永田清(経営者)の名言

永田清(経営者)のプロフィール

永田清、ながた・きよし。日本の経済学者、経営者。慶應義塾大学教授、「日本放送協会(NHK)」会長。福岡県出身。慶應義塾大学経済学部卒業。慶應義塾大学助教授、東京帝国大学講師、慶應義塾大学教授、日本ゴム社長、福岡製紙社長、日新製糖社長、NHK会長などを務めた。

永田清(経営者)の名言 一覧

人生で大切なのは、いいコーチをもつことだ。コーチというのは手とり足とり教えてくれる。コーチを変えれば良くなったということはよくある。しかしコーチは技ではない。一番大切なのは自分に惚れてもらうという人格だ。


永田清(経営者)の経歴・略歴

永田清、ながた・きよし。日本の経済学者、経営者。慶應義塾大学教授、「日本放送協会(NHK)」会長。福岡県出身。慶應義塾大学経済学部卒業。慶應義塾大学助教授、東京帝国大学講師、慶應義塾大学教授、日本ゴム社長、福岡製紙社長、日新製糖社長、NHK会長などを務めた。

他の記事も読んでみる

辻村深月

直木賞を受賞したとき感じたのは、自分の言葉で話せる人は魅力的だということでした。いろいろな人からお祝いの言葉をいただいたのですが、なかにはネットの記事に書かれているあらすじを暗記しただけのような感想も実はありました。ただ、そういう言葉はすぐわかるし、受け取ってもあまり記憶に残らない。一方、今でも私の記憶に残っているのは、会社員時代に尊敬していた上司から言われた「賞は後からついてくるものであって、最初から狙うものではない」という言葉でした。小説はほとんど読まない人だったのですが、誰かの借り物ではない心からの言葉だと思えて、素晴らしいなと感動しました。


中村久三

あらゆるチャンスを上手くつかんで、会社を存続させ続けなければなりません。技術開発には運、不運があるからです。たとえば、当社が力を入れる太陽電池向け製造装置の市場がここまで大きくなることを3年前には誰も予想していませんでした。


ニコラス・ハイエック

6歳のときの空想を忘れるな。子供が砂浜で遊ぶような感覚でいればアイデアは生まれてくる。


川村隆

これまでの痛みを伴う改革は、リーマンショックで巨額の最終赤字に転落した非常事態に、全社員で危機感を共有できたからだと考えています。問題はこれからです。今後は、危機でなくても日常的に変革し続けられるような企業体質にしていかないと、グローバルでは弱小のままになる。


江上治

とてつもない成功の前には、新たな可能性を切り開くための困難が常に横たわっているものだ。


三宅宏実

30歳を超えていいパフォーマンスを残せれば、1つのモデルケースとして後進に示すことができ、励みになるとも思います。ウエイトリフティングの種目で、たくさんの日本人メダリストが生まれればうれしい。そんな道を切り開くためにも、今は自分がどこまで挑戦し、成長できるのか、知りたい気持ちでいっぱいです。


齋藤孝(教育学者)

雑談の話題は芸能、スポーツ、経済、社会と何でもいい。当たり障りのない話題で複数のエサを撒き、相手が興味を持ってきたものを膨らませるのが有効です。


樋口裕一

欧米人にとって社会というのは、宗教や言語が異なる人たちの集まりですから。彼らは何の努力もなしに自然と分かり合えるなんて、最初から思っていません。何かを得ようとしたら、言葉でその意思を伝え、相手を説き伏せるしかありません。欧米人が二項対立のような論理的思考を好むのも、それが異質な他者を説得するのに効果的だからでしょう。


ダニエル・ピンク

自分が死んだ後、人にどのように思われたいか。理想とする自分の姿を思い描き、それを一言で表現するといいでしょう。「上司の命令に従うだけで、とてもみじめな人生を送った」と言われたいか、「健康に貢献する商品を開発して、人々の暮らしを改善した」「信頼される医師として、地域の子供たちを助けた」と言われたいか。そう自問することで、目指すべき方向が見えてくるのではないでしょうか。


金子和斗志

経営者は夢を語るのが大事。


新井直之(執事)

普通、社会人は「お世話になっている先」に贈るだけですが、お金持ちは「お世話している先」にも贈り物を届ける。すると、受け取った側には心理学でいう「返報性の法則」が強く働き、一つの贈り物で破格の対応を介してくれるようになる。


高田明(ジャパネットたかた)

私がいま、一番目指しているのは会社の継続です。ジャパネットを100年以上続くブランドにしたいのです。


黒鉄ヒロシ

人生の逆転を賭けて背水の陣で挑む。これは美談のようでいて、下の下でね。そこに至るまでにできたことがあるはずなんだ。最後の作戦を講じる状況を避けるチャンスがあったにもかかわらず、のべつまくなし、のんべんだらりとしていたから、部下もろとも窮地に追い込んでしまう。


レイ・クロック

我々が進歩するためには個人でもチームでもパイオニア精神で前進するしかない。企業システムの中にあるリスクを取らなければならない。これが経済的自由への唯一の道だ。他に道はない。


徳重徹

新しいことに挑戦する上で最も考えるべきは実際に需要があるかどうか。この「実需」さえあれば、ビジネスは決して難しくありません。


ページの先頭へ