名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

水野雅義の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

水野雅義のプロフィール

水野雅義、みずの・まさよし。日本の経営者。きのこメーカー「ホクト」の社長。長野県出身。青山学院大学経営学部卒業後、父が創業したホクト産業(のちのホクト)に入社。九州支店長、常務取締役、専務取締役きのこ生産本部長、管理本部長、きのこ販売本部長、取締役副社長などを経て社長に就任。

水野雅義の名言 一覧

上の人間が昔と同じやり方、意識でいると、若い人間が生きてきません。ですから、彼らのためにも、上の人間には変わってもらわないといけないと考えています。


菌の開発から生産、販売までひとつの会社で行えるために、消費者の声がこちらに届くというメリットもあります。研究、生産、営業の各部隊が情報を共有できるのは、当社の強みだと思います。その結果、売上が伸び、「きのこセンター」と呼ぶ工場も少しずつ増えていきました。


年に一、二度、品評会を行なっています。すべての工場のきのこを無作為に集めて営業部門の社員に点数をつけさせるのです。工場によっては1日に10トンつくっていますが、品評会に出されるのはそのうちのわずか3キロだけ。それに外観で評価するので、結果がその工場のすべての品質を表すわけではありませんが、やはり高く評価されれば「次もいいものをつくろう」と思えるし、低い評価を受ければ「よし、今度こそ見ていろ」という気持ちになります。これも、ひとつの反骨精神でしょう。


ブナシメジの業界全体の生産量は、年間約12万トン。ただ、これを14万トンに増やすだけでは、需要とのバランスが崩れて価格が下落してしまう。そのため、「きのこは健康にいいんです」とか、「こんな食べ方がありますよ」という提案をして、新たな需要を掘り起こす必要があります。


全国各地の工場に行き、責任のある立場の社員と夕食をともにするということを、各工場で年に一度ずつ必ず実行しています。どこか行かない工場があると問題になるので、29カ所全部です。ある程度社歴の長い社員は、「変なことを言ったら怒られる」という考えが先に立ってしまうようですが、若い人は発想が柔軟で、委縮もしていないので、面白いアイデアがボンと出てくる。ですから、そういう機会を設けるのは意味があることだと思っています。


つい最近ですが、営業部門の管理職が研究スタッフと意見交換をしたあと、一緒に酒を飲むということがありました。それは、採用担当の若手の発案で実現したものです。これまでも全社員が集まったり、責任者同士で交流したりということはあったものの、本当に一社員の立場で集まる機会は確かになかった。その席では、ざっくばらんに話ができ、意見交換ができたそうです。営業にも研究にも非常に有意義なはずですし、新しい発想やアイデアも出るでしょうから、今後はそんな機会をもっと増やしていきたいと思っています。


私からああしろ、こうしろと指示をする気はありません。価格に関しても、かつては上司から「なんでこんな値段で売っているんだ」と怒られたり、呼び出されたりということがありましたが、私は価格にはいっさい口を出しません。辛抱の要ることですが、もし口を出せば、うまくいかなかったときに「指示どおりにやったらできませんでした」という言い訳ができる。そうならないために、「自分のやることに責任をもって堂々とやればいい」と言っています。


社歴の長い社員の中には、上から指示されることに慣れてしまい、今自分はどうすべきかという発想やアイデアが何も出てこない者もいます。ただ、それではこの先やっていけない。「自分から進んでやる」という意識に変えていかないといけません。


実は父(ホクト創業者・水野正幸)はきのこの前に菓子づくりも手掛けています。私がまだ高校生のころで、ピーナッツの入ったせんべいのようなものです。しかし、二番煎じだったためにうまくいかなかった。すると、わずか2年であっさり撤退してしまいました。同じ経営者として、その潔さはすごいと思います。


今でこそエリンギは広く知られています。しかし、20数年前にはまだ日本にありませんでした。そのため、当社が世界で初めてエリンギの量産を始める際、父はびんから出ているエリンギを、スーパーの店頭でもぎ取って販売するという方法を発案し、そのための専用トラックまでつくらせました。


いまでは、ホクトといえばきのこであり、包装資材を扱っているのを知る人は少なくなりました。でも、包装資材を扱っている関連会社(ホクト産業)の社員にすれば、おそらく「絶対にきのこに負けてたまるか」という気持ちでやっていると思います。かつて私も包装資材の営業をやっていたので分かるのです。それも反骨心といえるでしょう。どのセクションの社員も「一番になるぞ」という気持ちで日々取り組むことが、会社を伸ばすことにつながるはずです。


水野雅義の経歴・略歴

水野雅義、みずの・まさよし。日本の経営者。きのこメーカー「ホクト」の社長。長野県出身。青山学院大学経営学部卒業後、父が創業したホクト産業(のちのホクト)に入社。九州支店長、常務取締役、専務取締役きのこ生産本部長、管理本部長、きのこ販売本部長、取締役副社長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

古森重隆

経営者にとって一番大変なのは断行、実行することで、さらには成功しなければならない。成功しない人はリーダとは言えない。


午堂登紀雄

選択肢やチャンスは日々変わってくるので、何年も先のことはわからない。それなら、目の前の仕事を楽しく一生懸命やった方がいいでしょう。


前田修司

スケジュール帳だけでなく、私は仕事部屋も多くの社員と共有しています。社長室や役員室ではなく、企画部門と一緒の大部屋で仕事をしています。


清水照雄

1年は8760時間。そこから勤務時間や、日常生活に必要な時間を差し引いても、一般的に年2000時間の余剰時間があります。私の場合はそれを始業前に割り当てていますが、出勤前か仕事後、どちらに分配するにしろ、有効に使うことが自分の成長につながっていくと思います。重要なのは、時間の使い方を常に意識することです。


泉谷しげる

原動力はジャンルを問わず、「いいものをつくる人や才能への嫉妬」ですね。若いミュージシャンでも俳優でも、元気で面白いことを考えてるやつがいっぱいいる。彼らに対して嫉妬を感じても、自分を恥じない。「チキショー、いいものつくりやがって!」と素直に反応すれば、「俺もいいものつくってやる!」という自分の力になります。


上窪政久

私がいなくても仕事が回るように、あえて会議には出席しないこともあります。そして自分のスケジュールに余裕を持たせておき、メンバーが緊急事態を訴えてきたときに対応できるようにしています。


真壁刀義

俺は今年でプロレスラーになって20年なんだけど、1年未満のレスラーに俺と同じ試合は絶対にできない。でもそこで諦めずに、少しでも食らいついてやろうっていう気持ちと努力がないとだめなんだ。


星野佳路

自分の後ろに私や総支配人がいる。いざというときに闘ってくれる。社員はそう信じているから、無茶な要求やクレームに対して我慢できます。そういった客に譲歩してしまうと、社員も誇りが持てなくなる。ときには前に出て、徹底的に闘います。


相澤賢二

「お客様は神様です」なんて嘘ですよ。耳に心地よい言葉ですが、そんなふうに考えていたら、真の顧客満足は達成できません。お客様というのは「弱者」なんです。もちろん、契約前は「あれがほしい、これでは不満だ」といろいろと強気にいいますよ。ときには、理不尽な要求をされることもあります。でもそれらは結局、不安の裏返しです。とくに、クルマのように単価が高く、アフターサービスが必要な商品では、購入していただいた瞬間に立場が逆転し、お客様は弱者になってしまう。だから、うるさいことをいうのです。「お客様は弱者だからこそ、こちらが助けてあげなければ」と思えば、お客様に伝わる熱意も違ってきますし、購入の際にうるさいことをいわれても当然と思えます。


野坂英吾

各店舗での取り組みを他の店長も見れるように情報共有が出来る体制にしました。情報の管理が出来なくなることを心配していましたが、他の店舗での取り組みを知り、自ら考えて自分の店舗でも取り組む店長が出てくるというメリットの方が大きかったと思います。


永守重信

当社が再び成長軌道に乗り始めたのは、製品の分野を創業以来のハードディスク用精密モーター一本足から、車載と家電・商業・産業用モーターへ広げることに成功したからだ。パソコン市場が成熟化しても、新たにモーターを多用し始めたクルマや家電などの分野で伸ばしている。


聖徳太子

嫉妬の気持ちを持ってはならない。自分がまず相手を嫉妬すれば、相手もまた自分を嫉妬する。嫉妬の憂いは果てしない。だから、自分より英知が優れている人がいると喜ばず、才能が勝っていると思えば嫉妬する。それでは500年たっても賢者に会うことはできず、1000年の間に1人の聖人の出現を期待することすら困難である。聖人・賢者と言われる優れた人材がなくては国を治めることはできない。