名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

永山嘉昭の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

永山嘉昭のプロフィール

永山嘉昭、ながやま・よしあき。日本のビジネストレーナー。「ビジネスコミュニケーションスキル研究所」代表。横河電機製作所(のちの横河電機)、横河グラフィックアーツを経て独立。

永山嘉昭の名言 一覧

伝えたい情報を、読み手が頭を使わなくても理解できるようになる。それがグラフの効能。ただし、それぞれの用途を間違えてしまうと、むしろわかりにくくなってしまうので注意。たとえば、「推移を示す」折れ線グラフを、何かの量を比較する際に使ってしまったりするケースです。


「図や表を入れれば、説得できるだろう」と安易に図表を使っている人が多い。その図表は何のために何を伝えたいのか、明確にしなければ、図表こそ単にムダな情報を増やすだけのノイズになります。


伝わらないのが不安なせいか、アレもコレもとなんでも入れ込み、かえってわかりにくくなっている資料が多い。そもそも何のためにその資料を作るのか、意味がわかっていない。意味がわかっていれば、必要な情報はおのずと絞られてくるはず。まずはそこから見直してみましょう。


永山嘉昭の経歴・略歴

永山嘉昭、ながやま・よしあき。日本のビジネストレーナー。「ビジネスコミュニケーションスキル研究所」代表。横河電機製作所(のちの横河電機)、横河グラフィックアーツを経て独立。

他の記事も読んでみる

ウォーレン・バフェット

愚か者でも経営できるビジネスに投資しなさい。なぜなら、どのビジネスにもいつか必ず愚かな経営者が現れるからだ。


横山邦男

社長就任に際して、社内では「現場、現物、現実の三現主義を徹底する」と宣言しました。民間銀行で育ってきた人間として、それらの重要性を痛感しているからです。


佐々木常夫

人間というものは、嫉妬する生き物です。出世をすれば嫉妬されるのは当たり前だし、仕方がない。世の中は、ある意味で敵だらけなのです。いちいち取り合っていたらきりがないので、あなたは何も気にせず、自分のペースで淡々と仕事をやればいい。


鍵山秀三郎

私が、社員が苦労しようが売上さえ上がればいいと思っていたら、いまの会社はなかったでしょう。まず社員が卑屈な思いをする会社にはしたくない、こんな取引がいつまでも続くようならばやっている意味がない。そういうところから脱却をしようという強い意志があったから、困難にも耐えることができたのです。


冨山和彦

日本は最先端のモノづくりを極めていくという部分と、部品点数が多いモノづくりですり合わせをしていくというのは、とりあえず続けるべきだと思います。しかし、極めることだけにエネルギーを使うと、いつまで経っても職人気質で結局、儲けるという発想が弱いままですから、標準化できるところは標準化して、モノづくりと商売づくりを両立させるようなビジネスモデルを見つけるしかないです。


後藤亘

私は今後、中世の都市国家じゃないですが、都市間交流が活発になるのではないと思っています。欧州であればロンドンやパリ、ミュンヘンなどが、北米ですとニューヨークなど3、4か所くらいでしょうか、そして日本であれば東京でしょう。そういった大都市のエネルギーが拡大していく時代を想定すれば、国際都市東京でのテレビジョンの視点、座標軸が見えてくるのではないだろうかと思うのです。逆にそういった視点を持たなければ埋もれてしまう、そう考えています。


ケインズ

我々は長期的にはみな死んでしまう。


西岡喬

原点となるのはお客様です。ものづくりの再生も、その原点に立ち返ることでしか成し遂げられません。


西村英俊

会社というものは、どの会社も、いつもつぶれかかっています。いや、毎日毎日つぶれています。正確に言うと今日突然つぶれることもありますし、昨日も今日もそしてまた明日も少しずつ少しずつ、部分的に傷んでいってその傷に耐えられなくなった日に破たんするということもあります。


笠鳥高男

どんな研修も狙った成果に導くように組み立てられています。したがって、まずは内容を素直に受け入れるところから始めましょう。そして、それらをじっくりと見つめてみると、真に役立つポイントが分かってきます。さらに実践してみると、役立て方が見えてくるものです。


青木仁志

「読む」ことは「書く」「話す」、そして「聞く」という力につながります。この4つのコミュニケーションスキルが高ければ高いほど、人の上に立つことができなすし、豊かな40代が迎えられます。


松下幸之助

元気な人間は陣頭に立って突っ走るものだが、振り返ると誰もついてきていないことが多い。陣頭に立って、自分についてこいと、独裁になる者が多い。自分は半病人的経営だから、社員たちの後ろからついていく。