名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

永崎一則の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

永崎一則のプロフィール

永崎一則、ながさき・かずのり。日本のビジネスコーチ。話力研究所所長。鹿児島県出身。早稲田大学卒業後、話し方の研究を開始。東海大学講師として日本初の『対話論』を講義する。多数の大学や研修所で講師として教鞭をとった。ビジネスマンを始め、様々な人にコミュニケーション法をレクチャーした。主な著書に『正しい敬語の使い方』『なぜか人に評価される人の話し方』『何をやってもうまくいく』『聴き上手』そのほか多数。

永崎一則の名言 一覧

たった一言が人の心に温かみを与え、たった一言で人の心を傷つける。


永崎一則の経歴・略歴

永崎一則、ながさき・かずのり。日本のビジネスコーチ。話力研究所所長。鹿児島県出身。早稲田大学卒業後、話し方の研究を開始。東海大学講師として日本初の『対話論』を講義する。多数の大学や研修所で講師として教鞭をとった。ビジネスマンを始め、様々な人にコミュニケーション法をレクチャーした。主な著書に『正しい敬語の使い方』『なぜか人に評価される人の話し方』『何をやってもうまくいく』『聴き上手』そのほか多数。

他の記事も読んでみる

深谷紘一

間違いのないしっかりとしたモノづくりに対する現場の努力に常に気を遣い配慮して「ごくろうさん」「ありがとう」という言葉で報いることです。百万個をノーミスで作るのはすごいことです。その持続性に対して、ありがとうと言わなければならないと思います。所詮モノづくりの現場は地味ですし、光が当たらないことが多い。それに対して新製品開発などの部分はカッコいいし、注目を集めますよね。拍手を浴びることも多い。でも、けっして派手ではないモノづくりの現場にこそ、目を向けていかなければいけないと思うんです。


渡部賢一

条件を定め、捨てるものは捨て、残すものは残す。決断が早ければ、早く先に進むことができる。これは野村の一貫した方針です。


村田昭治

イノベーションは世の中を変える転換点をつくるものだ。


柴田トヨ

私は外出しなくてもお化粧する。そうすれば今日も一日、しっかりしようと思える。いまはこんなにシワクチャになったけど、それでもやっぱり、きれいにして毎日を充実させなければダメ。


渡辺捷昭

何かをするときは命をかけろと言っています。命をかけなければ、いいものはできない。途中で妥協したら、ろくなものはできない。それからあの人の意見を聞き、この人の意見を聞きとやっていたら角が取れていく。角を取っては駄目なんです。徹底的に尖っていてもらいたい。むしろ角を付けて大きくなってほしい。三角形の角を取って丸くしたらどんどん小さくなってしまうではないですか。


江上治

私は多くの年収1億円超の方々から、「この人と会ったなら」という「展開」を心に描いて人と会うことが肝要だと教わった。そうした展開を考えないと、プラスの結果をもたらすことにはならないというのである。展開まで考えるとはどのようなことなのか。私流に解釈すると、売り上げの方程式を頭に入れて行動することだ。売り上げの方程式とは、その人によって計上できる売上額が、自分の思い描く売上額と同等かそれ以上であるということだ。


森澤篤

思い付きの力は本来誰にでも備わっているはずなのだが、人間の脳はパターン化が大好きなので、意識しなければ同じような思考回路しか使わなくなってしまう。眠れる思い付き力を目覚めさせるにはちょっとしたコツがある。「もし――だったら」の「――」の部分をできるだけ有りえない状況にしてみると、思考がいつもより遠くまで飛ばせるのだ。思い付き力の基本は、物事を何であれ「これがあたりまえだ」「これしかない」と思わないことである。


田島弓子

タスクをやり終えたらピンクのマーカーで塗りつぶしていきます。1日のタスクを全部塗り終えると小さな達成感があります。「全部塗りつぶしたから、今日はもう帰れる!」と心のスイッチをオフに切り替えるためにも使っていました。


下義生

1年間、トヨタに身を置いて感じたのは、トヨタは危機感の塊であるということだ。


藤田晋

当社では、社員一人ひとりが責任を持ち、突き詰めて仕事をしてもらうために、「兼務」を認めていません。どんなに優秀な社員でも、複数のプロジェクトを任せると、どうしても甘くなる仕事が出てくるからです。兼務の状況によっては、「お手伝い」や「腰掛け」の気持ちになってしまう人も出てくる。それらを避けるために、兼務はさせないようにしています。


日野江都子

怖いのは、一度違和感・不信感を持たれてしまうと、初頭効果によってその後の印象すべてにバイアスがかかってしまうということ。たとえばその人がちょっとした失敗をしたとします。最初の印象が良いと「今日は調子が悪いのかな」「緊張しているのかな」などと思ってもらえます。逆に、印象が悪いと「やっぱりね」と、悪印象を強化するほうに働いてしまうのです。とにかく、第一印象は二度作れないというのは真理です。


野部剛

いいことばかりではなく、課題も指摘する。経営者は普段、周囲から立ててもらってばかりですから、こちらを新鮮でユニークな存在として認知してくれるでしょう。ただしその際は、的を射た意見であることと、誠実さ、真剣さが不可欠。