名言DB

9412 人 / 110637 名言

永田照喜治の名言

twitter Facebook はてブ

永田照喜治のプロフィール

永田照喜治、ながた・てるきち。日本の農業研究者。「永田農法」の創始者。大正時代、熊本県出身。神戸大学経済学部卒業後、郷里で農業を開始する。肥えた平地でつくるよりも荒れた岩山で作ったミカンの方が味がいいということに気づき、独自の農作物栽培法を研究開始。永田農法として確立した。日本国内のみならず、海外にも活発的に永田農法を広めた。

永田照喜治の名言 一覧

よく「美味しさの秘密は?」と聞かれますが、要は本物をつくればいいんですよ。


私はただ教えるだけでなく、自分でやってみせます。だから手は大きいですよ。


私は既存の農家には教えてもらっていません。だからこそ、目の前の現実を素直に信じることができたんです。


永田照喜治の経歴・略歴

永田照喜治、ながた・てるきち。日本の農業研究者。「永田農法」の創始者。大正時代、熊本県出身。神戸大学経済学部卒業後、郷里で農業を開始する。肥えた平地でつくるよりも荒れた岩山で作ったミカンの方が味がいいということに気づき、独自の農作物栽培法を研究開始。永田農法として確立した。日本国内のみならず、海外にも活発的に永田農法を広めた。

他の記事も読んでみる

髙﨑秀雄(高﨑秀雄)

お客さんに課題を何でも言ってもらって、技術開発陣がこれを受けて提案できることが大切です。お客さんと我々の考えとでギャップが生じることもありますが、ああでもないこうでもないと、ガチンコで、とことん話し合う。お客さんの高い要望に応えていけるかが、ハイエンド分野で勝負し続けるカギ。


江上剛

ビジネスマンは、たとえ会社にいなくても、24時間ずっと仕事のことが頭の片隅にあるものです。それが苦になるかどうかは、好きで取り組んでいる仕事なのか、人にやらされている仕事かによります。まずは、仕事を楽しめるようになること。それが本当に必要な働き方改革ではないでしょうか。


魚住りえ

2回目に会うときもやっぱり準備が必要で、前回何を言ったかを覚えておくようにしています。初めて会ったときに何を食べていた、どういう人と一緒にいて、どの店にいたとか。数年ぶりに会った人に当時の話をすると、とても喜ばれます。


大橋博(教育者)

自分が一生懸命にやれば子どもも一生懸命になる。それで子どもが成功すれば、こちらももっと頑張ろうと思う。そうやって、夢中で子どもたちと接していた。
【覚え書き|教育者になるきっかけとなった家庭教師時代を振り返っての発言】


メンタリストDaiGo

知識不足のまま、信頼できると判断した人や会社の儲け話にお金を預けてしまう。これが騙される典型的なパターン。


佐藤琢磨

「賞金もボーナスも出るし、2位でいいじゃん」と言われたとしても、2位では納得できない。「誰よりも速く走りたい」という貪欲さがあるからこそ、スピードへの恐怖心に打ち勝ってアクセルを踏めるし、テクニックを追求し続けられる。


前田晃伸

毎日、「辞めろ」と言われ続けました。辞めるのは簡単ですが、経営を立て直すのが仕事である経営者がここで辞めたのでは、あまりにも無責任だと思ったんです。「軌道に乗るまでは絶対にやめるな」というのが周囲の大半の意見でしたし、僕自身もそう思いました。
【覚書き|日本興業銀行、第一勧業銀行、富士銀行の合併後、大きなシステムトラブルが起きた当時を振り返っての発言】


松澤大之

私が資格学校の講師を務めていたとき、受講生から「授業は理解できるのに、問題が解けない」という相談をよく受けました。頭ではわかっていても、解答できないという人が多かったのです。それに対して私は、「わかることと、できることは違うんですよ」と答えてきました。わかっていても解答できないのは、インプットはできていても、アウトプットの段階まで到達できていないからです。


中田亨

大きな問題になる前に、ミスの芽を小さなうちに摘んでおく秘訣は、職場内のコミュニケーションにある。


石黒和義

それなりに役割を果たしたので、そろそろ喧噪から離れて田舎生活に移るつもりでした。それが、もう少し利他的なことにも思いを馳せて、今度はあくまで個人として、もうひと働きしてみようと再考したわけです。
【覚え書き|新会社設立について】


八塩圭子

毎日、いっぱいいっぱいです。いつも時間に追われています。決して時間管理が上手なわけではないんです。でも、直前に集中して、なんとか個々のアウトプットに帳尻は合わせています。


横井啓之

料理教室を始めたのは、食器セールス時代のお客さんの声がきっかけです。「器が良ければ、どんな料理もおいしく見える」というセールストークを武器にしていたんですが、「料理ができないから、教えてほしい」というお客さんが出てきました。街中にある料理教室を紹介しても、本格的すぎてついていけないと言うんです。じゃあ、「教えてもらう」のではなく、「一緒にやる」というコンセプトの料理教室ならうまくいくのではないかと思いつきました。だからABCクッキングスタジオは「スクール」ではなく「スタジオ」なんです。ABCとは料理のイロハを指し、完全な初心者を対象にしています。


村上憲郎

仕事へのモチベーションの源はやはり、ユーザーからの賞賛、あるいは自分たちが社会を少しでもいい方向に導いたという満足感でしょう。あるいは、夢の実現といってもいいかもしれません。「グーグル・ニュース」にしても「Gメール」にしても、もとはといえば「こんなことが実現したら嬉しい」という、エンジニア自身の夢が発端となってでき上がったサービスです。夢を追いかけるということも、とくにこれからのエンジニアには不可欠なパーソナリティーなのです。


小笹芳央

時間密度を上げる方法の一つは、「今年がこの部署での最後の1年だ」と心の中で勝手に決めること。こう思い定めることで「次の人のために自分の業務内容を整理しよう」「自分の足跡を残すために大きな仕事に取り組もう」という意欲がわいてきます。


森川亮

差別化はむしろマイナス。差別化って模倣されるのでとても難しくて、結局、「ほかにない技術」ということになってしまいます。その技術が求められてなくても、とにかくそれを使って商品をつくれというのが差別化になり、そこには「人がまず何を欲しがっているのか」という発想がなくなってしまうんですよね。たとえば当時、デジタルウォークマンという製品があったのですが、まず技術ありきなので、ある特定のセキュリティ技術を使わないと音楽がコピーできませんでした。それがみんなに求められていたのかというと、疑問です。