー、発明家。静岡県出身。東芝テック、日本ユニシスを経てネットマンを設立。目標達成や行動習慣化などについて教えた教えた。著書に『絶対に達成する技術』『人材育成担当者のための 絶対に行動定着させる技術』。

他の記事も読んでみる

松下幸之助

自分の力というものをはっきり判定し、それをしっかり把握して、その上で社会に処していくということが、きわめて大事。


冨山和彦

日本の電機メーカーでも利益を上げている部門や事業には共通点がある。部品点数が多くて、メカトロニクスで、熱力学がかかわっている。いわばアナログの世界であり、白モノ家電や、住宅設備機器などがそうだ。気象環境によって耐久性が異なるうえ、熱を加えたり水を使ったりとある種、過酷な使い方をする。メカですから、いつかは部品が磨耗し、熱変性を起こして壊れる。こうした分野では、蓄積された連続的なエンジニアリング技術の差をなかなか埋められない。ローテクっぽく見えるもののほうが、意外にテクノロジーとしてはるかに奥が深い。ですから白モノはよその国から入ってくるのが難しい市場であり、ディフェンスの障壁が作れる産業です。


畑村洋太郎

「本を読みながら線を引く」といいますが、それは違います。読んで大事だと思うから線を引くのです。つまり線を引いた個所は2回読んでいるということです。いったん読み終わったあと、赤線の部分だけを追いかければ、その本のエッセンスが短時間に頭に入ります。


依田宣夫

資産とは、簡単に言えば、現・預貯金と売ってお金に変えられるものだ。負債は各種ローンや借入金、クレジットカードの未払い金などである。資産から負債を差し引いた金額がネット(正味)の財産である正味財産となる。


生月誠

嘆いたところで、状況は好転しません。まずは、身体の緊張を解きほぐし、リラックスすることがもっとも重要。いまジタバタしてもどうにもならないことならとりあえず脇に追いやる。そして楽しいと思えることだけに専念する。悩み続ける一日も一日、笑う一日も一日です。


似鳥昭雄

ニトリは月次ではなく、週次決算を基本にしています。月次では前月や前年と比較するときに、月の日数や曜日の配列で条件が異なってしまい、正確な比較ができません。だから週次でやっているのですが、うちの役員クラスは、月曜日に出る決算の数字や状態を見て、どこに問題があり、来年のこの週はどう改善するか、つまり問題の発見と分析と改善についてレポートしなければなりません。


野口悠紀雄

紙の手帳には、デジタルにはない長所があります。重要なのはどちらか一方を選択することではなく、上手に併用すること。それにはまず、両者の得意分野を知ることが大切です。


藤田晋

体調管理をやり直して分かったことは、良いスパイラルに入るか、悪いスパイラルに入るかのどちらかしかないということ。体調が良くなってくると運動したくなり、運動するとさらに体調が良くなる。逆は言うまでもありません。体の調子が良いと、仕事に対するバイタリティーが変わります。余裕も出て、自然と笑顔になり、人間関係もよくなります。


内永ゆか子

グローバルリーダーには独力でなれるわけではありません。強力な人脈があればこそ、大きな仕事ができるのです。個人でできることなど限られています。グローバルリーダーにとって人脈づくりは欠かせない仕事です。


中田宏

毎朝、街頭演説と掃除を続けたことで、多くの人が自分を知ってくれました。簡単なことでも、何年も続けていれば、成果はやがて現れることを学びました。
【覚書き|9年間、毎朝街頭演説を行ったことについて語った言葉】


小郷三朗

創業家でないとできないことはたくさんあるが、自分はサラリーマン。消費者に一番近いのが現場なのだから、主権は現場にあるというスタンスをとる。


赤羽雄二

今後、「自分が活躍しないと、社会の進歩が遅れる」というくらいの自負を持って、挑戦してください。