名言DB

9,502 人 / 112,123 名言

永田清(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

永田清(経営者)のプロフィール

永田清、ながた・きよし。日本の経済学者、経営者。慶應義塾大学教授、「日本放送協会(NHK)」会長。福岡県出身。慶應義塾大学経済学部卒業。慶應義塾大学助教授、東京帝国大学講師、慶應義塾大学教授、日本ゴム社長、福岡製紙社長、日新製糖社長、NHK会長などを務めた。

永田清(経営者)の名言 一覧

人生で大切なのは、いいコーチをもつことだ。コーチというのは手とり足とり教えてくれる。コーチを変えれば良くなったということはよくある。しかしコーチは技ではない。一番大切なのは自分に惚れてもらうという人格だ。


永田清(経営者)の経歴・略歴

永田清、ながた・きよし。日本の経済学者、経営者。慶應義塾大学教授、「日本放送協会(NHK)」会長。福岡県出身。慶應義塾大学経済学部卒業。慶應義塾大学助教授、東京帝国大学講師、慶應義塾大学教授、日本ゴム社長、福岡製紙社長、日新製糖社長、NHK会長などを務めた。

他の記事も読んでみる

三好俊夫

日本企業はこれまで、仲よくやろうとか、和の精神が一番だとか、集団主義の象徴のようなスローガンを出していました。しかし、これからはもっと競争社会であることが意識され、その中で生き残って発展していくという意欲を示した理念でなければいけない。


大竹伸一

私たちは新人だけではなく中堅層や管理職層などを対象に、きめ細かな年代別の研修制度を取り入れています。とくに重視しているのが、モチベーションの下がりがちなベテラン層の啓発です。定年までの10年、15年を気概十分に働いてもらいます。トップランナーたちを鍛えることは必要ですが、こうした底上げも大事であると感じています。


上野和典

現場ではセンスだけで仕事ができるわけではありません。私も若い時代は失敗しましたし、へこむわけですよ。「会社にいくら損をさせてしまったのか……」というような。しかし、へこむばかりでは能がないですから、「今回はいくらの損で処理し、次はいくら儲ければよいのか」と自分なりに計算するようにしました。


大泉洋

20代のころは、思いっきり役に入り込んでましたね。それがシリアスなキャラだと大変です。笑いがいっさいない、重たい過去を背負った役を減じると、私生活まで影響されました。日常生活から暗い人になってしまう。ラジオとかバラエティの仕事をやるのが苦しくなったりしてました。最近は、本番で集中力を高めるためにも、普段は役に引っ張られないようにしてます。じゃないと本番で疲れて集中できなくてね(笑)。


栗山年弘

確かに、日本の顧客のほうが言葉の面を含めてやりやすい。1980年代は日本の家電メーカーが世界を席巻していて主要顧客でした。しかし90年代以降はデジタル化が進み、市場における優劣はガラリと変わりました。アルプスは当時から伸びているグローバル企業との関係構築を進めてきました。


谷田千里

私が社長になった当時、体脂肪計の成功体験から抜け出せていませんでした。停滞というか凝り固まってしまっていたね。いろいろ手を替え品を替えて、同じ商品を売るだけ。社員にタニタとは何かと聞いても判を押したように「体脂肪計メーカー」と答える。これはダメだなと感じました。強烈に凝り固まった成功体験を組織から取り除くにはショック療法しかありません。それには、唐突に「サービス業をやっちゃうよ」と言い出すのが一番いいと思った。そこまでやれば社員も発想を変えてもらえるんじゃないかと思ったんです。


田中宏司

企業不祥事が発生すると、「悪循環」「逆スパイラル」に落ち込む。「顧客離れ→売上減少→利益の落ち込み→株価下落→資金繰り悪化→社員の士気低下→経営の動揺」と、まるで坂を転げ落ちるような勢いで企業経営は悪化する。最悪の場合は、経営破綻にもつながる。


名越康文

嫉妬や羨望の気持ちに支配されないためには、現実を見ることが大事です。誰かをうらやましく感じるのは、その人を理想化しているからです。しかしよく見ると、じつは一時的なものであったり、ある面ではうまくいっていても別のところで問題を抱えていることがよくあります。そうした現実を直視することで冷静になれるはずです。


菅谷太一

私が不動産業界に入ったのは、前職でのお客様が不動産投資をしていたのがきっかけです。自分でもやってみようと500万円の物件を取得し、セルフリフォームしたところ、相場より高く賃貸ができました。「工夫すれば、喜んで住んでくれる人がいる」と考えるようになりました。リニューアルで必ず魅力ある物件になると考えているのです。


小路明善

日本の消費者は、商品の新しい面をいつも望んでいる。


堀之内九一郎

私は自分が新入社員のころから、アメもムチも自分で自分に用意していました。欲しいアメ(目標)は自分で決めればいい。「いまのうちに苦労しておかないと、年を取ってから大変だぞ」なんて、説教くさいムチを入れてもらわなくても、自分で自分に厳しくすればいいわけですから。


小倉広

部下を叱るとき「ここがダメ」ではなく、「こうすればもっと良くなる」という前向きな表現を。これは「ネガポジ反転」と呼ばれる手法で、やる気を損なわずに欠点解消を促す効果があります。