永谷嘉男の名言

永谷嘉男のプロフィール

永谷嘉男、ながたに・よしお。日本の経営者。「永谷園」創業者。東京出身。東京市立京橋商業學校(のちの東京都立芝商業高等学校)卒業後、太平洋戦争に従軍。戦後、実家のお茶製造メーカー立て直しのため「江戸風お茶づけ海苔」を開発。永谷園を設立し、同社を大きく成長させた。

永谷嘉男の名言 一覧

商売人(あきんど)は顔が広くなければならない。


小規模な企業が生き残るには、局地戦に勝て。


そのまま下請けで行くか、ブランドメーカーになるかの選択を迫られ、商標登録して後者を目指すことにした。これは難しい決断だったが、経営者とは時々こういう選択肢を意識的に設定し、選んでいくべきだと思う。【覚書き|お茶漬海苔がヒット商品になったころ、一本立ちしていくか、このまま下請けでほかのメーカーの商品を作っていくかの選択を迫られたときを思い返しての発言】


昨日よりも今日、今日よりも明日、密度を高めて人とつき合うと、不思議にどこかに引っかかって、こころがモチベートされていくものだ。そこに新しい関係価値が人間関係のなかで生まれて、成長していく気がしている。人間とはそんなものかもしれない。


永谷嘉男の経歴・略歴

永谷嘉男、ながたに・よしお。日本の経営者。「永谷園」創業者。東京出身。東京市立京橋商業學校(のちの東京都立芝商業高等学校)卒業後、太平洋戦争に従軍。戦後、実家のお茶製造メーカー立て直しのため「江戸風お茶づけ海苔」を開発。永谷園を設立し、同社を大きく成長させた。

他の記事も読んでみる

村田昭治

人間は日々、学び続けて、数多くの経験を積んでいく。学ぶと、人は小さな領域でも自信をつけて、実力がついていく。


木村成一

当社には「挑戦心」というDNAが引き継がれています。当社はもともと東急不動産の新規事業でした。社内で大反対されながら、新規事業の担当者が社長に直談判して、立ち上げました。


松井道夫

今ある不要なものを否定し排除してこそイノベーションは生まれます。不安と同居した強烈な危機感こそイノベーションを生む原動力になるのです。


イーロン・マスク

若い頃私はすごく貧しかったのですが、恐れたりはしませんでした。なぜなら私は貧しくても不幸ではなかったからです。貧しくてもハッピーであることは、リスクを取る際に非常に大きな助けになります。


カーリー・フィオリーナ

上役が下より高い給料をもらうのは、優秀だからではない。上役の方が責任が重いからだ。その責任の中には、必要なときに手を貸すこと、手に負えない事態から救うこと、守ることが含まれている。


小山昇

基本的に人間は、他人から指示されては動きません。しかし恐怖を感じたら状況を改善すべく動き出します。明らかに自分よりも能力が下だなと思っていた社員に好成績をあげさせると、これはまずいと気づくのです。それは本人にとっては一種の恐怖です。


野田真吾(経営者)

ペット関連ビジネスは、ペットショップもあれば、動物病院、ペットフードなど個々にはあります。しかし、データベースを活用して横軸でペットのインフラを作っているところはないので、そこに注力しています。


西岡喬

技術に成熟なんてあり得ません。19世紀の終わりに「技術革新はすべて終わった」なんて見方もありましたが、全然違いました。船だって燃費性能をいかに高めていくか。船のデザインを見直すぐらいでないといけません。最近では三菱重工の船でも、燃費性能が5%ぐらい良くなったものがあります。技術とは常に先に行くものなのです。


ラリー・ペイジ

「我々幹部は毎日、数時間を共に過ごし、他の時間はそれぞれ自分のチームと仕事をする」という形にすれば、もっと仕事がスムーズに進むと考えました。
【覚書き|Lチームと名付けたGoogleのトップ幹部たちを、毎日数時間共通のオフィスで仕事させている理由について語った言葉】


前川孝雄

できる上司は「作業」ではなく「仕事」として任せる。必ず目的を明確にする。それを作業に落とす工夫の部分、つまり裁量を部下に任せてこそ、仕事を任せると言えるわけです。ダメな上司は、単に作業内容とスケジュールだけを伝えているのではないでしょうか。


村上憲郎

20代の人に対しては、「英語の勉強を1日3時間、睡眠時間を削ってでもやれ」と言いたいですね。20代はこれから30年以上働いていくわけです。英語を勉強しないということは、「今後30年以上、自分は英語ができないビジネスパーソンとして生きていく」というキャリアパスを選ぶということです。日本にいると気が付かないかもしれませんが、これは正直相当リスクの大きい覚悟が必要な選択です。自覚している人は少ないですけど。


堀紘一(コンサルタント)

笑顔だけで仕事が進むわけではない。しかし、顧客との場の雰囲気を和ませる笑顔というのは、どんな仕事であれ、その人の人間性を表わすという点で重要だろう。


増田寛也

小さな自治体のよさは、首長が動きやすい点にあります。特色を出しやすい。ただし職員の層は薄い。自前の力にこだわらず期間限定で外部のプロを呼び、その力を周りに伝えていくことも重要。


倉林啓士郎

フェアトレードのコンセプトは非常に良いものなのですが、ビジネスを展開していくには、それだけではなく、やはりもっと品質やデザイン、ブランディングで他社に負けないように作らなければいけない、ということに気づいた。


大嶋祥誉

クレームなど、言いにくいことの報告だと現状を回りくどく説明したくなりますが、そうすると上司をいらだたせるだけです。言いにくいことほど、結論から話すことを意識しましょう。そのほうが、意外と、嫌な報告もしやすいものです。


ページの先頭へ